イギリスで行われたアンケートの結果

イギリスの有名ホテルチェーンが行った調査の結果

イギリスの有名ホテルチェーンが行った調査の結果

近年、イギリスのある有名ホテルチェーンが2000世帯を対象に、寝具の色と住人の生活習慣を調査したところ“色”によって睡眠の長さ・質が異なるという結果がでました。

平均的に7時間52分の睡眠をとっていた住人の寝具の色は“青色”で第一位。
二位は“黄色”で7時間40分の睡眠時間、第三位は“緑色”で7時間36分の睡眠時間でした。

反対に、ワースト一位は“紫”5時間56分の睡眠時間、ワースト二位は“茶色”で6時間5分の睡眠時間でした。

なんと、一位の青色と最下位の紫では睡眠時間の差が約2時間も…。

今一度、あなたの寝室の色を思い出してみてください。

寝具の色は睡眠だけではなくさまざまな影響を及ぼす

色が与える影響は“睡眠”だけではない!

色が与える影響は“睡眠”だけではない!

先ほどお伝えしたイギリスの調査で、寝具の“色”は睡眠の時間・質以外に“生活習慣”にも悪影響を及ぼすことがわかりました。

グレーを多く使用した寝室で睡眠をとる人はネット通販に費やす時間が最も長かったり、シルバー系を多く使用した寝室で睡眠をとる人の5人に1人は寝室で運動したくなる気持ちを引き出したりというような結果も明らかになっています。

このように、“色”は睡眠だけではなく人の生活習慣にもさまざまな影響を与えているのです。

特に避ける睡眠に悪い色は…?

最も睡眠を妨げる色は“紫”

最も睡眠を妨げる色は“紫”

調査結果で判断すると最も睡眠に悪い色は“紫”です。

紫は、“無意識の思考を刺激する色”で、気持ちをリラックスさせることが難しい色なのです。

それだけではなく、睡眠中に記憶に残る鮮明な夢を見たり、悪夢を見てしまったりする傾向にあるのだそう。その結果、目覚めた時に十分に疲れがとれていないことが多くなってしまうのです。

紫を多く使用した寝室では、特に忙しい一日を送った日などは睡眠との切り替えが難しくなってしまい、気持ち良く眠れなくなってしまいます。熟睡したい人・睡眠の質を上げたい人はとくに紫の寝具を避けたほうが良いでしょう。

“紫”以外の睡眠に悪い色

“紫”以外に、睡眠に悪い色は“茶色”や“グレー”、“赤”があげられます。

茶色やグレーは一見落ち着く効果がありそうですよね。実際に寝具に使用しているという人も多いのではないでしょうか?

実は、落ち着く効果のほかにも、気持ちをどんよりさせてしまう効果があり、ストレスを感じているときに気持ちをリフレッシュできず、不眠症を引き起こしてしまうことがあるのです。
コンクリート打ちの寝室はスタイリッシュかつおしゃれで憧れている人も多いかもしれませんが、おすすめできません。

また、赤には興奮作用があるため寝室にはNGです。寝る前には刺激的すぎる色になってしまいます。ワンポイント程度ならOKですが、カーテンやベッドのシーツなどの面積が多い寝具に取りいれるのは避けたほうがいいでしょう。

睡眠の質を上げるためには“3色”で統一しましょう

3色で統一した寝室が睡眠の質をアップ

3色で統一した寝室が睡眠の質をアップ

あなたの寝室は色の“統一感”がありますか?
部屋の色を統一するのは意外と難しいものですよね。

寝室の中に何種類もの色が存在すると、落ち着いて眠ることができなくなってしまいます。カラフルな配色が好きな方には難しいかもしれませんが、基本的に寝室は“3色”で組み合わせてみましょう。

3色で統一すると、寝室のコーディネートにまとまりができ落ち着いた印象を与え、ぐっすり質の良い睡眠をとることができます。
床や壁、天井の色が1、2色の場合、もう1色は差し色になるように色を選ぶと良いでしょう。

ちなみにおすすめの色は、“緑色”や“黄色”、“青色”です。
もちろん、睡眠に悪い色は避けてくださいね。

色は睡眠に限らず、私たちの生活習慣まで影響を及ぼすことがわかりました。実際に、青を多く使用している寝室で睡眠を取る人は、半数以上が毎朝気持ちのいい目覚めを実感しており、緑を多く使用している寝室で睡眠をとる人の20%以上が、陽気で前向きな気持ちで朝を迎えられていることもわかっています。

あなたも自分の寝室の色をもう一度見直し、睡眠に悪い色を避けた心地のいい寝室作りをしていきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

国産ポケットコイルマットレス(シングルロングサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

関連する読みモノ

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

暑い季節の寝具はどうすればいいの?夏にむけて揃えておきたいオススメ寝具

夏は暑くてすぐに寝れないということが多いですよね。かといってエアコンをつけたまま寝てしまうと翌日かぜをひいて…

理想の枕をとことん研究!自分の高さにあった枕の高さはどれくらい?

皆さんは、毎晩ぐっすり眠れていますか?もしそうでないとしたら、もしかしたら枕が原因かもしれませんよ!まくらが…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

寝具の買い替えよりも安上がり?いつものお風呂を工夫して快眠を!

温まって体質改善、よい香りも楽しめるお風呂タイム。アロマはよい寝具への買い替えるくらい、安眠に効果があります…

万能ツボと呼ばれる百会(ひゃくえ)で睡眠不足を解消しよう

日本人の5人に1人が睡眠不足とされている現代社会。寝不足に悩まされている方は多数存在しますが、改善するために…

途中で目が覚めるのは睡眠不足!?睡眠障害の症状とは

夜寝ている途中でどうも目が覚めてしまって寝られないという人は、睡眠障害のおそれがあります。一時的ならば問題あ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!