夕方から夜中にかけてひどくなる手足の痒み、痛み、違和感、不快感は、もしかして「むずむず脚症候群」かもしれません。
気になる「むずむず脚症候群」の症状と改善方法を調べました。

むずむず脚症候群とはどんな症状?

眠ろうとすると脚がむずむず・・・

眠ろうとすると脚がむずむず・・・

じっとしていると、足などに「むずむず感」「痛み」「虫が這うような感覚」「火照り」などの不快な感覚が生じ、眠れなくなるむずむず脚症候群。特に夕方から夜中までひどくなることから、夜しっかり眠れず不眠や精神に不調をきたし、鬱病などを発症してしまうこともあります。

また「むずむず脚症候群」という名前ですが、一概に足だけに症状が出るわけではなく、手、腰、人によっては全身に不快な症状が出ることもあります。

人口の2~5%の人が、罹患していると言われています。

辛い症状で夜眠れない・・・

辛い症状で夜眠れない・・・

昨日の夜は、久々#むずむず脚症候群 がでたので家の中をウロウロ
中学生ぐらいの頃からかな?
かなり前からむずむず脚症候群。
足が暑いし手も脚も痒いし、
脚がなんとも言えない感覚でイーーッ!!てなる。

人によって、不快感や痛み、痒み、苦しみは差があります。痒いと一晩中眠れず動いていないとならないということも。そうなると、とても日常生活は送れません。

この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。

むずむず脚症候群の原因

どうしてなるの?辛いむずむず脚症候群

どうしてなるの?辛いむずむず脚症候群

残念ながら、はっきりとした「むずむず脚症候群」の原因と治療法は分かっていないのが実情です。ただし、最近の研究によって「脳内の鉄分不足」と「ドーパミン機能の低下」が「むずむず脚症候群」に関係していると見られています。そのため、病院で処方される薬も、鉄分を補うもの、ドーパミン機能の回復を図るもの、てんかんなどに処方される抗けいれん剤が用いられることが多いようです。年齢が高くなるほど患者は多いですが、子どもでもなり、遺伝的な要素もあります。

神経伝達物質であるドーパミンの機能低下
中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常
脊髄や末梢神経の異常
遺伝的な要素

「むずむず脚症候群」を発症しやすい人は、「鉄欠乏性貧血」や「妊婦」、「甲状腺機能低下症」「糖尿病」などの病気をしている方に多くみられます。また「向精神薬」「抗うつ薬」を飲んでいる方で、「むずむず脚症候群」の症状が現れた方は、担当医師にその旨を伝え、薬を変えてもらいましょう。

妊婦に多いむずむず脚症候群

悩む妊婦さんは多い

悩む妊婦さんは多い

統計によると、妊娠中の女性の約5人に1人が「むずむず脚症候群」に悩んでいるとか。なぜ妊婦の割合が極端に多いかというと、妊娠による「鉄分の不足」と「脊髄がお腹の赤ちゃんで圧迫されること」が原因と言われています。

妊娠中は殆どのクスリを使うことができないので、対処療法でしのぐのがメインになります。授乳期間が終わる頃までに、ほとんどの方は「むずむず脚症候群」の症状に悩まされなくなると言われています。

鉄はビタミンCと合わせてとりましょう!

鉄はビタミンCと合わせてとりましょう!

出典: Instagram

今日は久々ひさびさ久々に、
全部足したら7時間寝れた…!感動。
はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!