「最近肌荒れがとくにひどい…」
という悩みを持つ方はいませんか?

あなたのその肌荒れは、睡眠の質が悪いから起こっているのかもしれません。

栄養もしっかりとって保湿も心掛けているのに肌荒れが…という方は、睡眠による肌トラブルを見逃している可能性があります。

キレイなツルスベ肌になりたいという人は、睡眠の質を上げて美肌を取り戻しましょう!
これが何よりも手っ取り早く効果的なスキンケアかもしれません。

“睡眠”と“肌”の関係

睡眠と肌にはどのような関係があるのだろう…

睡眠と肌にはどのような関係があるのだろう…

寝不足はもちろん、寝つきが悪かったり、たくさん寝ても疲れがとれなかったり、夜中に目が覚めてしまったりする日は、とくに肌の調子が悪く感じてしまいますよね。

人は、睡眠時に体調や疲労を回復する働きが備わっています。
質が悪い睡眠をとってしまうと、その働きが鈍り不調を引き起こしてしまい、そのような不調が身体だけではなく肌にも影響してしまいます。

私たちの肌は睡眠時に、古い細胞が剥がれ落ち修復・再生する“ターンオーバー”が行われています。

ターンオーバーに深く関係しているのが、成長ホルモンです。
成長ホルモンが分泌されることにより、ターンオーバーの開始スイッチが入り、肌がキレイになります。

しかし、寝不足や質が悪い睡眠をとると、ホルモンバランスが崩れ肌荒れを引き起こしてしまうのです。

あなたの睡眠の質をチェックしてみましょう

睡眠の質を自己チェック

睡眠の質を自己チェック

質が悪い睡眠と言っても、どのような睡眠の状態なのかイマイチわかりませんよね。

そこで、あなたの現在の睡眠の質が良いものなのか、質が悪いものなのかを確認してみましょう。

☆チェック事項の条件☆
・朝型、夜型に関わらず、同じ時間帯に睡眠を取っている方
・18歳以上の男性、女性
・6時間~8時間の睡眠時間を毎日取っている方

☆チェック事項☆
●目が覚めたときに、しっかりとした“スッキリ感”を実感できる(肉体疲労や精神疲労を感じない)
●起床4時間後に眠気を感じず、頭が冴えている
●「何度も目が覚めてしまう」「寝つきが悪い」等の睡眠中のトラブルが無い

上記3つのチェック事項がすべてクリアできれば、現在のあなたの睡眠の質に問題はありません。
反対に、6時間以上睡眠をとっているのに、上記のチェック事項に一つも当てはまらない方は、質が悪い睡眠の可能性が大きく、今後見直す必要があります。

そもそも、“質の良い睡眠”って?

質の良い睡眠とは

質の良い睡眠とは

“質の良い睡眠”と聞くと、「長時間の睡眠」と感じる人が多いでしょう。
質の良い睡眠は、長時間の睡眠を取ることだけではありません。

長時間の睡眠を取っても、その睡眠の質が悪いのであればまったく意味がありません。

簡潔に述べると、質の良い睡眠とはより深い眠りのことを差し、これを“ノンレム睡眠”と言います。

ノンレム睡眠時は、成長ホルモンの分泌を促進してくれるため肌荒れ防止に効果的な時間です。
それだけではなく、脳や身体の疲労回復に欠かせない時間で、ノンレム睡眠が十分にとれないといくら長時間の睡眠を取っても意味がないのです。

つまり、肌荒れを改善するためには、この“ノンレム睡眠”をより多く作りだすことがポイントとなってくるのです。

就寝前に○○をすると質が悪い睡眠になってしまう

就寝前の行動に注意!

就寝前の行動に注意!

肌荒れを改善するために、睡眠の質を上げていくことが大切です。

質の悪い睡眠が原因で肌荒れに悩んでいる方は、就寝前の行動がいけないのかもしれません。

就寝前にコーヒーや紅茶、緑茶を飲んでいる人は注意!
コーヒーにはカフェインが多く含まれていることは、知っていますよね。
実はコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にもカフェインが多く含まれており、しかもカフェインの量は紅茶以上!
上記の飲み物は、就寝前はとくに避けるようにしましょう。

また、不眠症に悩む方にとくに多い“寝酒”。
お酒を飲むと寝つきが良くなるように思いますが、実際は睡眠の質を悪くしてしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

ほかにも、就寝前の1時間程度はパソコンやテレビ、光を避けましょう。
これらの機器には、強い光が組み込まれており脳を興奮状態にしてしまい、寝つきが悪くなるほか睡眠の質が悪いものになってしまいます。

就寝前に○○をして肌荒れを防止

睡眠の質を上げて肌荒れ防止!

