最新の睡眠薬としてオレキシン受容体拮抗薬が注目されています。オレキシンとは脳の覚醒に関係している物質です。オレキシンの作用が強いと脳は覚醒し、逆に作用が弱いと覚醒が難しくなります。このことを利用して睡眠を助ける薬がオレキシン受容体拮抗薬です。この記事ではこれらの仕組みや薬の種類などを解説します。

オレキシン受容体拮抗薬の作用機序

脳内でオレキシンの作用が強いと脳は覚醒します。これはオレキシンが神経系のオレキシン受容体に結合することで脳に覚醒が起こると考えられているからです。そのためオレキシン受容体拮抗薬はオレキシンの結合を阻害することでオレキシンの作用を弱め、脳の覚醒を難しくすることで睡眠薬として機能します。

オレキシン受容体拮抗薬の特徴

オレキシン受容体拮抗薬には現在スポレキサント(商品名:ベルソムラ)があります。睡眠薬を服用するとだんだん効きづらくなる耐性といった問題が起こりづらいことや、薬をやめた際の不眠(反跳性不眠)などが少ないとも言われており、従来の睡眠薬の服用が難しい方にも有効となる可能性があります。

オレキシン受容体拮抗薬の効果は?

スポレキサントを服用後、薬の血中濃度が半分になる時間は10時間と比較的長く、中途覚醒に効果があると考えられます。比較的長い作用時間にもかかわらず翌朝に睡眠薬の効果が持ち越されてしまう、つまり朝頭がぼーっとするようなことも少ないとされているため、今後に期待される薬です。

まとめ

オレキシン受容体拮抗薬は従来の睡眠薬と異った作用機序を持ち、オレキシンの作用を阻害することで脳の覚醒を難しくします。作用時間は10時間程度と言われていて中途覚醒にも効果が期待できるでしょう。中途覚醒や従来の睡眠薬に抵抗がある方など、医師に相談されてみてはいかがでしょうか。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

バルビツール系睡眠薬ベゲタミンAとはどんなお薬か?

この世に出てからもう20年。世の中の不眠症患者を何万人も助けて来た睡眠薬バルビツール系ベゲタミンAをご存知で…

【睡眠薬】寝つきの悪い人と中途覚醒に効果的!フルニトラゼパム「ロヒプノール」の注意点

夜中何度も目が覚めてしまう方に処方されることの多い「フルニトラゼパム」はベンゾジアゼピン系の薬剤です。

医師が教える効果!睡眠薬「ベンゾジアゼピン系リスミー」

良く効く薬なのに重篤な副作用が少ないと重宝されている睡眠薬ベンゾジアゼピン系のリスミー。短期型と言われている…

夜中に目が覚めてなかなか眠れない!中途覚醒に効果が高い睡眠薬ロラメットの特徴とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に期待できる睡眠薬にロラメットがあります。この記事では睡眠薬ロラメットの特徴を…

不眠に悩む方に朗報!最新の睡眠薬スボレキサントはここが素晴らしい

スボレキサントは2014年に発売された最新の睡眠薬です。従来の睡眠薬に比べてどんなことが期待できるのでしょう…

睡眠薬で睡眠改善を!睡眠導入剤との違いは?ハルシオンやフルニトラゼパムは癖になる?

眠れないとき、お医者さんで眠剤を処方されることがあります。眠剤には、睡眠薬と睡眠導入剤の2種類にわけられます…

 新たな不眠治療の可能性!新しいメラトニン受容体作動薬が良い理由は?

新しい睡眠薬 メラトニン受容体作動薬について解説しています。従来の睡眠薬にはない効果や改善された副作用をごら…

寝つきは良いけど長く眠れない。そんな睡眠障害にリスミーは向いています

この記事では睡眠薬リスミーについて紹介しています。朝までしっかり眠れない方に効果が期待できる薬です。

中間型睡眠薬ってどういうもの?フルニトラゼパムの効果と副作用について

フルニトラゼパムは中間型に属する睡眠薬で効果は比較的強めと言われています。この記事ではその効果や副作用につい…

25年の実績がある睡眠薬!エバミールは効果が10時間も続くことで有名

睡眠薬エバミールは短時間型の睡眠薬の中では最も効果時間が長い薬として知られています。あなたに合いそうな薬か、…

【睡眠薬】寝つきの悪い人に効く!ベンゾジアゼピン系「ハルシオン」の使い方

即効性があり、寝つきの悪さを改善するベンゾジアゼピン系睡眠薬「ハルシオン」は医師の判断のもと、正しく服用しま…

もう処方されない?睡眠薬の「バルビツール酸系睡眠薬」はどうして危険なの?

レム睡眠を抑制し、脳全体に作用する非常に強いバルビツール酸系睡眠薬は、麻薬及び向精神薬取締法で厳しく管理され…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!