寝ているときの姿勢は、仰向け、横向き、うつ伏せの3パターンあります。
多くの人は意識せずに自分の寝やすい姿勢を決めていますが、
うつ伏せで寝る人はあまり多くありません。
睡眠の質を考えると、うつ伏せで寝るのは良くないのでしょうか?

動物はみんなうつ伏せ!けれども人間は・・・

うつ伏せで寝る人は少ない

うつ伏せで寝る人は少ない

すべての脊椎動物は基本的にうつ伏せで寝ます。
しかしながら、人間は約10%程度の人しか習慣的にうつ伏せで寝ません。
なぜうつ伏せで寝ないのかははっきりとしていませんが、
どうやら骨格の構造的に仰向けのほうが寝やすいからだと言われています。

うつ伏せで寝ることのメリットとは?

メリットとしては気道を確保できるため、いびきで悩んでいる人は軽減することができます。
また睡眠時無呼吸症候群にも効果があり、予防することも可能です。
精神的な面では、ベッドに密着できるため安心感を得ることができます。

うつ伏せで寝るのはやっぱり良くない?デメリットについて

デメリットも多くある

デメリットも多くある

メリットがある反面、残念ながらデメリットもあります。
うつ伏せで寝ると首をどちらかに曲げないといけないため、首に負担がかかってしまいます。
また首だけではなく、体の重みが腰や肋骨、お腹などにもかかってしまい、
全体的に楽な姿勢とは言えません。

まとめ

うつ伏せで寝ると体に負担がかかりすぎてしまいます。
ただし、いびきや睡眠時無呼吸症候群で悩んでいる人は、
うつ伏せで寝たほうが良いかもしれません。
そうではない人はうつ伏せを避け、自分の楽な姿勢で寝るようにしてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

あるだけで安心する!睡眠改善のカギ?抱きまくらにはこんな効果があります

睡眠に入るとき、あるだけで安心するグッズはないでしょうか。小さい子ならお気に入りの毛布だったり、おもちゃだっ…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

眠気覚ましに1杯コーヒーを飲んでも効果はない!?カフェインと睡眠のホントの関係

コーヒーを飲むと眠れなくなると、皆さんはよく耳にしたことがあると思います。原因はカフェインにあり、眠気を吹き…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

なぜ悪夢を見てしまうの?心理的原因や寝る前に改善したい習慣とは?

よく、悪夢にうなされるという方や夢見が悪いという方も多いとききます。夢はレム睡眠時に見るということは知られて…

耳栓で睡眠の質が向上!人気の耳栓ブランドをご紹介

睡眠に大きく影響する音。音を遮断することで、睡眠の質は大きく向上します。寝つきが悪い日や、睡眠時間が十分に得…

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

寝る前にぬるま湯につかると睡眠の質がアップする?質が良い睡眠に欠かせないのは体温を上…

「たくさん寝たのに疲れが取れない…」 誰もが経験したことのある睡眠の悩みなのでは? そんな悩みをもつあなたは…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?