良質な睡眠は心身の健康のために必要不可欠なものとなります。

このような良質な睡眠をとるためには、どのような姿勢をとるのが効果的なのでしょうか?

ここではうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢について紹介したいと思います!

睡眠の質が悪い原因はカフェイン飲料の過剰摂取!

カフェインの摂取は眠りの深さにも関与する!

カフェインの摂取は眠りの深さにも関与する!

睡眠の質が悪い原因のひとつとして、カフェイン飲料の過剰摂取が挙げられます。

カフェインは寝つきの良さや悪さ以外にも睡眠の深さにも影響を来たすのです!

カフェインによる覚醒効果はおよそ4時間程度とされていますが、人によっては10時間以上になる場合もあるため、夕方以降の摂取は避けるようにしましょう。

コンビニの明るい照明は交感神経を活発にしてしまうため、睡眠の質を下げる原因になります。

一般的なリビングの明るさは300~500ルクス程度ですが、それに比べてコンビニは1000~1500ルクスもありますから格段に明るいと言えます。夜遅くにコンビニに行く場合は、早めに用事をすませて店を出るようにしましょう。

合わない寝具の使用で睡眠の質が悪くなる!

布団は季節に応じた物を使うことが大切!

布団は季節に応じた物を使うことが大切!

睡眠の質は合わない寝具の使用によって悪くなる場合もあります。

敷き布団やマットレスも最近ではあらゆる物が展開されていますが、高価であればあるほどいいというものではないため、自身に適したタイプを選び、季節に応じた物を使用することで、良質な睡眠をとれるようになります!

睡眠の質はストレスが関係する


考え事やストレスがあると、寝ていてもそればかり考えてしまい睡眠の質が悪くなります。

考えないように、目をつむり暗闇の中で寝ようとしても頭の中をぐるぐると回ってしまい結局、寝れたのか寝れないのか分からず朝を迎えてしまうなんてことになってしまいます。

良質な睡眠にするためには仰向け寝の姿勢をとる!

仰向け寝には深い呼吸がしやすい利点がある!

仰向け寝には深い呼吸がしやすい利点がある!

良質な睡眠をとるためには仰向け寝の姿勢が効果的です。

この状態は血液がスムーズに全身を巡ることから血栓ができにくく、健康的な寝姿勢とされています。

深い呼吸や寝返りが打ちやすいメリットがあり、良質な睡眠に最適です!

「仰向け寝」の際には、手足は広げた状態が理想的です。手足を広げるとスムーズに放熱を行うことができ、深部体温が下がるため、寝つきが良くなるのです。組んだ両手を胸やお腹の上にのせると眠りが浅くなったり、悪夢を見やすくなったりするため注意してください。

うつ伏せ寝は命の危険に繋がる可能性あり!

うつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群の発症が高まる!

うつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群の発症が高まる!

うつ伏せ寝の状態は長時間胸部に強い圧迫を与えますから、非常に危険です。

更に酔った状態でこの姿勢をとると吐瀉物が喉に詰まりやすくなり、命の危険に繋がる可能性もあるのです。

また乳幼児突然死症候群の発生率が向上するという報告もあるため、十分注意してください。

「うつ伏せ寝」は全身の骨格のゆがみ、腰痛、O脚などを引き起こす原因にもなります。女性の場合は、胸部のクーパー靭帯(乳腺提靭帯)への負担により、胸の下垂や型崩れの原因になるという説もあります。

また、睡眠時の姿勢が顎関節症や歯並びに影響を及ぼすことは、数十年前から指摘されています。成人の場合、「仰向け寝」では顎に掛かる負担重量が約5キログラムであるのに対し、「うつ伏せ寝」では負担重量が約8~9キログラムにも上るといわれています。

まとめ

いかがでしょうか?

睡眠の質が悪い原因としては、カフェイン飲料の過剰摂取や合わない寝具の使用などが挙げられ、うつ伏せ寝の状態は死に至る可能性もあるということを、認識していただけたかと思います。

このようなリスクを避けるために、仰向け寝の状態をとるようにしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

夜ぐっすり眠れる光とは?睡眠の質を改善するオススメの間接照明

あなたは快適な睡眠をとれていますか?睡眠に関する悩みをお持ちの方は、寝室の照明の種類を見直した方がいいかもし…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

22時~2時のゴールデンタイム説は時代遅れ?!本当に大事な睡眠時間とは?

睡眠のゴールデンタイムとされる22時〜2時。実はこの定説は時代遅れ!本当に大事な睡眠時間をまとめました。

スマホ、携帯はなぜ寝る前に見たらといけないの?

今の新常識は、寝る前にスマホや携帯を見ると睡眠の質が悪くなるということ。問題視されているこの問題を、なぜいけ…

枕も夏物に着替えよう!寝苦しい夜を乗り切る夏用枕の選び方

この時期いつも暑くて眠れない・・・。それなら枕を衣替えしましょう!夏はその季節にあった素材を選ぶことが大切な…

目覚めが悪い、眠った気がしないあなたに朗報! 浅い睡眠の改善方法はこれでOK!

目覚めが悪かったり、眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると思われます。日頃から浅い睡眠の質には気を配って…

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!