眠気スイッチ!万能ツボ・百会を刺激する!

百会というツボは、その名が示す通り『百の経絡が会うところ』と言われる万能ツボです。百会がどこのツボなのか、刺激するのが良いのか。今回は2つの方法をご紹介させていただきます。

どこに百会はあるの?

百会とはちょうど頭のてっぺんにあります。両耳のラインを頭の上で結んだちょうど真ん中です。少し柔らかくなっていて、押すと少し凹む場所です。

なんで百会が万能ツボなの?

百会は気の流れの収束点であり、自律神経と直結し、その働きを整えてくれるところです。自律神経は内臓や血管機能をコントロールしているので、百会を刺激することで身体の内から整えることになります。
また、ストレスや不規則な生活で交感神経優位に偏った状態も整えられます。交感神経と副交換神経のバランスが整うことで、不眠の解消にもつながるのです。

百会を刺激する方法について、今回は2つご紹介させていただきます。

指で押すだけ!

超簡単。指で百会を1分間押し続けるだけです。
20秒間隔くらいで、押したり緩めたりを繰り返すだけでもOKです。凝っていて頭が硬い方は、握りこぶしを作って、指の関節で押してあげると良いかもしれません。

ウサギのポーズ

ヨガのうさぎのポーズで百会を刺激しましょう。
正座の姿勢から頭を床につけて、かかとからお尻を浮かせていきます。
頭頂を床につけてキープです。首に負担がかからないようにお腹を引き上げて体重のバランスをとりましょう。もし、手を床から話せそうだったら、背中で両手の指を組んでストレッチしてあげると、身体の伸びも感じられます。

簡単ツボ押しを試してみてくださいね♪

いかがでしたでしょうか。押すだけで色んな効果がある百会で眠気スイッチを入れて今日もいい夢みましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

その名も「安眠(あんみん)」!ぐっすり眠れるツボは耳の後ろ側にある

毎朝スッキリしない・・・その原因は眠りが浅いからかもしれません。深い眠りが手に入れられるツボ・安眠(あんみん…

心を鎮めるツボ「失眠」で安眠!神経の高ぶって眠れない夜は、つぼ押しで睡眠の改善を

気になることがあったり、夜遅くまで仕事をした日は、神経が高ぶって眠れないことも。そんな時は心を鎮めるツボ「失…

その名も「安眠」!眠りの質を改善するツボを押して、安眠へと旅立とう

「安眠」というツボをご存知ですか?名前の通り安眠を誘い、眠りの質を改善するツボについてご紹介!

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

万能ツボと呼ばれる百会(ひゃくえ)で睡眠不足を解消しよう

日本人の5人に1人が睡眠不足とされている現代社会。寝不足に悩まされている方は多数存在しますが、改善するために…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

不眠症の改善にはストレスを取り除く!?湧泉のツボ押しでスッキリが気持ちいいい♡

身体の疲れや、心のストレスを取り除く方法の一つにマッサージがあります。直接筋肉に働きかけるようにマッサージを…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

不眠症改善に!疲労や冷え、不眠にも効果がある「湧泉(ゆうせん)」は万能なツボ

不眠を改善するなら、お手軽なツボ押しをしてみませんか?安眠をもたらす湧泉(ゆうせん)の場所と押し方をご紹介し…

明日のために早くぐっすり眠りたいは良く眠れるツボ「百会」で快眠する!

翌朝、会議の準備で早く出社しないといけない。子供の遠足で早く起きてお弁当を作らないと。などなど早起きしなくて…

下半身の冷えも解決!? 寝る前に1分失眠のツボを押して睡眠の質を改善しよう!

眠れない時にただ足の裏のあるツボを押すだけで睡魔が訪れてくれるなら、皆さんはそのツボを知っておきたいと思いま…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!