毎日必ず行われる睡眠ですが、いつが行われるのがよいでしょうか?睡眠のゴールデンタイムは体内時計を保ち、成長ホルモンをもっとも分泌する時間です。正しい知識をもって睡眠のリズムを保つことができれば、良い睡眠を得られることになります。睡眠の質を高めることができれば、自ずと人生の質が高まって行くことになります。

いつ眠ればいいのか

いつ眠ればいいのか

人間の生活リズムを刻む体内時計を保つには・・・

いつ眠ればいいのでしょうか?

いつ眠ればいいのでしょうか?

睡眠にはゴールデンタイムがあります。定説は午後10時から午前2時の間の4時間です。
これは体内時計を保つためです。人間の体には体内時計が備わっています。朝になれば、体が動き出し、暗くなってゆけば自ずと眠たくなってきます。人間の生活リズムが刻まれているのです。

毎日必ず行われる睡眠ですが、いつが行われるのがよいでしょうか?睡眠のゴールデンタイムは体内時計を保ち、成長ホルモンをもっとも分泌する時間です。正しい知識をもって睡眠のリズムを保つことができれば、良い睡眠を得られることになります。睡眠の質を高めることができれば、自ずと人生の質が高まって行くことになります。

朝日でリセットされる体内時計

毎日、朝日を浴びたい

毎日、朝日を浴びたい

様々なライフスタイルがありますが、一般的に言って、体内時計は朝日を浴びることでリセットされます。これによって毎日一定のリズムを刻むことができます。リセットが行われないと、生活リズムが乱れ、ホルモン分泌や血圧、自律神経を調節する機能に変化が生じてしまいます。

毎朝、朝日を浴びることに起床できれば、体内時計をリセットできて、変調を来し難くなります。ですから、6時前後に起床するためにも午後10時ころ眠りに就くのが最適であると言われています。

最も深い眠りはいつ?

時が大切なことは誰でも知っている

時が大切なことは誰でも知っている

この睡眠のゴールデンタイムは別の意味でも重要です。それは寝ている間で最も大切な時間とも使われます。いつ寝るのかではなく、寝始めてから3時間が睡眠にとってのゴールデンタイムということになります。この3時間は、すべての睡眠時間中で最も深いノンレム睡眠が現れるからです。

体を修復する成長ホルモンはゴールデンタイムに大活躍

大人だって常に成長している

大人だって常に成長している

この間に多量に成長ホルモンが分泌され、体が生まれ変わります。骨格や筋肉の修復や合成、脂肪の燃焼、免疫力の増強、肌の修復作業など成長ホルモンの占める役割は大きいですね。この3時間の中でも、初めの90分は活発に成長ホルモンが分泌され、明け方を迎えるにつれて、眠りは浅くなり、成長ホルモンの分泌量は低下してゆくことになります。

まとめ

人生の約30パーセントを占めるといわれる睡眠。惰眠をむさぼるだけではなく、正しい知識をもって睡眠のリズムを保つことができれば、良い睡眠を得られることになりますね。睡眠の質を高めることができれば、自ずと人生の質が高まって行くことになりますね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?