1日の疲れをリフレッシュして、質の良い睡眠をとりたいという思いは誰しもが抱くものですよね?

睡眠の質に悩まされている方の場合は特にそうだと思うのですが、今回は睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠について解説していきたいと思います。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という種類がある!

レム睡眠は身体を休ませる睡眠!

レム睡眠は身体を休ませる睡眠!

睡眠には異なる性質をもつレム睡眠とノンレム睡眠があります。

何となく耳にしたことがあるという方も多いと思いますが、レム睡眠は睡眠中でも目玉が動いて脳は覚醒した状態となりますから、浅い眠りになります。

全身の力が抜けた状態で、身体を休ませる睡眠と捉えると分かりやすかと思います!

なぜ脳が覚醒しているのかというと、寝るまでに脳に蓄積された情報を処理し、記憶を固定してるからです。夢をみるのはレム睡眠中が多いのはこの為と考えられます。

ノンレム睡眠は熟睡した状態の深い睡眠状態を指す

ノンレム睡眠は脳を休ませている状態

ノンレム睡眠は脳を休ませている状態

ノンレム睡眠の場合は熟睡した深い睡眠の状態を指し、ホルモンの分泌も行っています。

この状態の大脳皮質は活動力を低下させていて、脳を休ませていると捉えると分かりやすいかと思います。

多少の音が鳴っても脳が認識しないため、目が覚めることはありません。

長時間眠っても「よく眠った」気がしない(頭がすっきりしない)のは、ノンレム睡眠が上手くとれてない可能性があります。

ノンレム睡眠には4つの段階が存在する

睡眠の段階は約90分程度の間隔で出現する!

睡眠の段階は約90分程度の間隔で出現する!

睡眠の生理に関しては、脳波の記録や眼球の動作の観察などによって、あらゆることが判明しています。

このような記録や観察によると、ノンレム睡眠などの睡眠には4つの段階があるそうです!

その睡眠の段階はおよそ90分程度の間隔で出現する傾向が見られています。

近年、睡眠の生理については、脳波の記録と眼球の動きの観察とから、いろいろなことがわかってきました。
 それによると、睡眠には4つの段階があるというのです 。  
 第1期はうとうとと眠り始める時期です。
 この時期は、いわば目が覚めているのと眠っているのとの中間の状態で、もしも何かの刺激があれば、すぐにまた目を覚まします。
しかしそういうことがなければ、数分後には次の段階に移行します。
 第2期では明らかに眠っている状態になります。
しかし、それはまだ非常に軽い眠りで、ちょっとした刺激で、たやすく目を覚まします。
この時期から後、眼球は眠ったままでゆっくりきょろきょろと動くようになります。
 眠りは第2期から第3期へと進んで、いっそう深くなります。
 その時期には、筋肉はだらりと緊張がなくなり、脈は遅く、体温は低く、血圧は下がります。そしていろいろの刺激がおこっても、ほとんど影響を受けません。
 さらに眠りはしだいに第4期に入っていきます。
 そうなりますと、外部からよほど強い刺激を与えないと、目を覚ましません。
これは眠り始めて1時間ぐらいの時期に相当することが多いようです。
 以上の4つの時期について、それぞれ特有の脳波所見が認められています。

まとめ

いかがでしょうか?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という種類があり、レム睡眠の場合は身体を休ませ、ノンレム睡眠の場合は脳を休ませている状態であるということを、ご存知いただけたかと思います。

第3期になるとノンレム睡眠の持続も短くなりますので、参考程度に留めておいてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠不足で忘れっぽくなる?ストップ!記憶力の低下

最近忘れっぽいと感じるあなた。ちゃんと寝れていますか? 睡眠不足による記憶力低下を今すぐに見直しましょう!

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

不眠の理由は心理的原因が関係している!あなたは大丈夫?

不安で眠れない。イライラする。それは心理的原因が関係しているかも?あなたの睡眠に影響を及ぼしているかどうかチ…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

90分間の倍数で寝ると良い!?睡眠の質を高める方法<睡眠時間編>

90の倍数で寝ると、質の良い睡眠がとれることを知っていましたか?睡眠時間を周期に合わせると、目覚めの良い朝を…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

全身を温めるしょうがには安眠効果も?食事は睡眠3時間前に済ましましょう

日常生活を活動的に過ごすために必要な睡眠。そんな睡眠の質を向上させたいという方はたくさんいるかと思います。 …

寝る前に考え事が増えてない!?それが睡眠の質が悪い原因のひとつの可能性がある?

睡眠の質が悪い原因の一つは寝る前の考え事かもしれません。ついつい一日を振り返ってブルーになったり、明日起きら…

人はなぜ眠るのか?脳と心身の疲れを癒す睡眠の起源を知ろう

人はなぜ眠るの?その起源を探って行くと面白い事実を知る事に。人間は進化の途中で睡眠をコントロールする方法を変…

寝る前にスマホやTVを見ることがある人!それが睡眠の質が悪い原因のひとつかも!

今回は就寝前のスマホやTVを見ることで起きる体への悪影響についてまとめます。ついついやってしまう夜更かしにも…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!