食後にすぐ眠ってしまうのは良くないとされています。
食べてすぐに寝てしまうと、翌朝胃や腸に不快感を覚えるかもしれません。
睡眠中は体の全機能が低下し、消化器官も例外ではないため、
食べたものが胃に留まり負担をかけてしまうからです。

食後における体の変化

血液が移動する

血液が移動する

ご飯を食べた後、食べ物を消化するために全身の血液が胃腸に集まってきます。
食後に眠くなるのは、頭にも血液があまり行かなくなってしまうからです。
胃に血液が集中しなければ消化不良となり、胃もたれや腹痛などの原因となります。

胃の消化を助けよう!

横になるのはOK

横になるのはOK

寝ることはNGですが、胃の消化を助けるために横になるのはOKです。
胃の形から考えて、右を下にして横になると効果的です。
ただし、逆流性食道炎の症状がある人は横になってはいけません。
症状を悪化させる原因となってしまいます。

食後にすぐ寝ると睡眠の質が悪くなる

朝がだるくなる

朝がだるくなる

睡眠時は体の全機能が低下しますが、
それでも胃に食べたものがある場合は消化にエネルギーが使われます。
そのため体全体がリフレッシュすることができなくなり、
朝だるくなったり、日中に眠くなったりする可能性があります。

まとめ

食後3時間以内に寝てしまうと、
胃の中のものが消化していないので体に大きな負担がかかってしまいます。
その結果睡眠の質が悪くなり、翌朝体がだるくなる原因となります。
食べた後寝るのではなく、横になると消化を助けることができますので、
是非実践してみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠不足改善のために実践したい!今日からできる簡単なポイント3つとは?

眠りと人は密接な関係があります。眠らない人はいませんが、眠れない人がいるのは事実です。睡眠不足は、体に負担を…

睡眠時間の長さに影響するレム睡眠!睡眠の種類を知って、眠りの質をアップさせよう

レム睡眠という言葉を聞いたことはありませんか? 実はこれ、睡眠の種類の中でも浅い眠りのことを言います。 レム…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

良質な睡眠にはどんなアロマがいいの?バニラやセドロールがおすすめ!

なかなか夜寝られないという悩みをお持ちの方も多いかと思います。このような方に匂いによる安眠効果があるオススメ…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

スマホを朝日と勘違いしてしまう?青白い光は朝に浴びるべき重要な理由

睡眠の質を改善するなら光をコントロールしてみませんか?朝に青白い光を浴びることで、寝るときに眠気が訪れるんで…

睡眠の種類によって違うグッスリ度合い

ゴールデンタイムにしっかりレム睡眠がとれるバランスが眠りの質に関わってきます。身体に負担をかけないで眠るため…

我道をゆく!9時間以上の睡眠時間を必要とする種類の人はロングスリーパー

9時間以上の睡眠時間を必要とする天才肌が多い一方で孤独になりがちなロングスリーパーの特徴についてご紹介します…

睡眠の質を改善しよう!睡眠の質が悪い原因や激しい運動の注意点とは

睡眠時間は十分にとったはずなのに、朝起床したときに疲れが残っていたり、眠気を感じることはありませんか? 今…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!