睡眠薬がこの世に出たのはもう遠い昔のこと。
今回ご紹介するバルビツール系ベゲタミンAも、
約20年も前から眠れない人の為に役立っています。

しかし鬼気迫る状況の方にとっては大変有効な反面、
その副作用には注意が必要。

詳しい効果と副作用の現れ方をご紹介します。

ベゲタミンAとはどんな薬?

長い間使われている睡眠薬

長い間使われている睡眠薬

バルビツール系であるベゲタミンAはまだ薬物療法が本格的に発達する前の1957年、
今から約20年前に鎮静の目的で作られました。

成分は3種類で構成。

・クロルプロマジン
・プロメタジン
・フェノバルビタール

3種類とも作用機序が全て異なります。

この薬は絶妙な配合により強力な睡眠効果があり、
発売されてから、その効果が着目され、睡眠薬として使われるようになったのです。

ベゲタミンは大きく分けると、
・ベゲタミンA錠
・ベゲタミンB錠
の2つのタイプが発売されています。

Aの方がBよりも強力なのが一般的です。

3つの成分の効果と詳細

即効性で朝まで熟睡

即効性で朝まで熟睡

ベゲタミンAの3つの成分は、

・抗ドパミンD2作用
・抗ヒスタミンH1作用
・GABA増強作用

のシナジー効果によって眠気を引き出します。

抗ドパミンD2作の成分であるクロルプロマジンは気持ちを静める効果が。
統合失調症の方に良く使われる抗精神病薬として有名で、
気持ちが落ち着かない方にもよく使われるお薬です。

抗ヒスタミンH1作用の成分であるプロメタジンは、
抗精神病薬の副作用であるパーキンソン症状を緩和するために使われることが多い
抗パーキンソン薬として有名で眠気が強く出てきます。

花粉症や風邪の薬にも含まれている一般的な成分なんですが、
ベゲタミンAはこの成分が多く含まれているのでご注意下さい。

GABA増強作用の成分であるフェノバールは、
バルビツール酸系に分類される抗てんかん薬です。

GABAの作用を増強させることにより眠気を導きます。
ラボナやイソミタールなどの強力な睡眠薬にも使用されています。

ゲベタミンAのメリットとデメリット

寝ている間はまるで夢心地

寝ている間はまるで夢心地

ベゲタミンA錠のメリット

・即効性がある
・効果が強力
・夢をみないで熟睡出来る
・鎮静作用がある

ベゲタミンにはとくにかく即効性があります。
服用するとすぐに効果が期待できるんです。

ベゲタミンA錠のデメリット

・眠気やふらつきなどの副作用が強い
・依存性が高い
・呼吸に関する安全性が低い

ベゲタミンA錠は効果が強い為、その分副作用も強くなります。
睡眠作用は眠っている間だけでなく日中にも残ってしまうことも。
服用後は眠気やだるさを覚悟して置く方が良さそうです。

まとめ

ゲベタミンAは即効性があり「どうしてもすぐに眠れるようになりたい」と言う、
緊急事態には適したお薬です。
夢を見ずにぐっすり熟睡出来ますので、寝ている間に目が覚めることもほとんどありません。

しかしその副作用には細心の注意が必要です。
依存性や日中のふらつきは想像以上につらい症状となるかもしれません。

服用の際は必ず医師に相談のもとスタートするようにし、
出来るだけ自分以外の人間、例えば家族や信頼出来る人に、
服用している状況を伝えておくようにしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠薬と睡眠導入剤って何が違うの?知らないと怖い薬の知識

睡眠薬と睡眠導入剤の違いは何?分けているからにはそれなりの理由があります。ちゃんとした知識を身につけて、薬を…

睡眠導入剤は軽めの薬なの?ゾルピデムの効き目と副作用

睡眠導入剤だからと言って、その効果や副作用を知らずに服用するのは大変危険です。そこで今回は最近人気のあるお薬…

医師が教える効果!睡眠薬「ベンゾジアゼピン系リスミー」

良く効く薬なのに重篤な副作用が少ないと重宝されている睡眠薬ベンゾジアゼピン系のリスミー。短期型と言われている…

メラトニン受容体作動薬として注目されるラメルテオンの特徴とは?

ラメルテオンは最新の睡眠薬でメラトニン受容体作動薬と呼ばれます。その効果や副作用などは従来の睡眠薬と違う点が…

睡眠薬のトリアゾラムとハルシオンは一緒?気になる効果を解説!

トリアゾラムとハルシオン、どちらも良く聞く名前の睡眠薬ですね。トリアゾラムは超短時間型の睡眠薬で発売されてか…

睡眠不足が続いた時は薬に頼りたい!バルビツール系睡眠薬ラボナって何?

運動、マッサージ、食事の改善など色々試しても中々治らない辛い不眠症。1日でもその悩みから開放されて快適な日々…

25年の実績がある睡眠薬!エバミールは効果が10時間も続くことで有名

睡眠薬エバミールは短時間型の睡眠薬の中では最も効果時間が長い薬として知られています。あなたに合いそうな薬か、…

夜中に目が覚めてなかなか眠れない!中途覚醒に効果が高い睡眠薬ロラメットの特徴とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に期待できる睡眠薬にロラメットがあります。この記事では睡眠薬ロラメットの特徴を…

【睡眠薬】寝つきの悪い人に効く!ベンゾジアゼピン系「ハルシオン」の使い方

即効性があり、寝つきの悪さを改善するベンゾジアゼピン系睡眠薬「ハルシオン」は医師の判断のもと、正しく服用しま…

中間型睡眠薬ってどういうもの?フルニトラゼパムの効果と副作用について

フルニトラゼパムは中間型に属する睡眠薬で効果は比較的強めと言われています。この記事ではその効果や副作用につい…

 中途覚醒で悩んでいる方にいい?睡眠薬レンドルミンの効果とその副作用とは?

睡眠薬レンドルミンはその効果時間と少ない副作用で支持を集める薬です。副作用が少ない分薬効も弱めと言われますが…

30年以上の伝統がある!?超短時間型睡眠薬ハルシオンの特徴とは

ハルシオンは超短時間型の睡眠薬で1983年に発売されました。豊富な処方実績で今でも支持されています。その特徴…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!