周期性四肢運動障害は眠っている間に手や脚に瞬間的なけいれんが起こる障害のことです。これが起こると不快感だけではなく、眼が覚めると脚が疲れていたり、眠りが浅くなるなど様々に睡眠を妨げます。この障害についてしっかり理解しましょう。

周期性四肢運動障害ってなんでしょう?

周期性四肢運動障害とは眠っている間に手や脚の筋肉がけいれんし眠りが中断されてしまう障害です。特に気をつけたいのが中高年。この障害は中高年から多くなると言われています。また、けいれんだけではなく単にピクピクする場合もあります。心当たりはありませんか?

どんな人が障害を起こしやすい?

この障害を起こしやすいのは中高年や抗うつ剤などを服用している人です。また腎透析を受けている方にも多く見られると言われます。加齢とともにこの障害を持つ人の割合が増えていくことも特徴です。

周期性四肢運動障害の治療 医師に相談しましょう

出典:̃AM[ł̎lXł

治療法は医師に診てもらうことです。この障害は眠りぎわやレム睡眠時に起こるため、入眠を妨げられたり中途覚醒が生じたりします。そのため熟睡感を得ることができず、イライラやストレスの原因にもなります。幸い、手足のけいれんを抑える薬がありますので医師に相談しましょう。

まとめ

眠り際に手や脚がピクピクしたり、朝起きたら布団を蹴飛ばしている人はこの障害の可能性が高いです。熟睡感は得られていますか?心当たりがある方は、睡眠を妨げるこの障害を治療して良質な睡眠を手に入れましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!