昼間はあんなに活発に働いたんだから、夜の就寝時には良質な睡眠をとりたいな・・・。という思いは誰もが抱くものなのではないでしょうか?

今回は意外と知らない睡眠の基礎知識!睡眠の種類やステージ4の深い睡眠などノンレム睡眠の段階についてご紹介したいと思います。

人間の睡眠は大きく分類して2つ存在する!

人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある!

人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある!

人間の睡眠は大きく分類して2つの種類が存在します。

それは比較的認識されているレム睡眠とノンレム睡眠というものです。このレム睡眠とノンレム睡眠のそれぞれが、眠りに関する異なる特徴や役割を果たしているのです。

◆レム睡眠
レム睡眠は英語でREMと書いて、これはラピッドアイムーブメント→Rapid Eye Movement=急速眼球運動と訳します。
目玉がギョロッギョロッとテニスボールを追いかけるように動いているような状態、これをレム睡眠と言います。
レム睡眠は眠ると90分周期で現れ、朝方に向かってレム睡眠の割合が増えていきます。
レム睡眠の時に起こすと割りと明確に夢を覚えていることが多く、レム睡眠中に夢を見ている説が有力です。

ノンレム睡眠は睡眠全体の多くを占めている!

ノンレム睡眠は眠りの深さから4つの段階に分けられる!

ノンレム睡眠は眠りの深さから4つの段階に分けられる!

ノンレム睡眠は睡眠全体の多くを占めており、90分単位の睡眠サイクルに関してもおよそ70分がノンレム睡眠となります。

ノンレム睡眠はその眠りの深さから4つの段階に分けられていて、眠りに入った後およそ3時間で最も深い睡眠に到達し、その後は浅い段階の眠りが増加していきます。

ノンレム睡眠の特徴としては体を支える骨格筋はある程度の緊張状態にありますが、脳は休んでいる状態にあります。
そのため脳を休息させる役割がありますし、壊れたり傷付いたりした身体の組織等の修復には欠かせない睡眠になるのです。また深いノンレム睡眠時には成長ホルモンの分泌も大きく関わっていますから、成長期には特に必要な睡眠です。

ノンレム睡眠は覚醒度によって段階が定義されている!

ノンレム睡眠は第一段階から第四段階まで定義されている!

ノンレム睡眠は第一段階から第四段階まで定義されている!

上記でも少し延べましたが、ノンレム睡眠は覚醒度によって睡眠第一段階から第四段階まで、段階が定義されています。

ノンレム睡眠はレム睡眠じゃない睡眠状態の総称となるため、脳が眠りについた状態であると表現されます。

■睡眠第1段階
入眠時で眠気がさしているが、身体に触れただけで起きる程度に意識があるような状態です。
脳波ではアルファ波が減り、シータ波とベータ波が混ざって出現します。
「アルファ波の割合が50%以下になると睡眠第1段階」と定義付けられています。
短い夢を見ることがあり、まどろみ期、入眠期とも言われます。
全睡眠時間のおよそ5%程度。
■睡眠第2段階
浅い眠りに入った状態で、俗に言う「すやすや眠った状態」で、軽く寝息を立てている状態です。
比較的安定した睡眠状態で、ノンレム睡眠の中では最も割合が多く、このとき、意識はなくなっています。
脳波の特徴としては睡眠紡錘波とK複合波が出現した状態。
■睡眠第3段階
脳波ではシータ波が20%以上50%未満を占める状態。
完全に意識が無くなった深い眠りに入った状態で、徐波睡眠、深睡眠とも言われます。
体温は低下し、呼吸や心拍数は減少します。
全睡眠時間のおよそ10%程度
■睡眠第4段階
脳波ではシータ波が50%以上を占める段階。
最も深い眠りの状態。
徐波睡眠、深睡眠。
全睡眠時間のおよそ10%程度

出典:睡眠とは

まとめ

いかがでしょうか?

人間の睡眠は大きく分類してノンレム睡眠とレム睡眠の2つがあり、ノンレム睡眠は覚醒度によって段階が定義されているということを、ご存知いただけたかと思います。

ノンレム睡眠とレム睡眠はそれぞれが交互の出現して、波のように繰り返す特徴がありますので、参考程度に留めておいてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

豆電球だと熟睡しにくい?深い眠りにつきたい方に知ってほしい改善法

寝る時は真っ暗より豆電球くらいがちょうど良いと思っている方!本当にそれで大丈夫?深い眠りにつきたいなら、豆電…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

睡眠障害の種類は“不眠症”だけじゃない!様々な睡眠障害で治し方が異なる!

“不眠症”には、様々な種類があることを知っていましたか? 原因・症状がそれぞれ違う“不眠症”の種類についてま…

バランスが取れている人が組織には必要!睡眠時間の種類の中で最も順応性が高いのはバリュ…

今回は睡眠時間の種類の中で最もバランスが取れているバリュアブルスリーパーについてご紹介します。

足枕効果で心も体もスッキリで足むくみも解消!?深い眠りに効果的な習慣を!

足枕を使ったことはありますか?足枕をするだけで、睡眠の質がとても変わります。むくみ解消、疲労回復に足枕を使用…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

時差ぼけで起きる睡眠障害の改善方法!

海外旅行や出張でつらい時差ぼけの経験はありませんか?時差ぼけを起こすと体調不良で何も手付かずになりますよね。…

暑い季節の寝具はどうすればいいの?夏にむけて揃えておきたいオススメ寝具

夏は暑くてすぐに寝れないということが多いですよね。かといってエアコンをつけたまま寝てしまうと翌日かぜをひいて…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

肥満や顎が小さいとかかりやすい?睡眠障害の種類のひとつ“睡眠呼吸障害”とは

睡眠障害=不眠症というイメージが大きいのではないでしょうか? 実は、睡眠障害の種類はさまざまで、日本でも多く…

人はなぜ眠るのか?脳と心身の疲れを癒す睡眠の起源を知ろう

人はなぜ眠るの?その起源を探って行くと面白い事実を知る事に。人間は進化の途中で睡眠をコントロールする方法を変…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!