うつ伏せで寝ると、酸素不足により睡眠の質が低下

うつ伏せで寝ると肺などの呼吸器が圧迫され、呼吸が浅くなりがちになります。そうなるると十分な酸素が得られず、酸素不足=眠りが浅く、睡眠の質が悪いという結果に。

質の高い睡眠を得るためには、うつ伏せで寝るのは止めましょう。

うつ伏せで寝るのは危険!体が歪む原因に

人類以外の脊椎動物(犬や猫、馬など)がうつ伏せで寝ていることから、うつ伏せで寝るのはごく自然なことと思われがちですが、実は二足歩行をする人間にとってうつ伏せで寝るということは、体の歪みを作る原因になるのを知っていますか?

うつ伏せで寝ると胸部が強く圧迫され、その結果胸部を中心に全身の骨格が歪み、腰痛や顎関節症、O脚などが起きるリスクがあります。こういった歪みも睡眠の質を下げる原因になりますので、注意が必要です。

うつ伏せ寝は体の歪みだけでなく、肩こりの原因に

前述の通り、うつ伏せ寝は体の歪みを作る原因となりますが、それ以外にも肩こりが大きく関わってきます。

うつ伏せ寝は呼吸をするために、首を左右どちらかに振りますよね。そうするとどちらかの首、肩に大きく負担がかかります。それによって肩こりを引き起こす原因になるのです。

今日から寝姿勢を改善しませんか?

本日はうつ伏せ寝のリスクをご紹介しました。

人それぞれ寝やすい寝方がありますが、少しでも睡眠の質を高くするには、寝るときの姿勢が重要不可欠となっています。

ちゃんと寝てるのに疲れが取れない、体が痛いという方、うつ伏せで寝ていませんか?姿勢を変えるだけで、同じ睡眠時間でも眠りの質は全然違います。ぜひ改善してみはいかがでしょうか。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

不眠症が老化を促進している?睡眠障害はアンチエイジングの敵!

不眠症になると老化が進みやすくなるそうです。まさに、睡眠障害はアンチエイジングの敵とも呼べる存在です。体に何…

それこそ睡眠に悪い食事!深い眠りを妨げるアルコール摂取に晩酌も寝酒もNG?

眠れない夜、お酒を飲んでから眠る人も多いと思います。でも、ちょっと待ってください。睡眠改善のためにしている行…

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

日本人に最適な睡眠時間は何時間?睡眠時間が長寿の秘訣!

日本人の平均睡眠時間は7~8時間程度とされています。この睡眠時間が健康的で、最も寿命が長いと言われています。…

睡眠障害で病院を訪れる前に準備するものやおすすめの総合病院をご紹介!

睡眠障害とひと言で呼んでも、その症状には個人差が見られます。 夜の寝つきが悪い不眠症や、夜十分な睡眠をとっ…

脳波でわかる睡眠状態!精神活動中のβ波睡眠とは

睡眠障害=寝たくても寝られない状態は、脳から出ている脳波「β波」と関係があるんです。睡眠薬を手にする前に、コ…

睡眠不足は病院で直そう!おすすめの睡眠系治療をおこなう病院をご紹介【東京版】

睡眠に関するもmん代を改善するためには病院の手を借りるのもひとつの手段です!今回は東京でおすすめの総合病院を…

寝る前の食事には要注意!夜遅く食事をとる時に注意しなきゃいけないことは?

「就寝前に何か食べないと空腹感で目が覚めてしまう・・・。」という方は多いかと思います。今回は食事と睡眠との関…

睡眠改善の悩みによって異なる寝具の選び方や寝る前の睡眠用BGM音楽の選曲のポイント

「最近あまり寝た感じがしない」、「寝ようとしても中々寝付けない」など、睡眠に関する悩みにはさまざまな種類があ…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?