人間にとって必要不可欠な睡眠。

睡眠は心身の疲労回復はもちろん、記憶を定着させたり免疫機能を強化させたりと大切な役割を果たしています。

不眠症によって十分な睡眠をとれずにいると、睡眠障害を引き起こしてしまいます。
睡眠障害といっても障害の種類はさまざま。今回は、肥満や顎が小さいと罹りやすいと言われている“睡眠呼吸障害”についてまとめてみました。

睡眠呼吸障害とは?

睡眠呼吸障害について

睡眠呼吸障害について

“睡眠呼吸障害”とは睡眠障害の種類のひとつで、睡眠時に異常な呼吸を起こしてしまう病態のことを差します。

睡眠呼吸障害を患う率は、一般人口の1%以上、特に30~60歳の中年期に多く、男性で4%、女性で2%と言われています。

睡眠呼吸障害の代表的な疾患は“睡眠時無呼吸症候群”で、睡眠中何度も呼吸が止まる病気です。

診断基準は1時間に5回以上の無呼吸、もしくは低呼吸が存在することがあげられます。

この睡眠時無呼吸症候群の95%は、同時に“閉塞性睡眠時無呼吸症候群”も占めており、高血圧や脳梗塞、虚血性心疾患の発症の原因になることもわかっており、非常に危険な睡眠障害とされています。

睡眠呼吸障害にはどんな症状が現れる?

睡眠呼吸障害の症状

睡眠呼吸障害の症状

睡眠障害の種類のひとつ、睡眠呼吸障害の主な症状としては、「大きないびき」、「日中の異常な眠気」、「睡眠時の窒息感・あえぎ呼吸」、「覚醒時の倦怠感」、「夜間の頻尿」、「頭痛」などがあげられます。

日中の異常な眠気や頭痛などの症状は自分でも自覚することができますが、夜間の睡眠時の症状等は本人が自覚できず、家族や周りの方の注意が必要となってきます。

睡眠呼吸障害の原因とは

睡眠呼吸障害の原因

睡眠呼吸障害の原因

睡眠障害の種類のひとつ、睡眠呼吸障害は、喉から肺に通じる空気の通り道が睡眠中に狭くなってしまうことから起きます。

この原因には主に、肥満、脂肪によって首が短くなっている、舌が大きい、顎が小さいなどが関係している場合が多いです。

昼間は正常な気道が、睡眠中に重力や喉の筋肉が緩くなることで狭くなってしまいいびきをかきます。
気道が完全に閉じてしまうと、呼吸がとまってしまいます。
この症状を“無呼吸”と言います。

無呼吸の程度が強い人いほど大きないびきをかきやすくなります。

また、無呼吸やいびきはアルコールの摂取も関係しており、アルコールを大量に摂取した夜は特に大きいいびきをかき、無呼吸の回数も増えてしまいます。

睡眠呼吸障害の治療法①

シーパップ療法

シーパップ療法

出典:Google

睡眠呼吸障害の重症度や原因に応じて治療を選択することがポイントです。

最も基本的な治療法としてあげられるのが「シーパップ療法」。
画像のようなマスクを鼻につけ、頭をバンドで固定して睡眠をとります。

この機械からは、圧のかかった空気がマスクに起こりこまれ、睡眠時に狭くなってしまう気道を広げて、睡眠呼吸障害の原因である無呼吸といびきを解消します。

根本的に治療する方法ではないため、長い間使う必要がありますが、朝すっきり目覚めることができ日中の眠気もなくなります。

シーパップ療法は、眠気などの症状で日常の生活に支障がある場合、睡眠呼吸障害が原因として考えられる高血圧などを合わせて患っている場合は、保険が適応されます。

睡眠呼吸障害の治療法②

マウスピース

マウスピース

「マウスピース」はシーパップ療法に比べ、比較的安価で手っ取り早く治療ができる方法です。

睡眠をとるときに、口の中にマウスピースを入れるだけの簡単な方法です。
無呼吸の程度や、顔・顎の形によって異なりますので自分に合ったマウスピースを探すことが大切です。

どのような顔・顎の形にどのマウスピースを使うのが適正かというのはまだわかっていませんが、下顎が小さいor後方にずれている方にマウスピースはおすすめです。

マウスピースは、ネット等でも購入することができますが、歯科専門医の診断のもと自分の顔・顎に合ったオーダーメイドのマウスピースを作成することが早期治療につながります。

まとめ

睡眠障害の種類のひとつ、睡眠呼吸障害に悩まされる多くの方が“肥満”だということが分かっています。
特に首周りの脂肪が気道を狭くする原因となります。

肥満が原因で睡眠呼吸障害になっている方は、睡眠呼吸障害の治療はもちろん肥満を解消していくことも大切です。

体重が1kgでも減れば、無呼吸は少しずつ改善されます。

自分がどのような原因で睡眠呼吸障害を引き起こしたのかをつきとめ、自分に合った治療を行っていきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

睡眠で悩んでいるなら専門家のクリニックへ!病院の先生に説明する睡眠障害の種類を覚えて…

気がついた時には「自分も睡眠障害なのかもしれない?」そんな時はパニックにならずに、まずは専門家クリニックでは…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

ナポレオンで有名なショートスリーパー!睡眠効率が良いその秘密とは

誰もが憧れるショートスリーパーですが、皆さんは詳しく知っていますか?睡眠効率や健康状態など、ショートスリーパ…

ただの居眠りじゃなかった?1000人に1人の割合で発症するナルコレプシーとは

「これから会議なのに…何をしても眠い…」夜はしっかり寝たはずなのに、日中何をしても眠く、起きていられないよう…

 眠りが浅い、眠った気がしない 熟眠障害は不眠症の一つです

熟眠障害は朝起きた時に眠れた感じがしない、つまり深く眠れていない睡眠障害です。自覚しにくい睡眠障害のため我慢…

寿命にも影響する睡眠時間!?最も寿命が長い種類はバリュアブルスリーパー!

短い睡眠時間の種類の人はよく取り上げられますが、実は最も寿命が長いのは多数派のバリュアブルスリーパーです。今…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?