1日に9時間以上の睡眠が必要な人たちをロングスリーパーと呼び、
人口の約10%を占めています。
長時間眠らないと活動できないため、悩んでいる人も多くいます。
現段階でロングスリーパーを治すことはできるのでしょうか?

ロングスリーパーである人の特徴

性格も関係?

性格も関係?

ロングスリーパーの著名人といえばアインシュタインが挙げられます。
彼は1日に10時間の睡眠を必要としたそうです。
また、おとなしい性格や完璧主義者である場合が多く、
アインシュタインのような学者や芸術家によく見られるそうです。

睡眠時間を決定する要因とは?

遺伝子が関係

遺伝子が関係

睡眠時間を決定しているのは遺伝子だと言われています。
しかし、環境的影響も受けているので、全てが遺伝子に依存しているわけではありません。
必要最低限の睡眠は遺伝子、それ以外の睡眠は環境的要因であるとされています。

ロングスリーパーから脱却しよう!

生活習慣を改善しよう

生活習慣を改善しよう

必要最低限の睡眠は遺伝子が関係しているので、短くすることは基本的に不可能です。
しかし、それ以外は改善が可能です。
ロングスリーパーとなる人は脳を酷使してしまっている人が多いです。
夜遅くまで考えすぎず、リラックスさせることで睡眠時間を短縮させましょう。

まとめ

ロングスリーパーは病気ではなく、生まれつきのものです。
しかし、効率的に行動したいのであれば、なるべく睡眠時間を短縮させたいところです。
遺伝子が大きく関わっているものの、生活習慣を見直せばある程度は改善が可能なので、
出来ることから始めてみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

オレンジ色は「夕日」を連想させる!就寝前は間接照明に切り替えて心地よい眠りを誘おう

眠る前の照明の光は何色ですか?就寝前の電気を間接照明にするだけで、睡眠の質が上がる!?

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

睡眠不足は病院で直そう!おすすめの睡眠系治療をおこなう病院をご紹介【東京版】

睡眠に関するもmん代を改善するためには病院の手を借りるのもひとつの手段です!今回は東京でおすすめの総合病院を…

眠気ってどこからくるの?神経伝達物質のアセチルコリンとの関係性について

眠気は一体どこからやってくるのでしょうか?人間は眠っている状態のほうが「正常」なので、脳に興奮性の刺激がない…

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

睡眠改善に効果的!寝具の正しい選び方や耳栓サイレンシアの特徴・使用方法

寝具のデザイン性にこだわりを持つ方は多いかと思いますが、寝心地や睡眠の質に関しては意外と適当に選んでいる何て…

寝すぎても寝なさ過ぎてもダメ?バランスが取れている睡眠時間は?

皆さんの平均睡眠時間はどのくらいですか?バランスの取れている睡眠時間がどのくらいかを知り、睡眠時間をより充実…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

寿命にも影響する睡眠時間!?最も寿命が長い種類はバリュアブルスリーパー!

短い睡眠時間の種類の人はよく取り上げられますが、実は最も寿命が長いのは多数派のバリュアブルスリーパーです。今…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

夜バナナで快眠生活!バナナの効果効能とは?

バナナには快眠効果があることを知っていますか?なかなか寝付けそうにないときは、手軽に食べられるバナナで快眠し…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!