寝る前のスマホ・携帯の使用が辞められないという方は意外にも多いはず。
あなたのその行動、不眠症の原因になっている可能性があります。

なかなか寝付けないから…といってベッドの上でスマホ・携帯に手を伸ばしてはいけません。

スマホ・携帯のブルーライトが原因

スマホ・携帯からはブルーライトが放たれている

スマホ・携帯からはブルーライトが放たれている

ご存知の方も多いと思いますが、スマホ・携帯に限らずパソコンやテレビなどの電子機器の画面からは“ブルーライト”という青色の光が放たれています。

太陽や電球と同じような白い光に見えていても、スマホ・携帯から放たれているのはブルーライト。

ブルーライトというものは人間の肉眼で確認できる光の中で、最もエネルギーが強い光とされており、この光が目に当たると脳が興奮状態に陥ってしまい睡眠の質が落ちてしまうのです。

ブルーライトによって一旦脳が興奮してしまうと、その興奮はすぐには収まりません。心身がリラックスして眠れる状態に入るまでに時間がかかるため、寝る前のスマホや携帯は不眠を招くわけです。

寝る前のスマホ・携帯の使用は怖い

寝付くまでの時間が30分長くなる

寝付くまでの時間が30分長くなる

実際にブルーライトがどれほど人の睡眠を妨害するのかを調べた研究によると、「寝る前にブルーライトを浴びると寝付くまでの時間が約30分長かった」という結果が出ています。

寝付きの問題だけではなく、睡眠中に目が覚めてしまったり、疲れがとれなかったりという結果もわかっています。

スマホ・携帯の使用がとくに危険

テレビ&パソコンよりもスマホ・携帯の使用が危険

テレビ&パソコンよりもスマホ・携帯の使用が危険

ブルーライトは、スマホ・携帯以外にもテレビやパソコンなどにも使われています。

ブルーライトを浴びる際、光の距離が近ければ近いほど極度に強くなっていきます。

つまり、テレビやパソコンよりも顔との距離が近くなるスマホ・携帯の使用が一番危険だということなのです。

まとめ

寝る前のスマホ・携帯の使用は、睡眠の質を下げてしまいます。
睡眠の質を下げると、体にも悪影響が及んでしまうので怖いものです。

一日のうち、スマホ・携帯の使用ができる時間がたくさんあるのだから、せめて寝る前は我慢しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

布団に入ってのスマホ携帯の使用は危険!?最近睡眠の質が悪いと思ったら注意です!

今回はスマホ・携帯の使用と睡眠の質についてまとめます。ブルーライトカットメガネなどが流行していますが、実はこ…

ブルーライトで疲れた目を労る最新グッズ3選

肩や足をマッサージするように、目元もケアしませんか?スマホなどから出るブルーライトは目をとても酷使しています…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!