安倍総理もはまっていると最近、ニュースで話題になった4-7-8呼吸法。なんとこの呼吸法を行えばたったの1分で眠りにつくことができるとか。寝る前に呼吸法を行うだけで質の良い睡眠がとれるなんてこんな嬉しいことはありませんよね。そこで、ぐっすり眠れると評判の4-7-8呼吸法に関してまとめてみました。

そもそも4-7-8呼吸法とは?誰が提唱したの?

リラックス効果抜群の4-7-8呼吸法

リラックス効果抜群の4-7-8呼吸法

4-7-8呼吸法とは、米国の著名な健康指導者であり、アリゾナ州ツーソンのアリゾナ大学医学校の診療教授でもあるアンドルー・ワイル博士が提唱している呼吸法のことです。くつろぐ呼吸とも呼ばれており、簡単にできるうえに心を落ち着かせる効果もあるので世界中で注目を集めています。

アンドルー・ワイル(英: Andrew Weil、1942年6月8日 - )はアメリカ合衆国の健康医学研究者、医学博士。伝統中国医学など代替医療の伝統も取り入れ、人間に本来備わっている自然治癒力を引き出すヘルスケア・システムである統合医療を提唱している人物である。

早い人では4-7-8呼吸法で1分で眠ることができる!?

仕事でストレスが溜まった時に使用するのも◎

仕事でストレスが溜まった時に使用するのも◎

この呼吸法を行うとなぜすぐに眠くなり、また心地よく眠れるのかというとこの呼吸法は副交感神経を優位にしてくれるからだそう。副交感神経が優位になると体はリラックスした状態になり質の良い睡眠をとることができます。さらにストレス解消効果もあるので、日中、仕事で緊張したりリラックスしたりしたい時にも使えそうですね。

覚えておくと便利「4-7-8呼吸法」のやり方

呼吸法は鼻から息を吸って口から吐ききる

呼吸法は鼻から息を吸って口から吐ききる

さて、肝心の4-7-8呼吸法のやり方ですが、いたってシンプルです。
・まず口を閉じて鼻から4秒かけて息を吸います。
・そのまま7秒間、息を止めます。
・今度は8秒かけて口から息を吐ききります。
以上を1セットとして、4セット行います。慣れてきたら8セットにしても良いそうです。

4-7-8呼吸法の4-7-8は秒数よりも比率が大切

秒数を気にするよりもそれぞれの比率を正確に

秒数を気にするよりもそれぞれの比率を正確に

4-7-8呼吸法の注意点ですが、やり方に4秒や7秒と書いていますが、これは正確にこの秒数が必要なのではなく、大切なのは全体の4-7-8の比率です。なので、同じテンポで数えるようにすれば正確な秒数ではなくてかまいません。数えるテンポとして、呼吸に無理のないテンポで行うようにしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

低反発マットレスには3つのメリットがある!睡眠を改善するベッドとマットレスの選び方と…

私達人間が健康的な生活を行う上で最も重要なのが睡眠です。 その睡眠が疎かになるとあらゆるトラブルを招く原因…

寝れないだけじゃない!寝すぎも睡眠障害の一つって本当?

皆さん、寝すぎて眠いという感覚になったことはありませんか?実はそれ、睡眠障害の一種なんです。今回は過眠症につ…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

騒音や雑音をシャットアウトして脳を休めよう!質の良い睡眠をとるためにおすすめの耳栓は…

質の良い睡眠をとるためには雑音や騒音をシャットアウトして体と脳を休めてあげることが大切。そこで、睡眠におすす…

ここまで進化した?眠れない夜が続いた時に持っておきたい最新安眠グッズ

毎晩よく眠れていたのに、突然の事件やストレスで眠れなくなったというのはよくある事です。そんな人に知ってもらい…

実は安眠効果がある!においは気になるけど夜はにんにくを食べてぐっすり眠ろう

お肌や心身の健康状態を保つためには、睡眠時間をたっぷり設けることも大切ですが、睡眠の質を向上させる必要があり…

22時〜2時には眠るのが定説?睡眠時間のゴールデンタイムとは?

睡眠は量より質といわれます。ではどんな眠りが質のよい眠りなのでしょうか。いろいろな要素がありますが、眠る時間…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

寝る1〜2時間前から部屋の照明を暗くして暖色系の光にかえてみよう

寝つきが悪かったり、朝起きた時にすっきりしなかったりする方は寝る1〜2時間前に部屋の照明を暗くして暖色系の光…

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!