スボレキサントは2014年に発売された最新の睡眠薬です。従来の睡眠薬とは異なった作用機序を持ち、効果なども特徴的で、従来の睡眠薬では対処できなかった不眠や、これらの薬が効きづらかった方にも効果が期待されます。この記事ではスボレキサントについて解説します。

睡眠薬スボレキサントはどんな風に効くのか

スボレキサントはその作用機序から、オレキシン受容体拮抗薬とも呼ばれます。オレキシンとは脳の覚醒に作用する物質でオレキシンがオレキシン受容体に結合するのを阻害することでその作用を弱め、結果として脳の覚醒を難しくします。この結果眠気を催すこととなります。

最新の薬、スボレキサントに期待されることは何?

スボレキサントは上記のように作用機序が従来の睡眠薬と異なるため、これまで睡眠薬が効きづらかった方や副作用で服用できなかった方の助けになることが期待されます。特に従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬はノンレム睡眠を阻害するとも言われているため、悪夢などを見るといった症状が訴えられることがありました。スボレキサントは深い眠りを増やす効果が期待されるため、このようなことが起こらないかもしれません。

スボレキサントの副作用は大丈夫?

睡眠薬の副作用で気になることの一つに依存性があります。この薬がないと眠れないのではないかという不安に陥ったりしてしまうことですが、スボレキサントの場合はそのような依存性が見られないと言われています。様々な点が改良されている睡眠薬と言えるでしょう。

まとめ

スボレキサントは最新の睡眠薬として従来のものに比べていろいろな点が変わっています。最も大切なことは患者さんにとって選択肢が増えるということです。従来の睡眠薬への不安が解消されていたり、薬が効きづらかった人に新しい手段が提供されるなど大きな期待が持たれる薬です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠薬で睡眠改善を!睡眠導入剤との違いは?ハルシオンやフルニトラゼパムは癖になる?

眠れないとき、お医者さんで眠剤を処方されることがあります。眠剤には、睡眠薬と睡眠導入剤の2種類にわけられます…

最新の睡眠薬!オレキシン受容体拮抗薬の効果と副作用は?

オレキシン受容体拮抗薬は最新の睡眠薬として注目されています。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で眠りを助ける効果…

睡眠不足が続いた時は薬に頼りたい!バルビツール系睡眠薬ラボナって何?

運動、マッサージ、食事の改善など色々試しても中々治らない辛い不眠症。1日でもその悩みから開放されて快適な日々…

【睡眠薬】寝つきの悪い人に効く!ベンゾジアゼピン系「ハルシオン」の使い方

即効性があり、寝つきの悪さを改善するベンゾジアゼピン系睡眠薬「ハルシオン」は医師の判断のもと、正しく服用しま…

マイスリーと同程度の効果がある?睡眠導入剤ゾルピデムの効き目とは

マイスリーのジェネリック医薬品としてゾルピデムがあります。その効果は?ジェネリック医薬品ってどうなの?といっ…

医師が教える効果!睡眠薬「ベンゾジアゼピン系リスミー」

良く効く薬なのに重篤な副作用が少ないと重宝されている睡眠薬ベンゾジアゼピン系のリスミー。短期型と言われている…

25年の実績がある睡眠薬!エバミールは効果が10時間も続くことで有名

睡眠薬エバミールは短時間型の睡眠薬の中では最も効果時間が長い薬として知られています。あなたに合いそうな薬か、…

バルビツール系睡眠薬ベゲタミンAとはどんなお薬か?

この世に出てからもう20年。世の中の不眠症患者を何万人も助けて来た睡眠薬バルビツール系ベゲタミンAをご存知で…

もう処方されない?睡眠薬の「バルビツール酸系睡眠薬」はどうして危険なの?

レム睡眠を抑制し、脳全体に作用する非常に強いバルビツール酸系睡眠薬は、麻薬及び向精神薬取締法で厳しく管理され…

30年以上の伝統がある!?超短時間型睡眠薬ハルシオンの特徴とは

ハルシオンは超短時間型の睡眠薬で1983年に発売されました。豊富な処方実績で今でも支持されています。その特徴…

 中途覚醒で悩んでいる方にいい?睡眠薬レンドルミンの効果とその副作用とは?

睡眠薬レンドルミンはその効果時間と少ない副作用で支持を集める薬です。副作用が少ない分薬効も弱めと言われますが…

夜中に目が覚めてなかなか眠れない!中途覚醒に効果が高い睡眠薬ロラメットの特徴とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に期待できる睡眠薬にロラメットがあります。この記事では睡眠薬ロラメットの特徴を…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?