目覚まし時計のアラームが突然鳴って驚いたことはありませんか?

深い眠りについているときや周囲が暗いときはスムーズに目覚めにくいものですが、睡眠改善に必要な光や目覚めをサポートする照明器具、コーニス照明の特徴・注意点とは一体何なのでしょうか。

今回はその詳細についてお伝えしたいと思います!

睡眠改善には高照度光療法による治療が効果的!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

不眠症の方の睡眠改善、あるいは冬季うつの治療方法として活用されている高照度光療法が治療に効果的とされています!

この光療法は太陽光に類似した人工的な光を日中に数時間程度浴びる方法で、即効性があることから多大な注目を集めています。

必要な光の量とは?

それで高照度光療法では、どのぐらいの光を浴びる必要があるのでしょうか。ちなみに、照度の目安は次のようになっています。

 ・10万ルクス 晴天時の屋外
 ・1万ルクス  曇天時の屋外
 ・5千ルクス  雨天時の屋外
 ・2千5百ルクス  晴天時の室内(東や南側に窓がある場合)
 ・1千ルクス  オフィスの照明
 ・5百ルクス  住宅の照明

これらをふまえたうえで、光療法で効果を得るには「1万ルクス×1時間」程度が必要だと言われています。ただし、夜にこれだけの光を浴びると体内時計が大幅に狂ってしまい、眠れなくなるのでNGとのこと。

体内時計を光で制限する『ブライトアップ・クロック』

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

長い睡眠時間をとったからといって、スムーズな目覚めになるとは限りません。

『ブライトアップ・クロック』は光で睡眠の深さを調整するため、設定時刻の90分前に明るいライトが1〜60秒間点灯し、この流れによって体内リズムを制限され、アラームが鳴るあたりには眠りが浅い状態になり、スッキリと目覚められる効果が期待できます!

「ブライトアップ・クロック」の光源には、紫外線をカットした特殊な蛍光灯が使われているので、目にとっても安全です。

寝室全体の明るさを調整する『アッサ』

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

『アッサ』とは寝室全体の明るさを調整し、スムーズな目覚めを促進させるシーリングライトです。

アラームの設定時刻の30分前から点灯を開始し、朝日が昇るように明るくなっていきます。

また設定時刻のおよそ2分前あたりから、ヒーリング音や小鳥のさえずりを選択によって聞くことができるため、より快適な目覚めを手に入れることができます。

「ASSA」を使った子どもでは、目覚めや朝の気分が良くなることを、富山大学の神川康子先生が報告しています。さらには、その日1日を通して気分の良さが続きます。不規則な生活となりやすい子どもたちの生活の質や、その子どもたちをサポートする保護者にも、良い影響があると思われます。

間接照明のコーニス照明には良質な睡眠が得られる効果がある!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明などの間接照明には、良質な睡眠が得られる効果があるとされています。

もし部屋の照明が明度調節可能なタイプであれば、就寝1〜2時間前に明度を少し下げるとより効果的です!

その他にもコーニス照明には壁面を明るくみせることで空間を広く見せたり、壁面仕上げ材の素材感や形を引き立てる効果があります。

注意点
壁面に光をバウンドさせる場合、光源と壁面の距離は少なくとも150mm以上、照明効果を考えると250mm以上は必要。
天井から壁面に沿って照らす場合、壁面に生じる影に注意。
均一に光を回したいときには、光源の位置と強さを考慮する。
光源に見えないように、懐の深さ、ルーバーの形や位置、羽の間隔に注意する。
壁の目地や段差など、壁面の仕上げの欠点が目立ちやすい。
壁面に対し、天井面が暗いと圧迫感を感じるので、天井面からの直接光と併用する方がよい。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

睡眠不足改善のために実践したい!今日からできる簡単なポイント3つとは?

眠りと人は密接な関係があります。眠らない人はいませんが、眠れない人がいるのは事実です。睡眠不足は、体に負担を…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

良質な睡眠には食事が大切!睡眠に悪い食べ物やコーヒーなどのカフェイン効果には特に注意…

カフェインやお腹が満腹な状態になってから睡眠をとると寝苦しくて悪い夢を見てしまった・・・。という経験はありま…

日本人に最適な睡眠時間は何時間?睡眠時間が長寿の秘訣!

日本人の平均睡眠時間は7~8時間程度とされています。この睡眠時間が健康的で、最も寿命が長いと言われています。…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

今日からできる!?音楽で睡眠を改善するためのBGMの効果のイロハ♡

”明日の為に眠りたいのに眠れない時”って焦ってしまって「何が効果的で改善策なのか」見落としがちなのですが是非…

睡眠不足がもたらす影響は何?池袋周辺のおすすめ睡眠クリニックをご紹介

私達が毎日健康で活発に生活するためには平均8時間の睡眠が必要とされていますが、日本人の睡眠時間は50年前と比…

冷え性さんの質が良い睡眠のための必須アイテム「湯たんぽ」その嬉しい効果&使い方

湯たんぽってなんだか固くて使いにくそう。熱すぎないの?すぐに冷めてしまいそう。などの意見があると思いますが、…

寝る1〜2時間前から部屋の照明を暗くして暖色系の光にかえてみよう

寝つきが悪かったり、朝起きた時にすっきりしなかったりする方は寝る1〜2時間前に部屋の照明を暗くして暖色系の光…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!