皆さんは夜にベッドに入って寝てから、朝起きるまで一度も目覚めず深く眠れていますか?もし何度も夜中に目覚めてしまう、あるいは寝てもすぐ起きてしまうならば、それは中途覚醒という症状を疑ったほうがいいかもしれません。

深く眠ることができない!中途覚醒とは?

不眠症の1つです

不眠症の1つです

中途覚醒とはその名の通り、脳が興奮状態にあってリラックスできていない状態であり、不眠症の1つに数えられます。寝てもすぐに起きてしまったり、夢をたくさん見るほど眠りが浅いなどの症状を引き起こし、睡眠不足の原因となっています。

睡眠不足は生活に支障をきたします

睡眠不足による恐ろしい症状とは?

睡眠不足による恐ろしい症状とは?

睡眠不足による症状は人によってさまざまあります。疲労感や集中力の低下をはじめ、肌の老化が早まったり免疫力が弱まったりします。ひどい場合には発がんリスクを高めたり心臓病などの病気を引き起こす可能性さえもあります。

深く眠るためには脳をリラックスさせることが必要

気持ちを落ち着かせよう

気持ちを落ち着かせよう

普段からストレスや不安を抱えていませんか?中途覚醒してしまう人の多くは、考えすぎによる思考オーバーが原因です。寝る前に家族や恋人と話したりなどして、気持ちを落ち着かせましょう。そうすればリラックスした状態で深く眠ることができます。

まとめ

中途覚醒は睡眠不足の原因となります。そして睡眠不足による症状は恐ろしいものばかりです。不安やストレスを取り除き、脳をリラックスさせた状態で寝ることができれば中途覚醒は起きません。日頃からの息抜きが大切なのです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!