ストレス解消や人付き合いの潤滑油としてなにかと活躍してくれるお酒ですが、飲み方を間違えるととんでもないことに…。

お酒の害といえば内臓への負担やアルコール依存症などがまず思い浮かびますが、不健康な飲酒によって毎日の睡眠のクオリティまでも下がってしまうのです。

どうして飲酒で睡眠の質が下がるの?

アルコールが残っていると睡眠が浅い

アルコールが残っていると睡眠が浅い

◆質の良い睡眠では…
寝付いてから目覚めるまでの間に、レム睡眠(体は休んでいるが脳は活動している状態)とノンレム睡眠(体も脳も休んでいる状態)を何度か繰り返します。


◆お酒を飲んでから寝ると…
体内で発生したアセトアルデヒド(アルコールが分解されるときに作られる物質)の影響でレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが崩れ、全体的に眠りが浅くなってしまいます。

その結果途中で目覚めてしまったり、長時間寝たのに疲れがとれなかったりするのです。

でも、寝つきをよくするためにお酒を飲む人もいるよね?

リラックスしたいときや寝付けないときに、寝酒(ナイトキャップ)を楽しむ人も多いですよね。

たしかに少量のアルコールには寝つきをよくする作用がありますが、飲みすぎはやはり睡眠の質を下げてしまいます。
また、アルコールの利尿作用のせいで夜中にトイレに行きたくなってしまうケースも…

さらに、長期間寝酒の習慣を続けると体がアルコールに慣れて寝付けなくなり、酒量ばかりが増えていくことにもなりかねません。

睡眠の質を下げないお酒の飲み方って?

睡眠の質を下げずにお酒を楽しもう

睡眠の質を下げずにお酒を楽しもう

◆入眠3~4時間前までに飲酒をすませる
飲酒後アルコールが分解されるのにかかる時間は、おおむね3~4時間と言われています。
体内に残ったアルコールが睡眠を妨げないよう、アルコールが抜けてから睡眠をとるよう心がけましょう。

◆飲む量はほろ酔い程度にとどめる
ビールなら中~大ビン1本、日本酒なら1合、ワインなら1~2杯くらいが平均的な目安です。女性やアルコールに弱い人、体調がよくない時はこれよりひかえめに…

◆週2日は休肝日をもうける
もし「お酒がなければ寝られない!」と感じたなら、アルコール依存症になりかけている可能性大です。
対処が遅くなればなるほど心身に負担がかかっていくので、まずは気軽にお医者さんに相談してみましょう。


以上のことに気をつけながらお酒を飲めば、睡眠の質をキープすることができます。
寝る前に限らず、飲みすぎはよくないということですね。

古来より「酒は百薬の長」と言われ、飲む時間や量にきちんと配慮しさえすれば高いリラックス効果を得ることができます。

特に年末年始や年度の変わり目などは飲酒の機会が増えるかもしれませんが、お酒と上手につきあって睡眠の質をキープすることが大切ですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

プラス思考が多い?!ショートスリーパーのメリット

睡眠の長さは生活習慣だけでなく、思考も変えることをご存知ですか?本日はショートスリーパーのメリットをご紹介し…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

平均睡眠の長さは寿命を変える!?バリュアブルスリーパーは寿命が長い!

日本人に最も多いバリュアブルスリーパー。バリュアブルスリーパーは寿命が長いことをご存知ですか?適切な睡眠時間…

熟睡を遠ざける!危険な寝酒の効果とは

眠れない日に寝酒をしていませんか?良く眠れたと錯覚しやすい寝酒。本当は怖い寝酒のリスクをご紹介します。

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

“ショートスリーパー”には大きなメリットがあった!?睡眠時間を短くして時間を最大限に…

人の睡眠時間にはいくつかの種類があります。今回はそのなかでも、睡眠時間が最も短いとされている“ショートスリー…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!