朝目が覚めた時になんだか眠った感じがしないことはありませんか?もちろんたまにはそういう日があるかもしれません。しかしながらこれが続いたり頻繁に起こるようなら熟眠障害を疑いましょう。眠りは生活にとってとても重要なことですから、甘く見てはいけません。

熟眠障害とは何か

熟眠障害は睡眠障害の中でも最も自覚しにくい障害と言われています。他の睡眠障害とは違って、眠れているし睡眠時間も確保できていますからその発見まで時間がかかることがあります。一言で言えば、熟眠障害とは睡眠の質が悪く眠れていない状態だと言えるでしょう。

熟眠障害の治療法は?

治療法には薬物療法と非薬物療法があります。睡眠の質が悪いことを考えると、睡眠を改善する薬を服用することで治療する方法が一つ考えられます。またよく眠れない状態が続くととても不安になることがありますから、認知行動療法やカウンセリングといった不安を取り除くような治療も大切でしょう。

熟眠障害の予防法について

刺激物を避けるなど寝る前には自分なりのリラックス法を取り入れてみましょう。軽い読書や音楽、ぬるめの入浴が効果的です。また眠りが浅いようなら遅寝早起きも有効だと言われます。寝床で過ごす時間の緊張感は睡眠に影響するためです。

まとめ

熟眠障害は眠れているのに眠れた感じがしないという睡眠障害です。人になかなか辛さがわかってもらえず大変な思いをしているかもしれません。必要を感じたら医師に相談して適切な治療を行いましょう。我慢はしないでくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

日中の眠気はなぜ起こる?日常生活に支障をきたす眠気を改善しよう!

日本人の睡眠時間は毎年短くなっている傾向が見られています。ここ50年で睡眠時間はおよそ1時間も短くなったとい…

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

睡眠で悩んでいるなら専門家のクリニックへ!病院の先生に説明する睡眠障害の種類を覚えて…

気がついた時には「自分も睡眠障害なのかもしれない?」そんな時はパニックにならずに、まずは専門家クリニックでは…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

睡眠障害の種類は眠れないだけじゃなかった!?ナルコレプシーと言う過眠症の謎

休みの日はいつも以上に長く寝てしまったり、前の日に良く寝たのにも関わらず「まだまだ寝られるな」なんて思う時は…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

もう途中で目なんか覚めてたまるか!睡眠障害を克服して睡眠不足の症状を改善する方法

せっかく眠った後夜中に2回や3回と途中で目が覚めてしまうことはありませんか?その頻度が1週間に3日以上あると…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

中高年から注意 早すぎる時間に眠ってしまう睡眠相前進症候群について

睡眠相前進症候群は40歳くらい肩起こりやすい睡眠障害で、早い時間に眠ってしまいます。仕事などに影響することも…

重度の不眠症は“睡眠障害”を引き起こす。睡眠障害の種類のひとつ、“むずむず脚症候群”…

日本人の0.5~数%が悩まされている睡眠障害の種類“むずむず脚症候群”とは、一体どんな病気なのでしょうか?

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?