1日に9時間以上の睡眠が必要な人たちをロングスリーパーと呼び、
人口の約10%を占めています。
長時間眠らないと活動できないため、悩んでいる人も多くいます。
現段階でロングスリーパーを治すことはできるのでしょうか?

ロングスリーパーである人の特徴

性格も関係?

性格も関係?

ロングスリーパーの著名人といえばアインシュタインが挙げられます。
彼は1日に10時間の睡眠を必要としたそうです。
また、おとなしい性格や完璧主義者である場合が多く、
アインシュタインのような学者や芸術家によく見られるそうです。

睡眠時間を決定する要因とは?

遺伝子が関係

遺伝子が関係

睡眠時間を決定しているのは遺伝子だと言われています。
しかし、環境的影響も受けているので、全てが遺伝子に依存しているわけではありません。
必要最低限の睡眠は遺伝子、それ以外の睡眠は環境的要因であるとされています。

ロングスリーパーから脱却しよう!

生活習慣を改善しよう

生活習慣を改善しよう

必要最低限の睡眠は遺伝子が関係しているので、短くすることは基本的に不可能です。
しかし、それ以外は改善が可能です。
ロングスリーパーとなる人は脳を酷使してしまっている人が多いです。
夜遅くまで考えすぎず、リラックスさせることで睡眠時間を短縮させましょう。

まとめ

ロングスリーパーは病気ではなく、生まれつきのものです。
しかし、効率的に行動したいのであれば、なるべく睡眠時間を短縮させたいところです。
遺伝子が大きく関わっているものの、生活習慣を見直せばある程度は改善が可能なので、
出来ることから始めてみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

耳栓で睡眠の質が向上!人気の耳栓ブランドをご紹介

睡眠に大きく影響する音。音を遮断することで、睡眠の質は大きく向上します。寝つきが悪い日や、睡眠時間が十分に得…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

うつ伏せで寝るのは良くない?睡眠の質を下げるうつ伏せ寝

うつ伏せで寝るのが習慣の方必見!実はうつ伏せで寝るのは睡眠の質を下げるって知っていますか?寝姿勢で変わる睡眠…

その名も「安眠(あんみん)」!ぐっすり眠れるツボは耳の後ろ側にある

毎朝スッキリしない・・・その原因は眠りが浅いからかもしれません。深い眠りが手に入れられるツボ・安眠(あんみん…

あるだけで安心する!睡眠改善のカギ?抱きまくらにはこんな効果があります

睡眠に入るとき、あるだけで安心するグッズはないでしょうか。小さい子ならお気に入りの毛布だったり、おもちゃだっ…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

もしかしたら眠れないかも?そう思うだけで眠れない!それは睡眠障害による不眠恐怖症の可…

もしかしたら不眠恐怖症かも!?毎晩、夜が来るのが怖い。また、眠れないんじゃないかと思うだけで、余計に眠れない…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?