食後にすぐ眠ってしまうのは良くないとされています。
食べてすぐに寝てしまうと、翌朝胃や腸に不快感を覚えるかもしれません。
睡眠中は体の全機能が低下し、消化器官も例外ではないため、
食べたものが胃に留まり負担をかけてしまうからです。

食後における体の変化

血液が移動する

血液が移動する

ご飯を食べた後、食べ物を消化するために全身の血液が胃腸に集まってきます。
食後に眠くなるのは、頭にも血液があまり行かなくなってしまうからです。
胃に血液が集中しなければ消化不良となり、胃もたれや腹痛などの原因となります。

胃の消化を助けよう!

横になるのはOK

横になるのはOK

寝ることはNGですが、胃の消化を助けるために横になるのはOKです。
胃の形から考えて、右を下にして横になると効果的です。
ただし、逆流性食道炎の症状がある人は横になってはいけません。
症状を悪化させる原因となってしまいます。

食後にすぐ寝ると睡眠の質が悪くなる

朝がだるくなる

朝がだるくなる

睡眠時は体の全機能が低下しますが、
それでも胃に食べたものがある場合は消化にエネルギーが使われます。
そのため体全体がリフレッシュすることができなくなり、
朝だるくなったり、日中に眠くなったりする可能性があります。

まとめ

食後3時間以内に寝てしまうと、
胃の中のものが消化していないので体に大きな負担がかかってしまいます。
その結果睡眠の質が悪くなり、翌朝体がだるくなる原因となります。
食べた後寝るのではなく、横になると消化を助けることができますので、
是非実践してみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

眠気ってどこからくるの?神経伝達物質のアセチルコリンとの関係性について

眠気は一体どこからやってくるのでしょうか?人間は眠っている状態のほうが「正常」なので、脳に興奮性の刺激がない…

睡眠の種類によって違うグッスリ度合い

ゴールデンタイムにしっかりレム睡眠がとれるバランスが眠りの質に関わってきます。身体に負担をかけないで眠るため…

揚げ物は睡眠に悪い食べ物?消化に悪い食べ物と食事が睡眠に及ぼす影響は

消化に悪い食べ物は睡眠に悪い食べ物と言われるのは本当でしょうか?揚げ物は胃がもたれて、睡眠に大きな影響がある…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?