普通の人であれば、日中に活動して夜に寝るのが一般的です。しかし、社会人にとっては突然の会議や残業で生活リズムが不規則になりがちです。たとえ昼夜逆転しても、生活リズムさえしっかりしていれば、睡眠障害に悩むことはありません。

睡眠障害によって引き起こされる症状

不眠、異常行動など

不眠、異常行動など

睡眠障害とは睡眠において、何らかの問題や異常がある状態のことをいいます。睡眠障害というと不眠を想像しがちですが、日中での眠気やだるさ、その他異常行動なども睡眠障害に含まれるため、深刻な障害の1つに数えられます。

睡眠障害の原因とは?改善することは可能?

主に生活リズムの変化が原因

主に生活リズムの変化が原因

睡眠障害の原因は1つではありませんが、よくある原因として突然の残業や休みの日に遅くまで寝ているなどの生活リズムの変化が挙げられます。すべてがそうではありませんが、多くは自分の努力次第で改善が可能ですので、一度見直してみてください。

生活リズムを保つことがなによりも重要

規律ある生活を

規律ある生活を

いつも決まった時間に起き、決まった時間に寝ることで生活リズムを保ちましょう。夜仕事の人でも生活リズムが乱れなければ、睡眠障害を抑えることができます。ダラダラと規律なく過ごすことだけはしないように心がけてください。

まとめ

生活リズムを保つことで、質の高い睡眠をとることが可能になります。その結果、睡眠障害を抑えることができるのです。あくまでも原因の1つとして考えられることですが、睡眠障害に悩んでいる人はこのように簡単なことから試してください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?