寝酒をすると寝つきがよくなるのは事実。
しかし、その寝つきの良さは“質の良い睡眠”を犠牲にしたものなのです。

寝酒やアルコールに頼ってばかりいると、身体にはさまざまな悪循環が…。

質の良い睡眠を得るためには、アルコールと程よい付き合い方をする必要があります。

寝酒は“深い眠り”を減らす

アルコールは睡眠を妨げる

アルコールは睡眠を妨げる

アルコールには、深い眠りである“徐波睡眠”を減らしてしまう作用があります。
不眠に悩む方はとくに寝酒に頼ってしまいがちですが、寝酒に頼った睡眠はたとえ寝つきが良くても“浅くて質の悪い睡眠”になってしまっているのです。

その結果、疲れた取れない、熟睡感が得られない、という不眠の症状が出てくることになります。

夜中や朝方に目が覚めてしまうことも。

夜中に目が覚めるのは寝酒のせい…?

夜中に目が覚めるのは寝酒のせい…?

寝酒をして眠ると、質の悪い睡眠になっているので夜中や早朝に目が覚めてしまい、寝ようと思っているのに眠れなくなることもあります。
原因は、アルコールが脳を麻痺させ、睡眠の制限ができなくなっているから。

つまり、寝酒を飲んで睡眠を取る場合、“自然の眠り”とは違い、脳を麻痺させて眠っているだけということになるのです。

質の良い睡眠を得るためには寝酒はやめましょう。

寝酒はやめたほうが良いでしょう。

寝酒はやめたほうが良いでしょう。

そのほかにも、筋肉弛緩作用のせいで呼吸が苦しくなってしまったり、夜中にトイレにいきたくなったり…
寝酒は、睡眠に本当に悪影響。
寝酒の習慣があるという方は、辛いでしょうが、努力をしてやめることをおすすめします。

まとめ

寝酒に頼り睡眠しているという人には大変辛い事実ですが、今後質の良い眠りを得るために寝酒は控えましょう。

どうしてもアルコールが飲みたい場合は、ノンアルコールビールを飲むことをおすすめします。
実は、ノンアルコールビールには睡眠を妨げる作用ではなく、良い睡眠をとるために効果的だということが、研究でわかっています。

アルコールが原因で、質の良い睡眠がとれていない方は、寝酒をやめノンアルコールビールを飲むことをおすすめします。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!