1日に9時間以上の睡眠が必要な人たちをロングスリーパーと呼び、
人口の約10%を占めています。
長時間眠らないと活動できないため、悩んでいる人も多くいます。
現段階でロングスリーパーを治すことはできるのでしょうか?

ロングスリーパーである人の特徴

性格も関係?

性格も関係?

ロングスリーパーの著名人といえばアインシュタインが挙げられます。
彼は1日に10時間の睡眠を必要としたそうです。
また、おとなしい性格や完璧主義者である場合が多く、
アインシュタインのような学者や芸術家によく見られるそうです。

睡眠時間を決定する要因とは?

遺伝子が関係

遺伝子が関係

睡眠時間を決定しているのは遺伝子だと言われています。
しかし、環境的影響も受けているので、全てが遺伝子に依存しているわけではありません。
必要最低限の睡眠は遺伝子、それ以外の睡眠は環境的要因であるとされています。

ロングスリーパーから脱却しよう!

生活習慣を改善しよう

生活習慣を改善しよう

必要最低限の睡眠は遺伝子が関係しているので、短くすることは基本的に不可能です。
しかし、それ以外は改善が可能です。
ロングスリーパーとなる人は脳を酷使してしまっている人が多いです。
夜遅くまで考えすぎず、リラックスさせることで睡眠時間を短縮させましょう。

まとめ

ロングスリーパーは病気ではなく、生まれつきのものです。
しかし、効率的に行動したいのであれば、なるべく睡眠時間を短縮させたいところです。
遺伝子が大きく関わっているものの、生活習慣を見直せばある程度は改善が可能なので、
出来ることから始めてみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

実は安眠効果がある!においは気になるけど夜はにんにくを食べてぐっすり眠ろう

お肌や心身の健康状態を保つためには、睡眠時間をたっぷり設けることも大切ですが、睡眠の質を向上させる必要があり…

うつ伏せで寝るのは良くない?睡眠の質を下げるうつ伏せ寝

うつ伏せで寝るのが習慣の方必見!実はうつ伏せで寝るのは睡眠の質を下げるって知っていますか?寝姿勢で変わる睡眠…

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

目覚めが悪い、眠った気がしないあなたに朗報! 浅い睡眠の改善方法はこれでOK!

目覚めが悪かったり、眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると思われます。日頃から浅い睡眠の質には気を配って…

今話題の睡眠時間バリュアブルスリーパー!最も寿命が長いとされる睡眠とは

もしかすると、今あなたがとっている睡眠時間は最も寿命が長いとされるバリュアブルスリーパーかもしれません!?残…

寝る前の食事には要注意!夜遅く食事をとる時に注意しなきゃいけないことは?

「就寝前に何か食べないと空腹感で目が覚めてしまう・・・。」という方は多いかと思います。今回は食事と睡眠との関…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!