日中、突然眠気に襲われ発作的に眠ってしまうような睡眠障害を“ナルコレプシー”と言います。

“居眠り病”と表現されることもあり、どんな状況でも寝てしまいます。
大げさに聞こえてしまいますが、本当にあらゆるタイミング、どんなときにでも眠りに落ちてしまうのです。

とても珍しい睡眠障害の種類で、とくに若い人に発症することが多く、原因ははっきりとわかっていません。

ナルコレプシーの症状

突然、眠ってしまう

突然、眠ってしまう

冒頭でも少しお話しましたが、ナルコレプシーの症状としてあげられるのが“昼間に突然眠ってしまう”ということです。
突然眠ってしまったあとは10~20分で目が覚め、起きた後はすっきりしていることが多くあります。

日中は、活動しているのが人がほとんどですので、少し眠ってしまっても起きた後にすっきりしていればとくに大きな問題はないのですが、ナルコレプシーのやっかいなところはここから始まります。

1~2時間たつと、再び強い眠気に襲われてしまうのです。

つまり、短時間の睡眠を繰り替えしてしまうということ。この短時間の眠りは、平均して一日に3~5回ほど起こりますが人によっては10回以上起こることもあります。

これは、前日しっかり睡眠をとっていても関係ありません。

ナルコレプシーの眠気は、睡眠不足のときに感じる眠気とはレベルが違います。「三日間まったく眠らなかった場合の眠気と同程度」と言われるくらい強烈です。

身体の力が突然抜ける…

身体に力が入らず、脱力する

身体に力が入らず、脱力する

出典: : : : , ,

睡眠障害“ナルコレプシー”の症状はこれだけではありません。

笑ったり、驚いたり、怒ったりする人間の感情の変化に伴い、突然身体の力が抜けてしまうという表情もあります。
この症状は“情動脱力発作”とも呼ばれています。

やっかいなのが、ネガティブ感情よりもポジティブな感情のときの方が情動脱力発作を起こしてしまうというところ。
例えば、上司に褒められたときや友人と話していて笑っているときなどです。

身体の力が抜け、場合によっては立っていられなくなり倒れるケースもあります。
また、顎の力も抜けてしまい呂律が回らなくなることも…。

情動脱力発作は、1、2秒でおさまることがほとんどですが、数分にわたることもあります。
意識はあるのに筋肉に力が入らず、声が出ないのです。このような症状は恐怖感を招いてしまいます。

ナルコレプシーの特徴

幻覚を見てしまったり、金縛りにあうことも…

幻覚を見てしまったり、金縛りにあうことも…

睡眠障害“ナルコレプシー”症状にはほかにも特徴があり、眠りはじめのタイミングで幻覚を見たり、金縛りにあったりすることがあります。

入眠してすぐに、恐怖な幻覚を見ることは代表的な特徴です。
実際には、幻覚はただの“夢”ですが、入眠すぐの脳はまだ活発に動いているため意識がはっきりしています。
そのため、夢よりリアルな幻覚を感じてしまうのです。

また、金縛りにあうというケースも少なくありません。
入眠直前や、明け方の眠りが浅くなったタイミングで起こることが多いです。

金縛りは、睡眠障害に罹っていなくても起こりうる症状です。
しかし、ナルコレプシーの方は金縛りの頻度も非常に多いとされています。
毎日寝る前に金縛りになるという人もいるのだそうです。

ナルコレプシーの治療法

ナルコレプシーはどうしたら治るの?

ナルコレプシーはどうしたら治るの?

ナルコレプシーは、睡眠障害の種類の中でもとくに弊害が多いためできるだけ早期に治療する必要があります。

実は、まだナルコレプシーの原因ははっきりわかっていないため対策するのは難しいとされていますが、“生活習慣の改善”と“薬物治療”の2つを主に治療を行います。

とくに、短期間でナルコレプシーの症状を感じた場合は一時的な睡眠の乱れの可能性があるため、“生活習慣の改善”と“薬物治療”を取りいてみましょう。

長期に渡り症状が現れる場合は、精神科の受診を診察してください。

ナルコレプシーは珍しい睡眠障害

非常に珍しい障害の種類

非常に珍しい障害の種類

睡眠障害“ナルコレプシー”はとくに10代に発症することが多く、ピークは15歳前後とされています。

年頃で夜更かしも多くなる年齢の為、ただの睡眠不足と勘違いしナルコレプシーに罹ったことに気付かないケースも少なくありません。

さらに、ナルコレプシーに罹っている人は人口の0.05%~0.1%と言われています。
ナルコレプシーはかなり珍しい睡眠障害で、知名度もあまりありません。
そのため、ナルコレプシーを知らない人から見れば、奇異に見えることも事実。家族や周りの理解を得られないという現実もあり、ナルコレプシーに罹ったことを原因にうつ病などの精神的な症状を併発することもあります。

まとめ

非常に珍しい睡眠障害の種類“ナルコレプシー”。

「大切な仕事をしているのに急に眠ってしまう」
「友人と話しているのに、急に眠ってしまう」
このような症状は、周りからの評価もマイナスになってしまいます。

ただの睡眠不足だと思い、放っておくと睡眠障害は悪化しうつ病などの精神的な病気にかかることも少なくありません。
こういったことにならないように、早めに対策をしておきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

日本人に多い睡眠障害ナルコレプシー!対策に使われる処方薬のまとめ

睡眠障害ナルコレプシー。決して居眠りや怠けではなく、病気の一種です。本日は日本人が世界で1番多いと言われてい…

もう途中で目なんか覚めてたまるか!睡眠障害を克服して睡眠不足の症状を改善する方法

せっかく眠った後夜中に2回や3回と途中で目が覚めてしまうことはありませんか?その頻度が1週間に3日以上あると…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

肥満や顎が小さいとかかりやすい?睡眠障害の種類のひとつ“睡眠呼吸障害”とは

睡眠障害=不眠症というイメージが大きいのではないでしょうか? 実は、睡眠障害の種類はさまざまで、日本でも多く…

脚の不快感!知っておきたい“むずむず脚症候群”と”周期性四肢運動”の関係性

睡眠障害はただ眠れないことだけではありません。その中の一つ、今回はむずむず脚症候群についてご説明します。また…

中高年から注意 早すぎる時間に眠ってしまう睡眠相前進症候群について

睡眠相前進症候群は40歳くらい肩起こりやすい睡眠障害で、早い時間に眠ってしまいます。仕事などに影響することも…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

 眠りが浅い、眠った気がしない 熟眠障害は不眠症の一つです

熟眠障害は朝起きた時に眠れた感じがしない、つまり深く眠れていない睡眠障害です。自覚しにくい睡眠障害のため我慢…

日中の眠気はなぜ起こる?日常生活に支障をきたす眠気を改善しよう!

日本人の睡眠時間は毎年短くなっている傾向が見られています。ここ50年で睡眠時間はおよそ1時間も短くなったとい…

【動画】日中、急激な睡魔に何度も襲われる!そんなあなたは”ナルコレプシー”かも?

あなたやあなたの周囲に、日中、突然意識を失うように眠る人はいませんか?それはもしかしてナルコレプシーかもしれ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!