睡眠をとっても疲れがとれない方は、体の冷えが原因となっているのかもしれません。
体を温めることが、睡眠の質を上げる重要なポイントです。

まずは簡単なこと、寝る前に“ぬるま湯につかる”ことからはじめてみませんか?

ゆっくりとぬるま湯につかる

疲れが取れないときは、体を温めてあげて

疲れが取れないときは、体を温めてあげて

睡眠の質を高めるためには、体を温めてあげることが大切。
特に寝る前がポイントとなります。

そこで有効的なのが“ぬるま湯にゆっくりつかる”ということ。

睡眠の質を上げることはもちろん、疲労回復にも効果的です。

就寝する前に体を温めることで、睡眠の質を高めることができます。これは、体を温めたことで副交感神経が優位になるためです

お風呂に入るタイミングと効果的な時間

寝る前にお風呂に入ることがポイント

寝る前にお風呂に入ることがポイント

“寝る前に”ぬるま湯につかることがポイント。
熱いお風呂だと、交感神経を刺激し脳が活発化されてしまうので、38度以下の“ぬるま湯”に浸かりましょう。

寝る前の2~3時間前に、20分~30分程度浸かるのがベストです。

アロマキャンドルでリラックス効果をアップ

リラックス効果を高めることも重要

リラックス効果を高めることも重要

出典:blogimg.jp

ぬるま湯につかるときは、一緒にアロマキャンドルを炊いてリラックス効果を高めるのも大切です。

リラックス状態が作れると質が良い睡眠を得ることができます。

また、寝る前にストレッチやマッサージを行うのもおすすめです。

おすすめのアロマキャンドル

まとめ

いかがでしたか?

睡眠の質が良いものになると、疲労回復はもちろん気持ちの良い朝をスタートさせることができます。

ぜひあなたも、寝る前にぬるま湯につかりリラックス効果を高めてより良い睡眠の質をゲットしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

寝付きが悪い方はスリープセレモニー(入眠儀式)で眠りのスイッチを入れて眠りモードに入…

寝付きの悪い方はスリープセレモニーと呼ばれている入眠儀式を行うようにしてみてはいかがでしょうか。セレモニーと…

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

その名も「安眠」!眠りの質を改善するツボを押して、安眠へと旅立とう

「安眠」というツボをご存知ですか?名前の通り安眠を誘い、眠りの質を改善するツボについてご紹介!

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

睡眠改善にオススメ!あなたの睡眠の質を上げるアイマスク特集

「寝つきが悪い」「寝ても寝ても疲れが取れない…」睡眠に対する悩みを持つ方必見。アイマスクをつけて、睡眠の質を…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!