バナナには、人間に欠かせない栄養素がたくさん

朝や運動前に食べると良いとされるバナナ。

バナナは手軽に食べれ、それでいて消化吸収がしやすい糖質が多く含まれており、素早いエネルギー補給ができます。

そんなバナナですが実は睡眠にも良い栄養素がたくさん含まれています。
夜なかなか寝付けないときや、寝る前に空腹を感じたときは是非バナナを食べましょう。

夜バナナが快眠に良いとされる秘密

睡眠には「マグネシウム」と「カリウム」その他ビタミンなどの多くの栄養素を必要とします。これらが欠乏すると、不眠や寝つきが悪いなどの睡眠障害を起こす原因となります。

実はバナナには、神経の興奮を抑えリラックス効果があるマグネシウムや、筋肉の収縮をスムーズにするカリウム、睡眠を誘うセロトニンというホルモンを作り出すトリプトファンとビタミンB6が含まれています。

バナナには睡眠に必要な要素がたくさん含まれているんですね。

おすすめのバナナの食べ方

皮を剥くだけで簡単に食べられるバナナですが、一手間加えるだけで色々な食べ方ができるのも魅力的です。

乳製品にも睡眠に必要な栄養素が含まれていますので、ヨーグルトにバナナを加えたり、ミルクと一緒にミキサーにかけてシェイクにすると飲みやすくておすすめです。

バナナには糖質が多く含まれていますので、食べ過ぎるとお腹がゆるくなります。お腹が弱い方は、食べる量を調節するといいでしょう。

夜バナナ生活を始めませんか?

いかがでしたか?バナナには睡眠に欠かせない栄養素が豊富に含まれていることがわかりました。

疲れていて今日は寝つきが悪そうだな、寝たいのに眠れないなんてときは、ぜひバナナを食べてみてください。

あっという間に睡眠効果が得られるはずです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

夜中に起きて眠れなくなる!頻繁におきてしまう中途覚醒の予防法

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒は辛いものですね。この記事ではそんな辛い中途覚醒の原因や対処法を解説しました。…

ひょっとしたらナルコレプシー?日中の強い眠気は治療で改善!

ナルコレプシーは過眠症の一種で睡眠発作と呼ばれる耐えられない眠気に襲われて日中に何度も眠ってしまいます。治療…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

中高年から注意 早すぎる時間に眠ってしまう睡眠相前進症候群について

睡眠相前進症候群は40歳くらい肩起こりやすい睡眠障害で、早い時間に眠ってしまいます。仕事などに影響することも…

メラトニンはサプリメントで補給できる!生活リズムを整える最も手軽な方法

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠に大きな影響を与えます。サプリメントで摂取することも可能ですので、…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

寝具の改善よりもヒーリングミュージック?音楽が睡眠にもたらすスゴい効果

ヒーリング・ミュージックを聴くと、寝具の改善よりも安眠効果が!心地よい音楽と、睡眠の関係とは?

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!