睡眠の質を上げて肌荒れ防止!

先ほどもお話しましたが、睡眠は“量”より“質”が大切です。
肌のターンオーバーに必要な成長ホルモンは、睡眠時にずっと出ているわけではなく、入眠の3時間ほどまでの深い眠り(ノンレム睡眠)の間にたくさん作られています。

また、夜の10時~2時は肌のターンオーバーがさらに活発になり、この時間帯は“肌のゴールデンタイム”と呼ばれています。
つまり、この時間帯に成長ホルモンが活発化する入眠3時間をできるだけとることができれば肌荒れ防止につながるのです。

忙しく10時に寝るのは難しいかもしれませんが、なるべく肌のゴールデンタイムに寝るように心掛けましょう。

就寝前に摂ると良いものとして、“牛乳”があげられます。
牛乳に含まれるトリプトファンやコラーゲン、ゼラチンなどにはグリシンという成分が含まれており、これは寝つきを良くする効果があります。

また、就寝1時間前ほどから、間接証明などの柔らかい光に切り替えてみましょう。
脳の刺激を和らげ、リラックス効果が高まり寝つきが良くなり睡眠の質もアップします。

アロマやストレッチなどにもリラックス効果があるのでおすすめです。

まとめ

睡眠の質を上げることで、肌荒れの改善はもちろん、気持ちの良い朝を迎えられ身体や心の疲労回復にもつながります。

充実した1日を過ごすためにも、質が悪い睡眠から脱出し睡眠の質をあげることを意識してみましょう。

質の良い睡眠を取ることで、驚くほど肌荒れが改善されるはずです。
規則正しい生活習慣を心掛け、栄養をたくさん摂取することも忘れずに。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

90分間の倍数で寝ると良い!?睡眠の質を高める方法<睡眠時間編>

90の倍数で寝ると、質の良い睡眠がとれることを知っていましたか?睡眠時間を周期に合わせると、目覚めの良い朝を…

寝具の選び方で睡眠の質が上がる!?ベッドをマットレスに変えて不眠症を改善

私たちの睡眠のお供“ベッド”にはさまざまな種類があります。 その中でも注目したいのが“マットレス”。 木製や…

睡眠の質は激しい運動で悪化する?睡眠の質が悪い原因や効果的な対処法とは

最近寝付きがあまり良くなく長時間眠ることができなくなった・・・。と感じる方は以外と多いのではないでしょうか。…

睡眠の質を改善する寝具はアロマ!アロマバスで快適な眠りへ

よい睡眠をとる方法はいくつかありますが、女性にオススメなのはアロマバスです。よい芳香に包まれてリラックスしな…

オレンジ色は「夕日」を連想させる!就寝前は間接照明に切り替えて心地よい眠りを誘おう

眠る前の照明の光は何色ですか?就寝前の電気を間接照明にするだけで、睡眠の質が上がる!?

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

どんな種類を選べばいいの?睡眠の質を高めるなら寝具のマットレスにこだわりたい

ぐっすりと眠るためにも寝具にこだわりたいもの。その中でもベッドのマットレスに着目しました。睡眠の質を高めるた…

ビール好きな女子必見!晩酌のビールをノンアルコールビールに変えるだけで睡眠・ダイエッ…

夕食にビールをつい飲んでしまうビール大好きな女性も多いかと思います。しかし、質の良い睡眠やダイエット、そして…

スマホで上手に睡眠管理しよう!不眠症改善にオススメのアプリ3選

寝る前のスマホは睡眠によくないと言われますが、スマホアプリには睡眠管理をサポートしてくれる便利なものもありま…

寝る前に考え事を……睡眠の質が悪い原因は妄想癖にあった!

睡眠の質は考え事が影響しており、その対処法と付き合い方についての考察。

夜ぐっすり眠れる光とは?睡眠の質を改善するオススメの間接照明

あなたは快適な睡眠をとれていますか?睡眠に関する悩みをお持ちの方は、寝室の照明の種類を見直した方がいいかもし…

寝る前にぬるま湯につかると睡眠の質がアップする?質が良い睡眠に欠かせないのは体温を上…

「たくさん寝たのに疲れが取れない…」 誰もが経験したことのある睡眠の悩みなのでは? そんな悩みをもつあなたは…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!