目覚まし時計のアラームが突然鳴って驚いたことはありませんか?

深い眠りについているときや周囲が暗いときはスムーズに目覚めにくいものですが、睡眠改善に必要な光や目覚めをサポートする照明器具、コーニス照明の特徴・注意点とは一体何なのでしょうか。

今回はその詳細についてお伝えしたいと思います!

睡眠改善には高照度光療法による治療が効果的!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

高照度光療法では太陽光に類似した人工的な光を使う!

不眠症の方の睡眠改善、あるいは冬季うつの治療方法として活用されている高照度光療法が治療に効果的とされています!

この光療法は太陽光に類似した人工的な光を日中に数時間程度浴びる方法で、即効性があることから多大な注目を集めています。

必要な光の量とは?

それで高照度光療法では、どのぐらいの光を浴びる必要があるのでしょうか。ちなみに、照度の目安は次のようになっています。

 ・10万ルクス 晴天時の屋外
 ・1万ルクス  曇天時の屋外
 ・5千ルクス  雨天時の屋外
 ・2千5百ルクス  晴天時の室内(東や南側に窓がある場合)
 ・1千ルクス  オフィスの照明
 ・5百ルクス  住宅の照明

これらをふまえたうえで、光療法で効果を得るには「1万ルクス×1時間」程度が必要だと言われています。ただし、夜にこれだけの光を浴びると体内時計が大幅に狂ってしまい、眠れなくなるのでNGとのこと。

体内時計を光で制限する『ブライトアップ・クロック』

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

「ブライトアップ・クロック」は眠りが浅い状態で目覚めさせる!

長い睡眠時間をとったからといって、スムーズな目覚めになるとは限りません。

『ブライトアップ・クロック』は光で睡眠の深さを調整するため、設定時刻の90分前に明るいライトが1〜60秒間点灯し、この流れによって体内リズムを制限され、アラームが鳴るあたりには眠りが浅い状態になり、スッキリと目覚められる効果が期待できます!

「ブライトアップ・クロック」の光源には、紫外線をカットした特殊な蛍光灯が使われているので、目にとっても安全です。

寝室全体の明るさを調整する『アッサ』

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

「アッサ」はヒーリング音も設定できる!

『アッサ』とは寝室全体の明るさを調整し、スムーズな目覚めを促進させるシーリングライトです。

アラームの設定時刻の30分前から点灯を開始し、朝日が昇るように明るくなっていきます。

また設定時刻のおよそ2分前あたりから、ヒーリング音や小鳥のさえずりを選択によって聞くことができるため、より快適な目覚めを手に入れることができます。

「ASSA」を使った子どもでは、目覚めや朝の気分が良くなることを、富山大学の神川康子先生が報告しています。さらには、その日1日を通して気分の良さが続きます。不規則な生活となりやすい子どもたちの生活の質や、その子どもたちをサポートする保護者にも、良い影響があると思われます。

間接照明のコーニス照明には良質な睡眠が得られる効果がある!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明は就寝2時間前に明度を下げるのが効果的!

コーニス照明などの間接照明には、良質な睡眠が得られる効果があるとされています。

もし部屋の照明が明度調節可能なタイプであれば、就寝1〜2時間前に明度を少し下げるとより効果的です!

その他にもコーニス照明には壁面を明るくみせることで空間を広く見せたり、壁面仕上げ材の素材感や形を引き立てる効果があります。

注意点
壁面に光をバウンドさせる場合、光源と壁面の距離は少なくとも150mm以上、照明効果を考えると250mm以上は必要。
天井から壁面に沿って照らす場合、壁面に生じる影に注意。
均一に光を回したいときには、光源の位置と強さを考慮する。
光源に見えないように、懐の深さ、ルーバーの形や位置、羽の間隔に注意する。
壁の目地や段差など、壁面の仕上げの欠点が目立ちやすい。
壁面に対し、天井面が暗いと圧迫感を感じるので、天井面からの直接光と併用する方がよい。

まとめ

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

ぐっすり眠れる寝室のインテリアは3色でコーディネートすることが大切

あなたは何色の寝具に囲まれ睡眠を取っていますか?一見関係ないように見える“睡眠”と“色”の関係。実は、色によ…

スマホを朝日と勘違いしてしまう?青白い光は朝に浴びるべき重要な理由

睡眠の質を改善するなら光をコントロールしてみませんか?朝に青白い光を浴びることで、寝るときに眠気が訪れるんで…

平均睡眠の長さは寿命を変える!?バリュアブルスリーパーは寿命が長い!

日本人に最も多いバリュアブルスリーパー。バリュアブルスリーパーは寿命が長いことをご存知ですか?適切な睡眠時間…

不眠症改善に!疲労や冷え、不眠にも効果がある「湧泉(ゆうせん)」は万能なツボ

不眠を改善するなら、お手軽なツボ押しをしてみませんか?安眠をもたらす湧泉(ゆうせん)の場所と押し方をご紹介し…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

間接照明で安心感と心の安定を手にいれる!?睡眠に効果的なキャンドルライトからコーニス…

睡眠に良いとされる明かりは間接照明。今回は寝室に最適な間接照明(キャンドルライト、コーブ照明、コーニス照明、…

寝具の買い替えよりも安上がり?いつものお風呂を工夫して快眠を!

温まって体質改善、よい香りも楽しめるお風呂タイム。アロマはよい寝具への買い替えるくらい、安眠に効果があります…

明るくして眠ると太る?睡眠には足元に間接照明を置こう

人間は暗くなったら眠るためのホルモン、メラトニンが分泌されるようにできています。よく眠れるかという問題に光は…

寝具の選び方で睡眠の質が上がる!?ベッドをマットレスに変えて不眠症を改善

私たちの睡眠のお供“ベッド”にはさまざまな種類があります。 その中でも注目したいのが“マットレス”。 木製や…

あるだけで安心する!睡眠改善のカギ?抱きまくらにはこんな効果があります

睡眠に入るとき、あるだけで安心するグッズはないでしょうか。小さい子ならお気に入りの毛布だったり、おもちゃだっ…

睡眠の質は光が重要!部屋を真っ暗にして寝るメリット

人間の体と光には、重要な関係性があり、光によって睡眠の質も変わります。いつも電気をつけて眠っている方、ぜひ睡…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!