寝不足なのに寝つきが悪く、長時間の睡眠をとることが難しくなった・・・。と感じている方はいませんか?

睡眠の質を悪化させる原因としては激しい運動が挙げられますが、その他にもあらゆる要因によって睡眠の質の悪い状態が招かれるのです。

こちらではその主な原因や効果的な対処法についてお伝えしましょう!

就寝2時間前に激しい運動を行うと睡眠の質が低下する!

筋力トレーニングなどの激しい運動は夕食前に行う!

筋力トレーニングなどの激しい運動は夕食前に行う!

筋力トレーニングなど就寝2時間前に激しい運動を実施すると、深部体温が上昇しすぎるため、睡眠をとりたい時間になっても体温を下げることができず、睡眠の質が悪化する原因に繋がります。

仕事帰りにジムへ訪れる方も多いかと思いますが、筋力トレーニングや激しい運動などはできるかぎり夕食前に行うようにしましょう!

OnePoint
運動は就寝前2~3時間前には切り上げ、激しい運動は夕方前に行う。

睡眠の質が悪いのは長過ぎる昼寝が原因!

長過ぎる昼寝は夜の睡眠の妨げになる!

長過ぎる昼寝は夜の睡眠の妨げになる!

睡眠の質が悪いのは長過ぎる昼寝が原因になる場合もあります。

年配の方に夜眠れないという悩みを抱えている方が多く見られますが、このようなケースは2〜3時間程度の昼寝を行っている場合がほとんどです。

このように長時間の昼寝は夜の睡眠の妨げとなり不眠症の原因に繋がるのです。

夜食

夜遅く食事をすると胃の消化運動に多くのエネルギーが使われるため、代謝が活発になり寝つきが悪くなります。また、睡眠中の体や脳の疲れの回復に使われるはずのエネルギーが食べ物の消化に回されてしまうため、良質な睡眠をとることができなくなります。

昼寝は椅子に座った状態で行うようにする!

短い昼寝でも十分なリフレッシュ効果が得られる!

短い昼寝でも十分なリフレッシュ効果が得られる!

長時間の昼寝を防ぐためには、椅子に座った状態もしくは机にうつ伏せた状態で15〜30分程度目をつぶるのが効果的です。

15分程の短い睡眠であっても十分なリフレッシュ効果を期待することができますから、横の状態で眠らないようにしましょう!

質の高い睡眠をとるためには、夕食を就寝の3時間ほど前までに済ませておくことが必要です。胃の消化運動が終わった後に寝床に入ることが、体や脳の効率良い回復につながります。

夜の適度な運動で睡眠の質を改善する!

ウォーキングなどの軽めな運動を行う!

ウォーキングなどの軽めな運動を行う!

どの時間帯に運動するかで、睡眠に対する影響は異なります。

ある研究結果によると、夜の適度な運動が寝付きの良さや熟眠感を向上させるということが判明しているため、激しい運動ではなく、適度な運動を行うようにしましょう!

ウォーキングなど30分程度がベスト

運動の種類としては、ウォーキングなどの汗ばむ程度の運動を30分程度行うのが効果的です。就寝前の激しい運動は過剰な体温の上昇と覚醒水準の上昇を招き、逆効果になる場合があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?

就寝2時間前に激しい運動を行うと睡眠の質が悪くなり、長過ぎる昼寝や夜食なども悪化する原因に繋がるということを、ご存知いただけたかと思います。

良質な睡眠をとるために、就寝前の運動はウォーキングなどの軽めなものを行うようにしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

メラトニンはサプリメントで補給できる!生活リズムを整える最も手軽な方法

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠に大きな影響を与えます。サプリメントで摂取することも可能ですので、…

 夜中に何回も起きと日中は眠気との戦いですよね!その原因(ストレス)と対処法とは?

夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ生活の質が悪化します。環境やストレスが原因のこともありますが、他の…

ツボ刺激で睡眠の質を改善!不眠や頭痛に有効な百会の場所や押し方をご紹介

睡眠の質を改善するためには不規則な生活リズムを改善するのも大切ですが、直ぐに始められるツボ押しもおすすめです…

スマホを朝日と勘違いしてしまう?青白い光は朝に浴びるべき重要な理由

睡眠の質を改善するなら光をコントロールしてみませんか?朝に青白い光を浴びることで、寝るときに眠気が訪れるんで…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

仮眠をとるのが最も効果的?辛い睡眠トラブルは細切れ睡眠で乗り越える

ツライ寝不足の状態が継続したり、夜更かしが習慣化していると、判断力や集中力低下の原因に繋がります。ちょっとし…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?