ライフスタイルの変化によって、現代人は睡眠のゴールデンタイムとされてきた夜22時~深夜2時にしっかり眠ることが難しくなりました。

美容を気づかう女性にとっては気がかりですが、近年では「ゴールデンタイム=22時~深夜2時」説に異をとなえる専門家が増えてきました。

そもそもゴールデンタイムってなに?

ゴールデンタイムとは、美肌づくりや子供の成長に欠かせない「成長ホルモン」がたくさん分泌される時間帯のことです。

少し前までは夜22時~深夜2時がゴールデンタイムと考えられており、この時間にきちんと布団に入って眠ることで成長ホルモンが活発に分泌されると考えられてきました。

現代人のライフスタイルでは、22時~2時に寝るのは難しい

近年はライフスタイルの変化により夜でも昼同様に活動することが可能になり、また長時間の残業や不規則な勤務時間を強いられることも増えました。

そのため夜22時~深夜2時にきちんと睡眠をとることが難しくなり、また「美容のために!」と無理に眠ろうとして逆にストレスを抱えてしまうことも…

本当のゴールデンタイムは「入眠後3時間」

最近主流の説によると、本当に成長ホルモンがたくさん分泌される時間は「22時~2時」ではなく「時間にかかわらず、入眠後約3時間」だそうです。

無理に寝る時間を決めるより、眠り始めの3時間にどれだけ熟睡できるかが大切というわけですね。

まとめ

健康のために早寝・早起きが良いことには変わりありませんが、忙しい現代人にとってはなかなか難しいですね。

眠る時間ばかりにとらわれてストレスになっては本末転倒なので、まずは眠りそのものの質の向上を目指しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

睡眠時間で異なる種類や6時間未満の短時間睡眠者ショートスリーパーの割合や特徴

1日に必要な睡眠時間は5時間という方もいれば9時間必要という方もいます。 6時間の睡眠時間で十分という方を…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

睡眠時間は短いけど健康!ショートスリーパーはここが良い!

睡眠時間が平均より少し少ないけど、勝手に目が覚めてしまう。そんな方はショートスリーパーなのかも。では、ショー…

ここまで進化した?眠れない夜が続いた時に持っておきたい最新安眠グッズ

毎晩よく眠れていたのに、突然の事件やストレスで眠れなくなったというのはよくある事です。そんな人に知ってもらい…

ロングスリーパーは夢をコントロールできる!?独自の世界観で生きる睡眠時間の長い種類の…

今回は長い睡眠時間が必要な種類の人「ロングスリーバー」について紹介します。天才肌の研究者に多く見られるロング…

睡眠の種類“ノンレム睡眠”の謎!深い睡眠をとることが健康の秘訣。

睡眠の種類には、浅い睡眠の“レム睡眠”、深い睡眠の“ノンレム睡眠”の二つが存在します。 言葉だけは聞いたこと…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

夫婦円満の敵!いびきの予防と対策グッズを総まとめ

好きな人のイビキで眠れない、自分のイビキが迷惑になっている。そんな悩みはイビキを予防する対策グッズで解消しま…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

「一睡もできなかった」そんな翌朝を乗り切る4つの方法

仕事や勉強などで夜更かし・徹夜した日の翌朝。「疲れたから」なんて休むわけにいかないときは、こうして乗り切りま…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!