夜中にふと目がさめることはありますか?もちろんふと目がさめることが悪いのではありません。目が覚めたあと覚醒してしまい、目がぱっちりとして眠れなくなってしまうことを中途覚醒と言い、何日も続いて苦痛を感じるようであれば睡眠障害の可能性があります。この記事では中途覚醒について解説します。

中途覚醒はなぜ起こるの?その原因は?

一般には「夜中に2回以上目が覚めてしまう日が週に3日以上ある」場合に中途覚醒という睡眠障害として疑われます。入眠後、浅い眠りと深い眠りを波のように繰り返しますが、この浅い眠りの時に目を覚ましてしまうことが多いです。原因というのはさまざまなためはっきりと説明することは難しいのですが、加齢による睡眠リズムの変化や生活習慣、睡眠時無呼吸症候群のような疾患など色々と考えられます。

中途覚醒だと思ったら?治療はできるの?

生活習慣の見直しで治ることもありますが、うつ病や大きなストレス、睡眠時無呼吸症候群といった他の疾患が関係している場合もありますので医師を訪ねるのがよいでしょう。医師に睡眠の様子や生活習慣、日常のストレスのことを伝えて、的確なアドバイスをもらってください。

中途覚醒の予防はどうしたらいいの?

中途覚醒の予防としては、なるべく熟睡できるような生活に変化させることが重要です。夕食が寝る前になるようでしたら時間を早めましょう。またスマートフォンやテレビは睡眠を妨げるため、寝る前1時間くらいは避けるようにします。部屋に入ってくる光や音が気になるのであれば、カーテンを変えるなどの対策も有効です。

まとめ

中途覚醒は夜中に目が覚めることが続く睡眠障害です。ただ眠りが浅いのとは違い、その原因に他の疾患が隠れている可能性もあります。また睡眠時間が削られることにより生活の質が大きく低下する可能性もありますから医師に相談して、的確な治療を行いましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

熟睡を遠ざける!危険な寝酒の効果とは

眠れない日に寝酒をしていませんか?良く眠れたと錯覚しやすい寝酒。本当は怖い寝酒のリスクをご紹介します。

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

睡眠の質は激しい運動で悪化する?睡眠の質が悪い原因や効果的な対処法とは

最近寝付きがあまり良くなく長時間眠ることができなくなった・・・。と感じる方は以外と多いのではないでしょうか。…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

豆電球はNG!豆電球をつけて寝ると起こる様々な睡眠障害

豆電球をつけたままじゃないと寝れない人っていますよね。でも実は睡眠と光の関係ってとても重要です。豆電球をつけ…

ひょっとしたらナルコレプシー?日中の強い眠気は治療で改善!

ナルコレプシーは過眠症の一種で睡眠発作と呼ばれる耐えられない眠気に襲われて日中に何度も眠ってしまいます。治療…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

睡眠の質にこだわろう!寝具の枕選びを慎重にしたいからオーダーメイドで頼んでみよう

睡眠の質について考えたことはないでしょうか。寝具の枕選びをキチンと選んであげるだけで、かなり改善されるといわ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!