時差ぼけを起こす原因とは?

海外旅行や出張をされたことのある方の多くが経験する急性の睡眠障害、いわゆる「時差ぼけ」。

時差ぼけが起こる原因は明白で、私たち日本人の体内は日本時間に合わせた体内時計を持っています。それが時差がある国を訪れることによって、実際の時間と体内時計が大きくずれるわけです。

それにより、朝なのに眠い、夜なのに寝付けないなど、体が順応するまでは睡眠障害を起こすこととなります。

時差ぼけになりやすい人とは?

意外にも朝型人間の方が時差ぼけになりやすいと言われています。規則正く体内時計が動くことにより、返って時差ぼけを起こしやすいのです。

また若い人に比べて中高年者の方が、時差ぼけによる睡眠障害や疲労感が強くなり、睡眠の効率が悪くなります。歳を取れば取るほど順応力が衰え、時差ぼけになりやすいのです。

苦しい時差ぼけの改善方法

できるだけ時差ぼけを起こしたくない、起こしても早く改善したいですよね。時差ぼけを改善するには、出発前の準備、機内での過ごし方が重要です。

睡眠不足が時差ぼけの大きな原因となります。出発前は、昼寝、マイクロスリープなど、睡眠時間を取るよう心がけてください。
また機内では、現地の時間に合わせて生活を送りましょう。機内食も現地時間に合わせて出ますので、食べたくなくても無理に食べた方が体内時計が現地時間に合ってきます。

現地に着いてからも変な時間に眠くなったりする場合は、1時半〜3時間のショートスリープをして、徐々に体内時計を合わせていくと良いです。

時差ぼけに事前準備が重要

つらい時差ぼけも事前準備でいくらでも予防と改善ができます。できるだけ薬に頼らず、昼寝や機内での生活で体内時計を調整したいですね。
時差ぼけを早く改善し、現地の生活になれて楽しいひとときを過ごしましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

朝起きたら目元が二重に!?夜用アイプチが最近人気の理由は?

眠っている間にクセづけして、朝起きたらぱっちり二重がお目見え♪夜にも使えるアイプチが人気なんです。今回は夜用…

毎日のイライラの原因はこれ?イライラ防止に気を付けるべきポイントとは?

なんだか毎日イライラする・・・。今まではスムーズに眠れたのに最近は夜中に何度も目が覚めてしまう・・・。という…

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

孤独を愛する性格の人は睡眠で共通点がある?その睡眠の特徴とは?

「何時に眠るのが良くて何時に起床するのが最適なのか」という疑問は誰しもが抱えているものかと思います。あなたの…

揚げ物は睡眠に悪い食べ物?消化に悪い食べ物と食事が睡眠に及ぼす影響は

消化に悪い食べ物は睡眠に悪い食べ物と言われるのは本当でしょうか?揚げ物は胃がもたれて、睡眠に大きな影響がある…

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

ベッドルームにオススメ!柔らかく漏れるような光を作る「コーニス照明」とは?

壁のうえから柔らかい光が漏れるような照明は魅力的ですよね。リラックス効果がで安眠も期待できるそのオススメの照…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!