睡眠の質を今よりもっと向上させたい!と願う方も少なくないのではないでしょうか?

こちらではそんな願いを叶える、食事内容に注意しよう!睡眠に悪い食べ物や刺激の強い食べ物、しょうがによる安眠法についてまとめましたので、参考にしてください。

胃腸が活性化すると良質な睡眠がとれなくなる!

良質な睡眠を妨げる脂肪の摂取は控えるようにする!

良質な睡眠を妨げる脂肪の摂取は控えるようにする!

食事を摂取すると消化器官や胃が活性化するため、身体は興奮状態になります。

このような状態になると良質な睡眠をとることができないため、就寝3時間前に夕食をとるのが良いと薦められています!

20〜40代男性のおよそ30%が午後9時以降の夕食になっているのが現状となります。

脂肪の摂取は控えよう!

このように寝る前の3時間以内に食事をとるのは睡眠に良くありません。でも、空腹だとかえって眠れなくなってしまうという経験がある人もいるはずです。

ぐっすり眠るためにも食事はきちんととっておきたいもの。そこで、なるべく胃に負担をかけないように軽めの食事を心がけるようにしましょう。

食後すぐに寝てしまうと胃もたれの原因になることもあるので、できるだけ早めに食べるほうが無難です。どうしても帰りが遅くなってしまうときには、野菜や鶏肉など脂肪の少ない食材を使った食事にするのがおすすめです。

刺激の強い食べ物は胃酸の分泌を促進させる!

たまねぎや香辛料などの刺激が強いものは避ける!

たまねぎや香辛料などの刺激が強いものは避ける!

刺激の強い食べ物は胃粘膜に直接的な刺激を与えるだけでなく、胃酸分泌を促進させる作用があります。

胃酸が過剰になると胃表面に炎症が生じたり、重症例では潰瘍ができる場合もあります。

また冷たすぎるものや熱すぎるものの胃の負担になるため、避けるようにしましょう。

⑥刺激物
・辛いもの、または香辛料の効いているもの
・たまねぎ、にら、にんにくなど刺激の強いもの
・酢、酢の物など酸っぱいもの
・レモン、みかん、イチゴなど酸っぱい果物、特に柑橘系
・果物の「なし」
・トマト
・大根(消化酵素が含まれており、刺激となる)
・塩気の多い魚、塩づけの魚など消化に悪い魚介類

しょうがには全身の冷えを改善する効果がある!

しょうがの摂取で大量発汗が期待できる!

しょうがの摂取で大量発汗が期待できる!

しょうがには辛み成分があり、摂取すると血管拡張作用がありますので、手先や足先を温かい状態にしてくれます。

血流循環がスムーズになりますから、全身の冷えも解消するとされています。また大量に発汗させることもできるため、美容にはもってこいの食品です!

生姜湿布による安眠法とは?

生姜は、飲用することで血行を改善し全身を温めてくれますが、まったく別の角度からの使い方があります。それは、ずばり「生姜湿布」です。

生姜湿布は、水を入れた鍋にすりおろした生姜を木綿の袋などに入れて沸騰直前まで温め、その生姜エキスが含まれるお湯にタオルをつけて軽く絞って作ります。肩こりが激しい箇所に10分程度あてがうことでじわじわと温まってきて、症状が楽になるといいます。

寝る前に行えば、胃腸や肝臓の調子が悪いときや、生理痛のときなどにも、患部が温められて楽になり、スムーズに入眠できそうですよ! ぜひ試してみてください。

まとめ

今回は食事内容に注意しよう!睡眠に悪い食べ物や刺激の強い食べ物、しょうがによる安眠法についてまとめました。

しょうがにはその他にもコーラやお茶などの飲料に入れるだけでも、優れた効果を期待することができますので、実践するようにしてくださいね!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠の質は光が重要!部屋を真っ暗にして寝るメリット

人間の体と光には、重要な関係性があり、光によって睡眠の質も変わります。いつも電気をつけて眠っている方、ぜひ睡…

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

オレンジの色が眠気を誘う?人間の身体に影響を及ぼす光と睡眠の関係とは?

良質な睡眠を手に入れたい!それならオレンジ色を取りれましょう。体と深い関わりがある光のカラーについて調べまし…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

うつ伏せで寝るのは良くない?睡眠の質を下げるうつ伏せ寝

うつ伏せで寝るのが習慣の方必見!実はうつ伏せで寝るのは睡眠の質を下げるって知っていますか?寝姿勢で変わる睡眠…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

脳波でわかる睡眠状態!精神活動中のβ波睡眠とは

睡眠障害=寝たくても寝られない状態は、脳から出ている脳波「β波」と関係があるんです。睡眠薬を手にする前に、コ…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!