しっかり眠ろうと思っていたのに目が覚めたらまだ早朝、そんな経験はありますか?ひょっとしたら早朝覚醒という睡眠障害かもしれません。睡眠障害は睡眠時間を削り、日常生活に影響を及ぼします。放っておくとうつ病などの原因にもなりかねませんからしっかり治療しましょう。

朝早く目が覚めることと早朝覚醒の違い

たまに朝早く目が覚めてしまうことは誰でもあることです。しかしながら早朝覚醒は自分が起きようと思う時間より2時間以上早く目が覚め、さらにそのあと眠ることができない状態のことを言います。これが頻繁に起きるとさすがに辛いですね。

早朝覚醒の治療法は?

すぐに出来ることは睡眠環境の改善です。光や音が入ってくるようであれば、カーテンを変えることや耳栓を使うことを検討しましょう。また寝る前のスマートフォン、テレビ、アルコールなども厳禁です。特にアルコールは睡眠を浅くしてしまうため、注意しましょう。

我慢せずお医者さんに頼りましょう

早朝覚醒は立派な睡眠障害です。生活環境を改善しても治らない場合、日常生活でのストレスやその他の疾患の可能性も否定できません。お医者さんに相談をして適切な治療を施してもらいましょう。薬物療法や高照度光療法などいくつも治療法があります。

まとめ

睡眠障害は生活の質に関わります。たまに早く目が覚めることは誰でもあることですが、頻繁に起こる場合は睡眠障害を疑うべきですし、生活習慣の改善の良い機会です。また他の疾患が関係している可能性も否定できないため、医師に相談しきちんと治療しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

ラベンダーの香りにうっとり!アロマのにおいで睡眠を改善する方法や寝具の選び方

眠たいはずなのに中々寝付けない・・・。と悩んでいる方におすすめしたいのがアロマオイルや寝具選びです。 アロ…

その名も「安眠」!眠りの質を改善するツボを押して、安眠へと旅立とう

「安眠」というツボをご存知ですか?名前の通り安眠を誘い、眠りの質を改善するツボについてご紹介!

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

うつ伏せで寝るのは良くない?睡眠の質を下げるうつ伏せ寝

うつ伏せで寝るのが習慣の方必見!実はうつ伏せで寝るのは睡眠の質を下げるって知っていますか?寝姿勢で変わる睡眠…

 夜中に何回も起きと日中は眠気との戦いですよね!その原因(ストレス)と対処法とは?

夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ生活の質が悪化します。環境やストレスが原因のこともありますが、他の…

睡眠時間の長さに影響するレム睡眠!睡眠の種類を知って、眠りの質をアップさせよう

レム睡眠という言葉を聞いたことはありませんか? 実はこれ、睡眠の種類の中でも浅い眠りのことを言います。 レム…

寝室の色を変えよう!暖色系で心も体もリラックスして睡眠の質を改善する方法♪

暖色系の光は睡眠物質メラトニンの分泌を促進してくれます。寝る時間を多く過ごす寝室の明かりを暖色系にすることで…

寒い夜に飲みたくなるココアは大丈夫?睡眠を妨げるカフェイン入りの食事

美味しくてオシャレなことが特徴だと思っていたココア!?この体を温める優しい飲み物には、なんと睡眠を調整する効…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

超極小ビーズの素材が人気!抱き枕には安眠効果が期待できる

抱き枕や足枕を耳にすると、安心感が得られるなどのイメージを抱く方が多いのではないでしょうか?こちらでは安心感…

もしかして睡眠障害?眠れない、寝つきが悪い それは「入眠困難」の症状かも

入眠困難という睡眠障害があります。寝つきが悪く大変な苦痛を感じている状態です。心当たりがある方は生活習慣の改…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!