悪夢にうなされれ目が覚めた。昨晩は嫌な夢を見たせいかどうも今朝は気分がすっきりしない…そんな経験はありませんか?夢はレム睡眠時に見るということは知られていますが、なぜ人は悪夢を見てしまうのでしょうか。そこで、悪夢を見てしまう心理的原因から、悪夢を見ないために改善したい生活習慣についてまとめてみました。

夢が悪夢の場合はストレスやトラウマが原因のことも

浅い眠りのレム睡眠のときに人は夢を見ます

浅い眠りのレム睡眠のときに人は夢を見ます

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠り、体は休息状態なのに脳は覚醒に近いレム睡眠とあり、レム睡眠時に夢を見ます。そしてその夢が悪夢の場合は心理的原因としてストレスや、トラウマ体験が考えられるといわれています。

これまでの過酷な体験が悪夢として蘇ってしまうことも

悪夢を繰り返し見てしまう場合は専門のお医者様に相談を

悪夢を繰り返し見てしまう場合は専門のお医者様に相談を

日ごろのストレスも溜まっているのも大変ですが、トラウマ体験も深刻です。とくにPTSDと呼ばれている心的外傷後ストレス障害は、地震や火事や自然災害や事故などの過酷な体験をした後、しばらく時間が経ってから悪夢としてよみがえってくることもあります。このような悪夢を繰り返し見るようなことがある時は専門医に相談することをおすすめします。

ふだんの食生活や生活習慣に悪夢を見てしまう原因があることも

寝る直前に消化の悪い物やアルコールを大量にとると悪夢を見ることも

寝る直前に消化の悪い物やアルコールを大量にとると悪夢を見ることも

他にも悪夢を見てしまう原因はふだんの生活習慣の中にも多々あります。まずは食事。夕食時に高脂肪の食べ物や砂糖を大量に食べたり、寝る直前に消化に悪い物を食べたりした場合に悪夢を見ることもあるそうなので気をつけましょう。他に、アルコールのとりすぎや、タバコも悪夢を見る可能性があるので控えめにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?繰り返しひどい悪夢を見るような場合は、なるべくなら専門のお医者様に相談するのが一番です。しかし、生活習慣から時々悪夢を見る場合は、夕食のメニューや食べる時間に気をつけたり、タバコをやめてみたりして対処できることもあるので、まずは自分の悪夢の原因を知ることが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ホント?見たい夢が見られるルシッドドリームという方法をマスターしよう

どうせ見るならいい夢を見たい!自分が見たい夢を見ることはできるのでしょうか?今回は見たい夢を見るために実行し…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

いびきに悩む人はうつ伏せ寝がいい⁉︎質の高い睡眠には眠る姿勢が重要です

質の高い睡眠をとるには、寝ているときの姿勢も重要になります。うつ伏せで寝ることはメリットもありますがデメリッ…

寝つきが悪い!ストレスと不安と戦うあなたに

現代人はコミュニケーション下手な人が増えたといわれています。そのため、対人関係上の不満を上手にさばくことが難…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

パジャマ効果はあなどれない!スウェットやジャージはNG!質が良い睡眠にはパジャマがベ…

寝るときに何を着て寝ていますか?楽な室内着のまま寝てしまう方も意外と多いと聞きますが、しかし、寝る時にパジャ…

どうして眠れないの?なかなか寝れない原因は?1日15分の〇〇が効果的!

すんなり眠りに入れず寝つきが悪い。翌日も疲れが残ってしまいがちです。その原因と改善方法をご紹介します。

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

快眠の敵は夜食!どうしても夜食を食べたい時はこれを食べよう!

「毎日十分な睡眠時間をとっているはずなのに、朝の起床時は身体がだるくて重い・・・。」という症状に悩まされてい…

ステージ4!?最も深い睡眠の種類、ノンレム睡眠を引き出す方法

眠ると言う行為は一見皆同じ、シンプルなことのように見えますが、実は目を閉じている間も脳は想像以上に活動を続け…

実は人によってサイクルが違うの!?90の倍数ですっきり起きるには睡眠サイクルを整えよ…

寝る前に90の倍数であることをして置くと、翌朝スッキリと目覚めることが出来ると言う”睡眠の質が良くなる方法”…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?