睡眠相後退症候群の問題は深刻です

この睡眠障害は睡眠のリズムがズレてしまうため、一般の方が起きている朝が夜中のような感覚になってしますのです。そのため、朝起きるのが非常につらいのです。自分の意志とは裏腹に起きることができないという表現が正しいかもしれません。

そのため、周囲の理解が足りずに怠けているなどの誤解を招き、本人も自責の念に駆られてしまい大変な思いをすることがしばしばあります。非常に深刻な問題を引き起こす睡眠障害だと言えるでしょう。

なかなか理解をしてもらえない病気のため、しっかりと治療をして改善することをオススメします。

睡眠相後退症候群の治療について

考えられる治療法としては睡眠を後ろに、つまり遅くしていく時間療法があります。3時間ほど後ろにずらしていき1週間ほどかけて正常な睡眠リズムに戻す治療法です。

睡眠時間を前に持って行く方がいいのでは?と思うかもしれませんが、これはこの症状の方には難しいことなのです。そのため、毎日少しずつ後ろにずらしていくことで結果的に正常な時間に寝るようにしむけていきます。

他にもメラトニン療法と呼ばれる体内時計をコントロールする治療法も考えられます。この方法は眠気を誘う睡眠ホルモンの一種であるメラトニンを口から摂取するという内容です。
通常は体内で生成されるのですが、睡眠相後退症候群は分泌が遅いため意図的に摂取することで眠くさせるという内容になります。

睡眠相後退症候群の発症を防ぐために

睡眠相後退症候群は学生の頃の昼夜逆転の生活など体内時計が狂ってしまう生活が発症のきっかけになることが多いようです。社会人になり普通の生活リズムになると自然に治ることも考えられますが、残業や不規則な勤務で再発する可能性もあります。原因がまだわかっていない病気ではありますが、生活リズムを普段から整えておくことは有用なことだと考えられます。

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれてしまい、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。そのため怠けているなど誤解されることも多く、社会生活への影響が大きいものになります。専門家の治療を受けることが非常に大切です。自分を責めずに前向きに治療に取り組みましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

洗濯がNGじゃなかった!?スモールフェザー羽根枕の保湿効果と通気性が重宝する!

安眠に欠かせない枕。枕の種類によって、睡眠の質は大きく変わります。本日は羽根枕の特徴をご紹介します!

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

スマホを朝日と勘違いしてしまう?青白い光は朝に浴びるべき重要な理由

睡眠の質を改善するなら光をコントロールしてみませんか?朝に青白い光を浴びることで、寝るときに眠気が訪れるんで…

睡眠とは一体何?ノンレム睡眠と神経伝達物質ノルアドレナリンとの関係性

1日の疲れやストレスをリフレッシュしてくれる睡眠。 普段当たり前のように行っているものですが、睡眠とは明確…

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

眠りを失ってしまったあなたへ。睡眠を改善するツボ「失眠(しつみん)」の場所教えます!…

眠を失うと書く「失眠(しつみん)」。そのツボはまさに不眠を解消するツボでした!そんな失眠の場所と押し方をご紹…

日中の眠気はなぜ起こる?日常生活に支障をきたす眠気を改善しよう!

日本人の睡眠時間は毎年短くなっている傾向が見られています。ここ50年で睡眠時間はおよそ1時間も短くなったとい…

朝起きたら目元が二重に!?夜用アイプチが最近人気の理由は?

眠っている間にクセづけして、朝起きたらぱっちり二重がお目見え♪夜にも使えるアイプチが人気なんです。今回は夜用…

ただの居眠りじゃなかった?1000人に1人の割合で発症するナルコレプシーとは

「これから会議なのに…何をしても眠い…」夜はしっかり寝たはずなのに、日中何をしても眠く、起きていられないよう…

50代以降の男性の0.5%!夜中突然叫んだり暴れたりするレム睡眠行動障害の治療とは

眠りの浅いレム睡眠時、夢で見たままに暴れたり叫んだりする「レム睡眠行動障害」は、精神疾患ではありません。

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!