メラトニンについて詳しく知っている人はあまりいません。
しかし、メラトニンは睡眠にとって非常に重要な神経伝達物質であり、
不眠症などの症状がある人はそれらを改善してくれます。
サプリメントでも摂取することができるので、是非使用して快適な睡眠を目指しましょう。

メラトニンの働きと影響

睡眠に欠かせない

睡眠に欠かせない

メラトニンは神経伝達物質の1つであり、
催眠作用があるので「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。
副交感神経が優位になってくる夜に分泌が増加し、人を眠りへと誘います。
また、催眠作用以外にも体内時計の調節などの作用もあります。

メラトニンとセロトニンの関係

相関関係がある

相関関係がある

副交感神経が優位になるとメラトニンの分泌が増加しますが、
日中の交感神経が優位になっているときはセロトニンが働いています。
セロトニンが不足してしまうとメラトニンも減少してしまうため、
体内でメラトニンを増やすにはセロトニンを増やす必要があります。

メラトニンをサプリメントで増やそう!

交代勤務の人にはおすすめ

交代勤務の人にはおすすめ

生活リズムが崩れるとセロトニンが減少し、それに伴ってメラトニンも減少してしまいます。
そのような人にはサプリメントがおすすめです。
交代勤務などやむをえない理由がある人は、メラトニンのサプリメントを摂取することで、
いつでも快適な睡眠をとることができます。

まとめ

メラトニンを摂取することで、快適な睡眠をとることができます。
本来ならば生活習慣を改善して、
セロトニンとともにメラトニンを増加させるほうが良いですが、
それができない人にとってはサプリメントで摂取することが効果的です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

明るくして眠ると太る?睡眠には足元に間接照明を置こう

人間は暗くなったら眠るためのホルモン、メラトニンが分泌されるようにできています。よく眠れるかという問題に光は…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

身体にも睡眠にも嬉しい♡バナナを使ったおすすめデザートレシピ3選

「何だか今日は寝れないな…」 と思った日は、睡眠に良い食べ物を使った食事で睡眠の質をアップさせましょう!おす…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

睡眠負債は休日に返しましょう!睡眠不足の改善のための上手な寝方のポイントまとめ

睡眠改善するならコレ!本来なら寝ている時間に眠っていない時間を睡眠負債と呼びます。この睡眠負債を休日に返上す…

 夜中に何回も起きと日中は眠気との戦いですよね!その原因(ストレス)と対処法とは?

夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ生活の質が悪化します。環境やストレスが原因のこともありますが、他の…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

睡眠障害で病院を訪れる前に準備するものやおすすめの総合病院をご紹介!

睡眠障害とひと言で呼んでも、その症状には個人差が見られます。 夜の寝つきが悪い不眠症や、夜十分な睡眠をとっ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!