ベッドに入ってすーっと眠れるけど、夜中に目がぱっちり目覚めて眠れない、明け方早く目が覚めてしまう。十分な睡眠がとれなくてとても辛いですね。そんなときに役立つといわれる睡眠薬がリスミーです。この記事ではリスミーを紹介します。

リスミーの効果時間は10時間ほど、朝まで効くと言われます

睡眠薬リスミーは効果時間の長さから「短時間〜中時間」型に分類される薬です。薬の血中濃度は3時間でピークに達し、10時間で半分になります。この時間がおおよその効果時間の目安のため、朝までしっかり眠れないときに効果が期待される薬です。

効果が朝まで残ってしまうこともあります

リスミーは脳に働きかけ、リラックスさせることで眠りを持続します。ただこの効果時間の長さから朝起きたときにぼーっとしてしまうことや、入眠にあまり効果がないことからイマイチ不人気な睡眠薬とも言われます。

効き目がマイルドと言われ重宝する薬です

リスミーのその他の特徴としては筋弛緩作用が弱いことなどマイルドな効き目が挙げられます。そのため未成年者や高齢者に処方する際も安全性が高く、この点が評価されています。もちろんマイルドな効き目といっても薬ですから、医師の処方をしっかり守って服用してください。

まとめ

リスミーは入眠への作用は強くありませんが効果が10時間ほど持続するため、長く眠れないときに重宝する薬です。筋弛緩作用の弱さなどからマイルドな効き目と言われているためあまり強い薬ではありませんが、身体への負担も比較的小さいのが特徴です。医師と相談して服用してください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

 新たな不眠治療の可能性!新しいメラトニン受容体作動薬が良い理由は?

新しい睡眠薬 メラトニン受容体作動薬について解説しています。従来の睡眠薬にはない効果や改善された副作用をごら…

25年の実績がある睡眠薬!エバミールは効果が10時間も続くことで有名

睡眠薬エバミールは短時間型の睡眠薬の中では最も効果時間が長い薬として知られています。あなたに合いそうな薬か、…

メラトニン受容体作動薬として注目されるラメルテオンの特徴とは?

ラメルテオンは最新の睡眠薬でメラトニン受容体作動薬と呼ばれます。その効果や副作用などは従来の睡眠薬と違う点が…

最新の睡眠薬!オレキシン受容体拮抗薬の効果と副作用は?

オレキシン受容体拮抗薬は最新の睡眠薬として注目されています。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で眠りを助ける効果…

不眠に悩む方に朗報!最新の睡眠薬スボレキサントはここが素晴らしい

スボレキサントは2014年に発売された最新の睡眠薬です。従来の睡眠薬に比べてどんなことが期待できるのでしょう…

 中途覚醒で悩んでいる方にいい?睡眠薬レンドルミンの効果とその副作用とは?

睡眠薬レンドルミンはその効果時間と少ない副作用で支持を集める薬です。副作用が少ない分薬効も弱めと言われますが…

もう処方されない?睡眠薬の「バルビツール酸系睡眠薬」はどうして危険なの?

レム睡眠を抑制し、脳全体に作用する非常に強いバルビツール酸系睡眠薬は、麻薬及び向精神薬取締法で厳しく管理され…

【睡眠薬】寝つきの悪い人に効く!ベンゾジアゼピン系「ハルシオン」の使い方

即効性があり、寝つきの悪さを改善するベンゾジアゼピン系睡眠薬「ハルシオン」は医師の判断のもと、正しく服用しま…

睡眠不足が続いた時は薬に頼りたい!バルビツール系睡眠薬ラボナって何?

運動、マッサージ、食事の改善など色々試しても中々治らない辛い不眠症。1日でもその悩みから開放されて快適な日々…

夜中に目が覚めてなかなか眠れない!中途覚醒に効果が高い睡眠薬ロラメットの特徴とは

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒に期待できる睡眠薬にロラメットがあります。この記事では睡眠薬ロラメットの特徴を…

睡眠薬と睡眠導入剤って何が違うの?知らないと怖い薬の知識

睡眠薬と睡眠導入剤の違いは何?分けているからにはそれなりの理由があります。ちゃんとした知識を身につけて、薬を…

30年以上の伝統がある!?超短時間型睡眠薬ハルシオンの特徴とは

ハルシオンは超短時間型の睡眠薬で1983年に発売されました。豊富な処方実績で今でも支持されています。その特徴…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!