最近の日本人は平均睡眠時間が年々減少している傾向が見られていますが、睡眠を行う時間は長ければ長いほど良い物なのでしょうか?

こちらでは理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴についてまとめましたので、是非ご覧になってください!

スムーズに目覚めやすい時間は90分刻み

理想的な睡眠時間には自身の慣れや工夫が必要!

理想的な睡眠時間には自身の慣れや工夫が必要!

成人の最適で理想な睡眠時間は睡眠してからおよそ4時間30分後、6時間後、7時間30分後と90分の倍数がスムーズに目覚められる理想的な時間であるとされています。

しかし、睡眠周期や睡眠の質については個人差があり、性別や年齢の違いでも起きやすい時間は異なるため、ご自身の慣れや工夫が必要となります。

入眠後の3時間はノンレム睡眠の割合が多いため、成長ホルモンの分泌や、体の疲れを効率的に取るためには、最低でも3時間は睡眠時間を確保しましょう。
※「3時間睡眠法」や「短眠法」、また「睡眠のゴールデンタイム」というのも、こうした根拠から語られているようです。

平均睡眠時間が最も短くなるのは40代!

40代を超えると平均睡眠時間は再度長くなる!

40代を超えると平均睡眠時間は再度長くなる!

平均睡眠時間には年齢によって誤差があり、子供の睡眠時間は非常に長く、年齢を重ねるごとに短くなる傾向が見られています。

また、平均睡眠時間が最も短いのは40代で、それ以降になると平均睡眠時間は再び長くなるそうです。

起きている間のパフォーマンスが上がる

最適な睡眠を取ると脳と体が滞りなく修復されるので、記憶力や集中力が格段に良くなり仕事のパフォーマンスが上がります。

また、ストレス耐性も強くなるのでポジティブな思考でいることが出来ます。

バリュアブルスリーパーとは睡眠時間が6〜9時間の人を指す

国内のおよそ80%がバリュアブルスリーパーに該当する!

国内のおよそ80%がバリュアブルスリーパーに該当する!

バリュアブルスリーパーとは、睡眠時間がおよそ6〜9時間程度の人を指します。

国内の人口比率のうち約80%がこのタイプになり、最も寿命が長いという傾向が見られています。

このタイプはショートスリーパーとロングスリーパーの両方の中間に該当するため、そのときの精神状況などで睡眠時間の長さには左右差が見られます。

ショートスリーパー
睡眠時間が6時間未満でスッキリする人は、ショートスリーパーに分類されます。
人口比率は10パーセント前後と少ないです。
有名人の中では、エジソンやナポレオンが、ショートスリーパーだったといいます。
外向的で楽観的な性格で、あまり物事を深く考えずにポジティブ思考なのが特徴です。

ロングスリーパー
睡眠時間を9時間以上取らないとスッキリしない人はロングスリーパーです。
人口比率10パーセント前後と、ショートスリーパー同様少ないです。
有名人の中ではアインシュタインが上げられます。
内向的な性格で天才肌、ストレスを溜め込みやすいのと、芸術家タイプな人に多いのが特徴です。

まとめ

いかがでしょうか?

スムーズに目覚めやすいのは90分刻みで、平均睡眠時間が最も短くなるのは40代ということを、認識していただけたかと思います。

バリュアブルスリーパーは寿命が最も長いとされていますが、明確な医学的根拠はないため、あくまでも参考程度に留めておいてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!