コーヒーに含まれるカフェインは興奮剤

眠気覚ましに効くカフェインは、睡眠前に飲むと眠れない元に

眠気覚ましに効くカフェインは、睡眠前に飲むと眠れない元に

眠気覚ましに飲むことが多いコーヒー。それはコーヒーに含まれるカフェインが興奮剤の役割を果たすからです。

コーヒーを飲むと約15分〜30分でカフェインが交感神経を刺激します。これにより血液中にアドレナリンが増加。血糖値、血圧、脈拍を上昇させ、これが目覚めに効きます。

カフェインの効果は約4時間

カフェインの効果は意外にも長い

カフェインの効果は意外にも長い

カフェインの効果はおよそ4時間と言われています。そのため寝る前の4時間以降にコーヒーを飲むと、睡眠を妨げる原因になります。

また実際は4時間経過しても、体内に半分ほどのカフェインが残っているので、夕方以降はコーヒーを飲まないほうが無難です。

飲むタイミングで、コーヒーは眠り薬にも

適切に飲むことで、夜の睡眠に良い影響が得られる

適切に飲むことで、夜の睡眠に良い影響が得られる

興奮剤の役割を果たすコーヒーですが、飲むタイミングで夜に効果的な睡眠促進をしてくれます。

コーヒーはアドレナリンを増加させるだけでなく、ホルモン血統にも変化を与えます。脳下垂体の前葉から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、副腎皮質に働きかけ、コルチゾールを分泌させます。

コルチゾールはストレス反応ですが、このストレスホルモンが夜になると睡眠物質に変化し、スムーズな睡眠を促してくれます。

うまく利用すれば、コーヒーは強い味方に!

コーヒーに含まれるカフェインには睡眠の質を下げると共に、スムーズな睡眠を促進する効果があることがわかりました。

飲み方や飲む時間など、うまく利用すればコーヒーは生活に欠かせないものになるかもしれませんね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

夢の回数で熟睡度合いがわかる?レム睡眠とノンレム睡眠の関係性ってなに?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですよね。ではその2つはどのような役割があるのでしょうか?熟睡…

色で睡眠の質は変わる!青色がもたらす睡眠効果

色がもたらす心理作用は睡眠に大きく影響するのはご存知ですか?色によって睡眠時間が大きく異なり、睡眠の質も変わ…

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

毎日のイライラの原因はこれ?イライラ防止に気を付けるべきポイントとは?

なんだか毎日イライラする・・・。今まではスムーズに眠れたのに最近は夜中に何度も目が覚めてしまう・・・。という…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

脳波でわかる睡眠状態!精神活動中のβ波睡眠とは

睡眠障害=寝たくても寝られない状態は、脳から出ている脳波「β波」と関係があるんです。睡眠薬を手にする前に、コ…

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?