しっかり眠ろうと思っていたのに目が覚めたらまだ早朝、そんな経験はありますか?ひょっとしたら早朝覚醒という睡眠障害かもしれません。睡眠障害は睡眠時間を削り、日常生活に影響を及ぼします。放っておくとうつ病などの原因にもなりかねませんからしっかり治療しましょう。

朝早く目が覚めることと早朝覚醒の違い

たまに朝早く目が覚めてしまうことは誰でもあることです。しかしながら早朝覚醒は自分が起きようと思う時間より2時間以上早く目が覚め、さらにそのあと眠ることができない状態のことを言います。これが頻繁に起きるとさすがに辛いですね。

早朝覚醒の治療法は?

すぐに出来ることは睡眠環境の改善です。光や音が入ってくるようであれば、カーテンを変えることや耳栓を使うことを検討しましょう。また寝る前のスマートフォン、テレビ、アルコールなども厳禁です。特にアルコールは睡眠を浅くしてしまうため、注意しましょう。

我慢せずお医者さんに頼りましょう

早朝覚醒は立派な睡眠障害です。生活環境を改善しても治らない場合、日常生活でのストレスやその他の疾患の可能性も否定できません。お医者さんに相談をして適切な治療を施してもらいましょう。薬物療法や高照度光療法などいくつも治療法があります。

まとめ

睡眠障害は生活の質に関わります。たまに早く目が覚めることは誰でもあることですが、頻繁に起こる場合は睡眠障害を疑うべきですし、生活習慣の改善の良い機会です。また他の疾患が関係している可能性も否定できないため、医師に相談しきちんと治療しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

眠りを失ってしまったあなたへ。睡眠を改善するツボ「失眠(しつみん)」の場所教えます!…

眠を失うと書く「失眠(しつみん)」。そのツボはまさに不眠を解消するツボでした!そんな失眠の場所と押し方をご紹…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

睡眠の質は激しい運動で悪化する?睡眠の質が悪い原因や効果的な対処法とは

最近寝付きがあまり良くなく長時間眠ることができなくなった・・・。と感じる方は以外と多いのではないでしょうか。…

寝る前に入眠の儀式を!質の良い睡眠を約束する簡単な方法とは?

寝る前、あなたは何をしてから寝ますか?本人の自覚がなくても、これをしないと眠れないという儀式みたいなものがあ…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

枕選びは高さが大切!正しい高さの枕で快眠生活をしよう!

十分な睡眠をとったにも関わらず、昨日の疲れが残っている・・・。ということはありませんか?今回はその睡眠による…

それこそ睡眠に悪い食事!深い眠りを妨げるアルコール摂取に晩酌も寝酒もNG?

眠れない夜、お酒を飲んでから眠る人も多いと思います。でも、ちょっと待ってください。睡眠改善のためにしている行…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

ハイレベルなアイマスクが続々登場!アメリカで大人気のDream Essentials…

皆さんは就寝時にアイマスクを使うことはありますか? ほとんどの方がいいえと答えるかと思いますが、驚くべき効…

眠りの改善におすすめの寝具、オルゴール音楽で健やかな眠りへ

気持りのよい眠りには演出も必要です。心身をリラックスさせて心地よい眠りへ導くには音楽も最適。中でもオルゴール…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!