ストレス社会で今最も多くの人が悩まされている病気「うつ病」。
「治す方法はない」とされて来ましたが、実は最近神経伝達物質のノルアドレナリンと大きな関係があると証明され始めて来たんです。

ノルアドレナリンは睡眠と関係のあるもの、
一体どのように関係しているのか?
どうすれば辛くて苦しいうつ病から逃れられるのか、
そのコツをご紹介します。

うつ病を改善するキーポイント‟ノルアドレナリン”とは

動物が持つ原始的な物質

動物が持つ原始的な物質

人は予期せぬ状況に急に陥ると不安で胸がドキドキしますよね?
これは危険を察知した人間が交感神経を刺激して心拍数や血圧が上昇させるから起きる出来事なんです。

不安を感じるのは、職場や友人、近隣などの対人関係においても同じこと。
人は不安に思うことで大きな危険を避けられるようになっているんです。

江戸時代や縄文時代など、今より何百年、何千年も前の昔は、
不安になる要素がもっともっと単純でした。

野犬に襲われるとか、疫病にかかってしまわないかとか・・・。
しかし現代社会のストレスや不安は入り組んでいて様々です。
だから「どこでどうやって不安になる状況がやって来るのか」、
人間の体がその信号を判断しにくくなっているんです。

人は不安になると神経伝達物質であるルアドレナリンを分泌し、
適度の緊張感を与えて意欲や集中力を高め、大きな不安を回避しようと働きます。

やる気を感じたりパワーがみなぎるのは、
このノルアドレナリンがたくさん分泌しているからなのです。

ノルアドレナリンが不足すると?

うつ病を発症することも

うつ病を発症することも

うつ病になる原因として考えられるのは、
現代社会が便利になり過ぎた為、生死に関わる大きな不安がなくなったことがあげられます。

生活の中でのストレスはあるものの、
明日死ぬかもしれないと言う不安はない。
だからノルアドレナリンが不足してしまうという悪循環が生まれてしまうのです。

平和ならそれにこしたことはないのに、
なんて残酷な人間の仕組みなのでしょうか。

ノルアドレナリンが不足すると、仕事や学習能力の低下、注意散漫、
外部からの刺激に対し鈍感になり始めます。

仕事に対しても、遊びに対しても意欲や判断力が低下し、
無気力、無関心と・・・段階を踏んで、最終的にうつ状態の症状が現れるんです。

一時的な落ち込みなら心配することはありません。
それは誰にでも起こりえることなんです。

しかしノルアドレナリンが継続的に不足してしまうと、
うつ病として精神疾患を発症する可能性があるのです。

対処方法は心を休めて楽にすることではありません。
ある程度の不安が逆にノルアドレナリンを生み出し、
人をやる気にさせてくれるのです。

ノルアドレナリンが睡眠に与える影響

何事もバランス良く生きることが大切

何事もバランス良く生きることが大切

ノルアドレナリンは、増えすぎると興奮状態で眠たくなくなり、
減りすぎるとうつ状態となって眠れなくなると言う症状が現れます。

自分でコントロールしながら適度な量を保てば、
集中力は最高な状態で高められ自分の持っている能力を最大限発揮することが可能なのです。
この状態で日々ベッドに入り睡眠をとることが、休息をとる状態においてもベストな状態と言えます。

ノルアドレナリンの含まれる食事をとろう

ノルアドレナリンの原料は、
タンパク質に含まれる、フェニルアラニン、チロシンと言ったアミノ酸です。
牛乳、大豆、魚の赤身に多く含まれています。

食べ過ぎている方は減らすよう、
少ししか食べていない人は増やすようにしてみると、
より一層コントロール出来るようになり、
苦しくて抜け出せなかったうつ病が改善出来るようになるはずです。

自分を絶対に責めないで!
出来ることを少しづつから始めてみましょう♡

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

超極小ビーズの素材が人気!抱き枕には安眠効果が期待できる

抱き枕や足枕を耳にすると、安心感が得られるなどのイメージを抱く方が多いのではないでしょうか?こちらでは安心感…

メラトニンはサプリメントで補給できる!生活リズムを整える最も手軽な方法

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠に大きな影響を与えます。サプリメントで摂取することも可能ですので、…

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

もしかして睡眠障害?眠れない、寝つきが悪い それは「入眠困難」の症状かも

入眠困難という睡眠障害があります。寝つきが悪く大変な苦痛を感じている状態です。心当たりがある方は生活習慣の改…

もしかしたら眠れないかも?そう思うだけで眠れない!それは睡眠障害による不眠恐怖症の可…

もしかしたら不眠恐怖症かも!?毎晩、夜が来るのが怖い。また、眠れないんじゃないかと思うだけで、余計に眠れない…

人はなぜ眠るのでしょうか?眠らなくても死なないってホント?そのメカニズムに迫ります

子供の頃、眠れない夜に両親から「一晩くらい眠れなくても死なない」と言われたことはないでしょうか。そもそも人は…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

良質な睡眠をとるには葉酸・トリプトファン・バントテン酸が効果的!

仕事も家庭も特に問題がないのに、中々うまく寝付けない・・・。なんていうことはありませんか?そのような状態は普…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!