夜中にふと目がさめることはありますか?もちろんふと目がさめることが悪いのではありません。目が覚めたあと覚醒してしまい、目がぱっちりとして眠れなくなってしまうことを中途覚醒と言い、何日も続いて苦痛を感じるようであれば睡眠障害の可能性があります。この記事では中途覚醒について解説します。

中途覚醒はなぜ起こるの?その原因は?

一般には「夜中に2回以上目が覚めてしまう日が週に3日以上ある」場合に中途覚醒という睡眠障害として疑われます。入眠後、浅い眠りと深い眠りを波のように繰り返しますが、この浅い眠りの時に目を覚ましてしまうことが多いです。原因というのはさまざまなためはっきりと説明することは難しいのですが、加齢による睡眠リズムの変化や生活習慣、睡眠時無呼吸症候群のような疾患など色々と考えられます。

中途覚醒だと思ったら?治療はできるの?

生活習慣の見直しで治ることもありますが、うつ病や大きなストレス、睡眠時無呼吸症候群といった他の疾患が関係している場合もありますので医師を訪ねるのがよいでしょう。医師に睡眠の様子や生活習慣、日常のストレスのことを伝えて、的確なアドバイスをもらってください。

中途覚醒の予防はどうしたらいいの?

中途覚醒の予防としては、なるべく熟睡できるような生活に変化させることが重要です。夕食が寝る前になるようでしたら時間を早めましょう。またスマートフォンやテレビは睡眠を妨げるため、寝る前1時間くらいは避けるようにします。部屋に入ってくる光や音が気になるのであれば、カーテンを変えるなどの対策も有効です。

まとめ

中途覚醒は夜中に目が覚めることが続く睡眠障害です。ただ眠りが浅いのとは違い、その原因に他の疾患が隠れている可能性もあります。また睡眠時間が削られることにより生活の質が大きく低下する可能性もありますから医師に相談して、的確な治療を行いましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

カモミールは子どもにも使える安眠薬!ストレス過多の時代を乗り切るアロマ活用法

ストレスが蓄積されると眠るのが困難になったり、良質な睡眠をとるのが難しい状態になります。 そんなときにはア…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

睡眠不足は病院で直そう!おすすめの睡眠系治療をおこなう病院をご紹介【東京版】

睡眠に関するもmん代を改善するためには病院の手を借りるのもひとつの手段です!今回は東京でおすすめの総合病院を…

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

時差ぼけで起きる睡眠障害の改善方法!

海外旅行や出張でつらい時差ぼけの経験はありませんか?時差ぼけを起こすと体調不良で何も手付かずになりますよね。…

睡眠の質は光が重要!部屋を真っ暗にして寝るメリット

人間の体と光には、重要な関係性があり、光によって睡眠の質も変わります。いつも電気をつけて眠っている方、ぜひ睡…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?