1日に9時間以上の睡眠が必要な人たちをロングスリーパーと呼び、
人口の約10%を占めています。
長時間眠らないと活動できないため、悩んでいる人も多くいます。
現段階でロングスリーパーを治すことはできるのでしょうか?

ロングスリーパーである人の特徴

性格も関係?

性格も関係?

ロングスリーパーの著名人といえばアインシュタインが挙げられます。
彼は1日に10時間の睡眠を必要としたそうです。
また、おとなしい性格や完璧主義者である場合が多く、
アインシュタインのような学者や芸術家によく見られるそうです。

睡眠時間を決定する要因とは?

遺伝子が関係

遺伝子が関係

睡眠時間を決定しているのは遺伝子だと言われています。
しかし、環境的影響も受けているので、全てが遺伝子に依存しているわけではありません。
必要最低限の睡眠は遺伝子、それ以外の睡眠は環境的要因であるとされています。

ロングスリーパーから脱却しよう!

生活習慣を改善しよう

生活習慣を改善しよう

必要最低限の睡眠は遺伝子が関係しているので、短くすることは基本的に不可能です。
しかし、それ以外は改善が可能です。
ロングスリーパーとなる人は脳を酷使してしまっている人が多いです。
夜遅くまで考えすぎず、リラックスさせることで睡眠時間を短縮させましょう。

まとめ

ロングスリーパーは病気ではなく、生まれつきのものです。
しかし、効率的に行動したいのであれば、なるべく睡眠時間を短縮させたいところです。
遺伝子が大きく関わっているものの、生活習慣を見直せばある程度は改善が可能なので、
出来ることから始めてみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

睡眠の質を改善する寝具の基本やアイマスクDream Essentialsの主な特徴

睡眠は人間が活動する中でさまざまな役割を果たしています。 その睡眠を怠ってしまうと、重症な場合は命の危険に…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

安心するだけじゃない!抱き枕の本当のメリット

抱き枕にはリラックス効果だけでなく、様々なメリットがあるのを知っていますか?抱きしめるだけで嬉しいことたくさ…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

質の良い睡眠のために!寝る前に軽いストレッチとヨガを取り入れませんか?

疲れた方がよく眠れるからと、運動をしっかりとして睡眠に入る人がいます。ですが、質の良い睡眠には軽い運動がオス…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

朝起きたら目元が二重に!?夜用アイプチが最近人気の理由は?

眠っている間にクセづけして、朝起きたらぱっちり二重がお目見え♪夜にも使えるアイプチが人気なんです。今回は夜用…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!