しっかり眠ろうと思っていたのに目が覚めたらまだ早朝、そんな経験はありますか?ひょっとしたら早朝覚醒という睡眠障害かもしれません。睡眠障害は睡眠時間を削り、日常生活に影響を及ぼします。放っておくとうつ病などの原因にもなりかねませんからしっかり治療しましょう。

朝早く目が覚めることと早朝覚醒の違い

たまに朝早く目が覚めてしまうことは誰でもあることです。しかしながら早朝覚醒は自分が起きようと思う時間より2時間以上早く目が覚め、さらにそのあと眠ることができない状態のことを言います。これが頻繁に起きるとさすがに辛いですね。

早朝覚醒の治療法は?

すぐに出来ることは睡眠環境の改善です。光や音が入ってくるようであれば、カーテンを変えることや耳栓を使うことを検討しましょう。また寝る前のスマートフォン、テレビ、アルコールなども厳禁です。特にアルコールは睡眠を浅くしてしまうため、注意しましょう。

我慢せずお医者さんに頼りましょう

早朝覚醒は立派な睡眠障害です。生活環境を改善しても治らない場合、日常生活でのストレスやその他の疾患の可能性も否定できません。お医者さんに相談をして適切な治療を施してもらいましょう。薬物療法や高照度光療法などいくつも治療法があります。

まとめ

睡眠障害は生活の質に関わります。たまに早く目が覚めることは誰でもあることですが、頻繁に起こる場合は睡眠障害を疑うべきですし、生活習慣の改善の良い機会です。また他の疾患が関係している可能性も否定できないため、医師に相談しきちんと治療しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

日中の眠気はなぜ起こる?日常生活に支障をきたす眠気を改善しよう!

日本人の睡眠時間は毎年短くなっている傾向が見られています。ここ50年で睡眠時間はおよそ1時間も短くなったとい…

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…

ナポレオンで有名なショートスリーパー!睡眠効率が良いその秘密とは

誰もが憧れるショートスリーパーですが、皆さんは詳しく知っていますか?睡眠効率や健康状態など、ショートスリーパ…

【熟眠障害】朝『眠った気がしない』と感じるあなたは、もしかしてうつ病の初期症状かも?

「昨夜の睡眠時間は8時間」と充分寝たのに眠った気がしない「熟眠障害」「熟睡感欠如」は、睡眠障害の一種です。

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

睡眠とはどのようなもの?眠る目的や睡眠不足に有効な神経伝達物質オレキシンの作用

私達人間が毎日行っている睡眠という行為は、あまりに自然な行動となるため、なぜ眠るのかと問われると非常に困って…

良質な睡眠をサポートする!寝具や枕のくぼみの種類、形状や素材をご紹介

最近仕事が忙しくてあまり眠れていない、睡眠をとる時間はあるものの、寝た感じがしないなど、睡眠不足を招く原因に…

寝る前に入眠の儀式を!質の良い睡眠を約束する簡単な方法とは?

寝る前、あなたは何をしてから寝ますか?本人の自覚がなくても、これをしないと眠れないという儀式みたいなものがあ…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

空腹で眠れないときに食べたい!睡眠に良い食べ物・睡眠に悪い食べ物とは?

空腹で眠れない夜があります。どうしても寝付くことが出来ず、お腹が鳴り続けています。そんなとき、睡眠に良い食べ…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!