ストレス社会で今最も多くの人が悩まされている病気「うつ病」。
「治す方法はない」とされて来ましたが、実は最近神経伝達物質のノルアドレナリンと大きな関係があると証明され始めて来たんです。

ノルアドレナリンは睡眠と関係のあるもの、
一体どのように関係しているのか?
どうすれば辛くて苦しいうつ病から逃れられるのか、
そのコツをご紹介します。

うつ病を改善するキーポイント‟ノルアドレナリン”とは

動物が持つ原始的な物質

動物が持つ原始的な物質

人は予期せぬ状況に急に陥ると不安で胸がドキドキしますよね?
これは危険を察知した人間が交感神経を刺激して心拍数や血圧が上昇させるから起きる出来事なんです。

不安を感じるのは、職場や友人、近隣などの対人関係においても同じこと。
人は不安に思うことで大きな危険を避けられるようになっているんです。

江戸時代や縄文時代など、今より何百年、何千年も前の昔は、
不安になる要素がもっともっと単純でした。

野犬に襲われるとか、疫病にかかってしまわないかとか・・・。
しかし現代社会のストレスや不安は入り組んでいて様々です。
だから「どこでどうやって不安になる状況がやって来るのか」、
人間の体がその信号を判断しにくくなっているんです。

人は不安になると神経伝達物質であるルアドレナリンを分泌し、
適度の緊張感を与えて意欲や集中力を高め、大きな不安を回避しようと働きます。

やる気を感じたりパワーがみなぎるのは、
このノルアドレナリンがたくさん分泌しているからなのです。

ノルアドレナリンが不足すると?

うつ病を発症することも

うつ病を発症することも

うつ病になる原因として考えられるのは、
現代社会が便利になり過ぎた為、生死に関わる大きな不安がなくなったことがあげられます。

生活の中でのストレスはあるものの、
明日死ぬかもしれないと言う不安はない。
だからノルアドレナリンが不足してしまうという悪循環が生まれてしまうのです。

平和ならそれにこしたことはないのに、
なんて残酷な人間の仕組みなのでしょうか。

ノルアドレナリンが不足すると、仕事や学習能力の低下、注意散漫、
外部からの刺激に対し鈍感になり始めます。

仕事に対しても、遊びに対しても意欲や判断力が低下し、
無気力、無関心と・・・段階を踏んで、最終的にうつ状態の症状が現れるんです。

一時的な落ち込みなら心配することはありません。
それは誰にでも起こりえることなんです。

しかしノルアドレナリンが継続的に不足してしまうと、
うつ病として精神疾患を発症する可能性があるのです。

対処方法は心を休めて楽にすることではありません。
ある程度の不安が逆にノルアドレナリンを生み出し、
人をやる気にさせてくれるのです。

ノルアドレナリンが睡眠に与える影響

何事もバランス良く生きることが大切

何事もバランス良く生きることが大切

ノルアドレナリンは、増えすぎると興奮状態で眠たくなくなり、
減りすぎるとうつ状態となって眠れなくなると言う症状が現れます。

自分でコントロールしながら適度な量を保てば、
集中力は最高な状態で高められ自分の持っている能力を最大限発揮することが可能なのです。
この状態で日々ベッドに入り睡眠をとることが、休息をとる状態においてもベストな状態と言えます。

ノルアドレナリンの含まれる食事をとろう

ノルアドレナリンの原料は、
タンパク質に含まれる、フェニルアラニン、チロシンと言ったアミノ酸です。
牛乳、大豆、魚の赤身に多く含まれています。

食べ過ぎている方は減らすよう、
少ししか食べていない人は増やすようにしてみると、
より一層コントロール出来るようになり、
苦しくて抜け出せなかったうつ病が改善出来るようになるはずです。

自分を絶対に責めないで!
出来ることを少しづつから始めてみましょう♡

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

眠りを失ってしまったあなたへ。睡眠を改善するツボ「失眠(しつみん)」の場所教えます!…

眠を失うと書く「失眠(しつみん)」。そのツボはまさに不眠を解消するツボでした!そんな失眠の場所と押し方をご紹…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

眠りと脳波の関係でよく聞くα波・β波ってなんのこと!?その疑問についてまとめてみまし…

人が眠りに落ちる目的は、脳を休めるためでもあります。ですが、その脳は眠っている間、どんな状態になっているか考…

快眠の敵は夜食!どうしても夜食を食べたい時はこれを食べよう!

「毎日十分な睡眠時間をとっているはずなのに、朝の起床時は身体がだるくて重い・・・。」という症状に悩まされてい…

眠れない夜は乳製品で、ぐっすり快眠生活

夜なかなか寝付けずに苦しい日ってありますよね? そんなときは睡眠に効く食べ物、飲み物を摂取するのが1番。 本…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

暑い季節の寝具はどうすればいいの?夏にむけて揃えておきたいオススメ寝具

夏は暑くてすぐに寝れないということが多いですよね。かといってエアコンをつけたまま寝てしまうと翌日かぜをひいて…

22時〜2時には眠るのが定説?睡眠時間のゴールデンタイムとは?

睡眠は量より質といわれます。ではどんな眠りが質のよい眠りなのでしょうか。いろいろな要素がありますが、眠る時間…

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!