目覚まし時計のアラームが突然鳴って驚いたことはありませんか?

深い眠りについているときや周囲が暗いときはスムーズに目覚めにくいものですが、睡眠改善に必要な光や目覚めをサポートする照明器具、コーニス照明の特徴・注意点とは一体何なのでしょうか。

今回はその詳細についてお伝えしたいと思います!

睡眠改善には高照度光療法による治療が効果的!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

不眠症の方の睡眠改善、あるいは冬季うつの治療方法として活用されている高照度光療法が治療に効果的とされています!

この光療法は太陽光に類似した人工的な光を日中に数時間程度浴びる方法で、即効性があることから多大な注目を集めています。

必要な光の量とは?

それで高照度光療法では、どのぐらいの光を浴びる必要があるのでしょうか。ちなみに、照度の目安は次のようになっています。

 ・10万ルクス 晴天時の屋外
 ・1万ルクス  曇天時の屋外
 ・5千ルクス  雨天時の屋外
 ・2千5百ルクス  晴天時の室内(東や南側に窓がある場合)
 ・1千ルクス  オフィスの照明
 ・5百ルクス  住宅の照明

これらをふまえたうえで、光療法で効果を得るには「1万ルクス×1時間」程度が必要だと言われています。ただし、夜にこれだけの光を浴びると体内時計が大幅に狂ってしまい、眠れなくなるのでNGとのこと。

体内時計を光で制限する『ブライトアップ・クロック』

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

長い睡眠時間をとったからといって、スムーズな目覚めになるとは限りません。

『ブライトアップ・クロック』は光で睡眠の深さを調整するため、設定時刻の90分前に明るいライトが1〜60秒間点灯し、この流れによって体内リズムを制限され、アラームが鳴るあたりには眠りが浅い状態になり、スッキリと目覚められる効果が期待できます!

「ブライトアップ・クロック」の光源には、紫外線をカットした特殊な蛍光灯が使われているので、目にとっても安全です。

寝室全体の明るさを調整する『アッサ』

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

『アッサ』とは寝室全体の明るさを調整し、スムーズな目覚めを促進させるシーリングライトです。

アラームの設定時刻の30分前から点灯を開始し、朝日が昇るように明るくなっていきます。

また設定時刻のおよそ2分前あたりから、ヒーリング音や小鳥のさえずりを選択によって聞くことができるため、より快適な目覚めを手に入れることができます。

「ASSA」を使った子どもでは、目覚めや朝の気分が良くなることを、富山大学の神川康子先生が報告しています。さらには、その日1日を通して気分の良さが続きます。不規則な生活となりやすい子どもたちの生活の質や、その子どもたちをサポートする保護者にも、良い影響があると思われます。

間接照明のコーニス照明には良質な睡眠が得られる効果がある!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明などの間接照明には、良質な睡眠が得られる効果があるとされています。

もし部屋の照明が明度調節可能なタイプであれば、就寝1〜2時間前に明度を少し下げるとより効果的です!

その他にもコーニス照明には壁面を明るくみせることで空間を広く見せたり、壁面仕上げ材の素材感や形を引き立てる効果があります。

注意点
壁面に光をバウンドさせる場合、光源と壁面の距離は少なくとも150mm以上、照明効果を考えると250mm以上は必要。
天井から壁面に沿って照らす場合、壁面に生じる影に注意。
均一に光を回したいときには、光源の位置と強さを考慮する。
光源に見えないように、懐の深さ、ルーバーの形や位置、羽の間隔に注意する。
壁の目地や段差など、壁面の仕上げの欠点が目立ちやすい。
壁面に対し、天井面が暗いと圧迫感を感じるので、天井面からの直接光と併用する方がよい。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

カモミールは子どもにも使える安眠薬!ストレス過多の時代を乗り切るアロマ活用法

ストレスが蓄積されると眠るのが困難になったり、良質な睡眠をとるのが難しい状態になります。 そんなときにはア…

ベッドルームにオススメ!柔らかく漏れるような光を作る「コーニス照明」とは?

壁のうえから柔らかい光が漏れるような照明は魅力的ですよね。リラックス効果がで安眠も期待できるそのオススメの照…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

なぜお腹がいっぱいになると眠くなるの!?その秘密は日本人が発見したオレキシンにあった…

お腹がいっぱいになると眠くなる原因は、オレキシンにあるのです。昔から「腹の皮が張れば目の皮が弛む」と言われる…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

スマホで上手に睡眠管理しよう!不眠症改善にオススメのアプリ3選

寝る前のスマホは睡眠によくないと言われますが、スマホアプリには睡眠管理をサポートしてくれる便利なものもありま…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

睡眠負債は休日に返しましょう!睡眠不足の改善のための上手な寝方のポイントまとめ

睡眠改善するならコレ!本来なら寝ている時間に眠っていない時間を睡眠負債と呼びます。この睡眠負債を休日に返上す…

睡眠不足が原因で発生!神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法

睡眠不足が挨拶のように色んな場所で飛び交っている現代社会ですが、日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態となる…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!