生理学的原因といっても、あまりピンとこないですよね。
簡単にいえば、普段の生活スタイルが原因で不眠症になってしまうというもの。
では、どんな生活を繰り返していると睡眠障害が起きやすいのでしょうか?

時差ぼけ

海外出張など

海外出張など

仕事の関係によって、どうしても海外出張が多くなってしまう方もいますよね。
そんな方に付きまとう問題が時差ぼけです。
体調不良を起こす方もいますし、それに伴って睡眠障害になってしまう恐れも。

生活リズムの変化

勤務時間が変わる

勤務時間が変わる

不規則な時間の仕事だったりすると起こる問題です。
夜勤の次は日勤、その次は早番など、働く時間に合わせて寝る時間も毎回調整しなければいけないですよね。これを繰り返すことで体調を崩し、睡眠障害になってしまうケースがあります。

昼夜逆転

昼間に寝る

昼間に寝る

お昼に寝て夜に活動をする、昼夜逆転の生活をしている方も例外ではありません。
人は夜行性ではないため、夜に寝たほうが安眠効果も高いです。
昼間だと眠りが浅くなってしまい、その結果睡眠障害に陥ってしまうのです。

引越し

住む環境が変わる

住む環境が変わる

住んでた家が変わると、感じる空気も変わります。
まるで他人の家のように感じてしまい、その慣れない雰囲気から安眠を阻害する原因となってしまいます。

入院

不安定に

不安定に

出典:c@l@qnË@Oa@

入院は誰しもが不安になりますよね。
自分は大丈夫なんだろうかと心配になりますし、生活環境がガラッと変わり、孤独感にも襲われます。安心できる材料がなく、不眠症になるケースは非常に多いです。

まとめ

生理学的原因は身近な原因でもあります。
特に繊細な方は、生理学的原因で不眠症などの睡眠障害に陥ることが多いと言われています。
環境が変わったら、慣れるまでに時間もかかりますから、何かリラックス効果のあるものを常に持っておくと良いですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

睡眠の質を改善しよう!睡眠の質が悪い原因や激しい運動の注意点とは

睡眠時間は十分にとったはずなのに、朝起床したときに疲れが残っていたり、眠気を感じることはありませんか? 今…

快眠の敵は夜食!どうしても夜食を食べたい時はこれを食べよう!

「毎日十分な睡眠時間をとっているはずなのに、朝の起床時は身体がだるくて重い・・・。」という症状に悩まされてい…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

心だけじゃない!?不眠の原因は身体的ストレスの可能性も!

一般的に睡眠障害というと精神的なストレスが原因と言われます。しかし心だけではなく、身体の状態も睡眠に大きな影…

スマホ、携帯はなぜ寝る前に見たらといけないの?

今の新常識は、寝る前にスマホや携帯を見ると睡眠の質が悪くなるということ。問題視されているこの問題を、なぜいけ…

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

寝る前にやってはいけない「激しい運動」。それはなぜなのか?

睡眠の妨げとなる原因の一つ、寝る前に激しい運動をすること。ではなぜ寝る前の激しい運動は睡眠の質を下げてしまう…

睡眠不足は病院で直そう!おすすめの睡眠系治療をおこなう病院をご紹介【東京版】

睡眠に関するもmん代を改善するためには病院の手を借りるのもひとつの手段です!今回は東京でおすすめの総合病院を…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

お風呂好きは要注意!熱めの入浴は睡眠の質が悪い原因かも!?

今回は体温と睡眠の関係についてまとめていきます。就寝前の熱めの入浴が楽しみの人は要注意です。睡眠の質が悪い原…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!