部屋を適温にするために用いられるエアコン。
でもその使い方、間違っていませんか?

睡眠時に付けっぱなしは危険!

睡眠の質を下げる

睡眠の質を下げる

睡眠の質を下げるといわれている、付けっぱなしのエアコン。
寝ている間だけではなく、日中にも悪影響が出るほど危険なんです。

体温は一定ではない

変化するもの

変化するもの

体温は24時間変化します。
寝る前は適温だった部屋も、いざ眠りにつくと人の体温は低下していきます。
そのことを考慮せずにエアコンを起きている時の適温に設定していると、寝ている間に温度差を感じ、眠りが浅くなってしまうのです。

身体がだるくなる

自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

寝ている間の体内温度管理がうまくできないことによって、汗をかくことができなくなったり、血流が悪くなってしまったりなどの異常が発生し、自律神経に影響を及ぼします。
自律神経は心のバランスを保つ大切な役割のあるもので、自律神経が崩れてしまうと、不安感に襲われたり、身体のだるさを感じるようになります。

寝る2時間前に切る

付けっぱなしはダメ

付けっぱなしはダメ

一番良いのは、寝る2時間前にはエアコンを切ること。
こうすることで、ほんの少しエアコンによる涼しさや暖かさが残ります。
冷えすぎたり暑すぎたりを防げるので、睡眠の妨害になりにくいのです。

調整は布団でする

温度調整する

温度調整する

温度調整する時は掛け布団やタオルケットで行いましょう。
暑ければ寝ながら蹴飛ばすことができますし、寒ければ掛け布団をかければ良いですよね。
体温に合わせて、その時にうまく調整できるのが一番望ましいやり方です。

まとめ

エアコンを付けっぱなしにして寝るのが好き!という方もいらっしゃいますが、それに慣れてしまうと良くありません。
気づかないうちに体内で色々な変化が起きているかも。
エアコン生活に慣れすぎないよう、注意してくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠の質を改善しよう!睡眠の質が悪い原因や激しい運動の注意点とは

睡眠時間は十分にとったはずなのに、朝起床したときに疲れが残っていたり、眠気を感じることはありませんか? 今…

絶対朝寝坊したくない人へ!覚えておくべき3つの秘訣とは

職業柄寝坊できない!明日の朝は絶対起きないと!そんな朝寝坊したくないという人に、3つの秘訣をご紹介します。

布団に入ってからの考え事はNG!今すぐその癖を見直そう

布団に入ったらすぐ寝る癖をつけないと、不眠症の原因に。考え事をするのは今すぐにやめましょう!

睡眠の質を良くしよう!睡眠の質が悪い主な原因やうつ伏せで寝るメリット・デメリット

毎日の疲れをリフレッシュするために重要な役割を果たす睡眠の時間ですが、その寝方には個人差がありますよね? …

寝る子は育つは嘘じゃない!睡眠の質が悪さが結果的に成長ホルモンが減少し免疫力も低下す…

今回は子供成長を促すことで有名な「成長ホルモン」についてまとめます。実は社会人にこそ大切にして欲しいものです…

次の日の生産性を落としている!?睡眠の質が悪い原因は夜更かし!

今回は質が悪い睡眠の原因となる夜更かしについてまとめていきます。夜更かしをすることで質が悪い睡眠が続きます。…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

繊細な人は要注意!ストレスが原因で睡眠の質が低下する

あなたは普段ストレスを感じやすいですか?そのストレスが原因で不眠症になる可能性があります。では、ストレスとは…

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

その頭痛、睡眠の質が悪い結果かも!?しっかり見なおして体調を整えよう!

今回は睡眠と頭痛についてまとめていきます。睡眠の質が悪い状態が続くと自律神経に悪影響を及ぼし、結果、頭痛など…

身体にも悪影響が。睡眠障害による身体的原因とは。

ただの不眠症?いえいえ、睡眠障害による身体的な負担はすごいんです。睡眠障害によって起こる身体的原因をまとめて…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?