睡眠とは人間にとって欠かせないもの。

人間の脳には、“神経伝達物質”が存在し、感情や記憶、運動機能、睡眠などの重要な機能に深く影響しています。

そんな神経伝達物質の中で特に重要な物質が、“ノルアドレナリン”。
ノルアドレナリンを増やすことで、睡眠の質が上がると言われています。

ノルアドレナリンって何?

神経伝達物質の一種

神経伝達物質の一種

先ほどから何度もでているワード“ノルアドレナリン”。
これは、神経伝達物質の一つで、ドーパミンとセロトニンと並び「3大神経伝達物質」と呼ばれている物質です。

自律神経に働きかけ脳や身体を覚醒させる物質で、精神や環境ストレスなどに反応します。

このノルアドレナリンが多く分泌すると、睡眠の質が上がったり、集中力がアップしたり、パフォーマンスを向上させたり、ストレスを受けたき順応させる効果があります。

ノルアドレナリンが不足すると…

ストレスに弱くなってしまう

ストレスに弱くなってしまう

ノルアドレナリンはバランス良く分泌されていることが条件。

不足してしまうとストレスに弱くなり、やる気が出なくなったり、ぼーっとしたり、注意力や判断力までもおちてしまいます。
つまりは、睡眠の質も落としてしまうということ…。

この状況が続いてしまうと、鬱病などの精神病にかかってしまうこともあります。

そうならないためにも、ノルアドレナリンがバランス良く分泌できるように手助けしなければならないのです。

ノルアドレナリンを増やす方法

ストレス発散が大切!

ストレス発散が大切!

ノルアドレナリンをバランスよく分泌させるためには、3大神経伝達物質のひとつ、“セロトニン”を増やすことが重要。
セロトニンを増やすことでノルアドレナリンが不足・過剰になるのを防いでくれるのです。

セロトニンを増やすためには、規則正しい生活をとることが一番大切。

また、ストレスを溜め込まず発散することも重要です。

趣味など、好きなことに没頭できる時間を少しでも良いのでとり、ストレスのない生活を送りましょう。

まとめ

質の良い睡眠をとるためには、3大神経伝達物質のひとつである“ノルアドレナリン”をバランスよく分泌させることが重要。

睡眠不足の状態ではストレスを受けやすくなってしまうので、できるだけ午前12時までには寝て、毎日6~8時間睡眠を取るようにしましょう。
しっかり睡眠時間をとることで、質の良い睡眠にも繋がります。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!