日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態とされている現代社会ですが、睡眠不足による悪影響は軽視できるものではありません。

今回はその睡眠不足が原因で起こる、神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法についてまとめました!

アセチルコリンは学習や記憶に大きく関連する神経伝達物質

アセチルコリンはレム睡眠や目覚めなどに深く関与する!

アセチルコリンはレム睡眠や目覚めなどに深く関与する!

アセチルコリンには神経の興奮状態を促す作用があり、学習や思考、記憶や目覚め、レム睡眠などに大きく関連する神経伝達物質のことを指します。

神経終末部で合成が行われ、このアセチルコリンを伝達物質とした神経のことをコリン作動性神経と呼びます!

末梢神経系に多く存在し、運動ニューロンと自律神経の伝達物質として働いている。筋肉を収縮させるための刺激を筋肉に与える。

記憶や認知に重要な働きをしており、大脳皮質においてアセチルコリンが減少すると、認知症(痴呆症)の一つアルツハイマー型認知症を誘発させると言われている。

アセチルコリンには血管拡張や心拍数低下などの生理作用がある!

アセチルコリンには消化機能亢進や発汗などの作用あり!

アセチルコリンには消化機能亢進や発汗などの作用あり!

コリンの酢酸エステル化合物のアセチルコリンは運動神経や副交感神経の末端部分から放出されています。

この神経伝達物質の主な生理作用としては、血管拡張や心拍数低下、発汗や消化機能亢進、瞳孔縮小などが挙げられます。

アセチルコリンの受容体にはニコチン性受容体とムスカリン性受容体の二種類がある。ニコチン性受容体はニコチンを少量投与したときと似た反応を示す。ムスカリン性受容体は毒キノコのアルカロイドであるムスカリンを少量投与した時と似た反応を示す。

ニコチン性受容体は筋肉型と神経型があり、前者をNm受容体と言い、後者をNn受容体という。mはmuscle(筋肉)の意味であり、nはnerve(神経)の意味である。

なお、Nn受容体遮断薬は自律神経遮断薬・血圧低下としての効果があり、Nm受容体遮断薬は末梢性筋弛緩剤としての作用がある。

ムスカリン性受容体にはM1受容体、M2受容体、M3受容体などがある。(ムスカリン受容体には他にも種類がある)

なお、M1受容体遮断薬は消化性潰瘍治療薬となる。

アセチルコリンの関連疾患としてパーキンソン病がある!

過剰なアセチルコリンはパーキンソン病やアルツハイマー病の原因になる!

過剰なアセチルコリンはパーキンソン病やアルツハイマー病の原因になる!

アセチルコリン主な関連疾患としては、パーキンソン病が挙げられます。

脳内にあるドーパミン量が減少することで神経伝達物質のバランスが乱れるため、それによってアセチルコリンが強く活性し、運動機能の障害が発生するのです!

・アルツハイマー病
アセチルコリンの不足は認知障害などの症状を引き起こす。アルツハイマー病患者は脳内のアセチルコリンが不足していると確認されている。

睡眠不足を解消するためには寝る前に何もしない!

過剰なアセチルコリンは睡眠不足解消法で対処する!

過剰なアセチルコリンは睡眠不足解消法で対処する!

過剰なアセチルコリンを防ぐためには根本的原因となる睡眠不足を解消する必要があります。

睡眠不足を改善するために最も大切なのは、寝る前に何もしないことです!

この何もとは脳の興奮状態を避けるという意味で、片づけをしたりパソコンや携帯電話などの電子機器を使用すると緊張状態から抜け出せませんから、このような生活習慣は見直すようにしましょう。

肩が凝っている人は、寝ている間に全身の筋肉がさらに凝って固まってしまいます。ですから、特に首周りや肩の周り、ここを寝る前に入念にストレッチしてほぐしておいてください。

自分は疲れていない、肩は凝らない体質だと思っていたとしても試しにやってみてください。自覚のない肩こりの人も多いと感じます。肩が凝るという状況が常にあるため、自分が凝っていることに気付かないのです。ですから、ほぐしてみて初めて凝っていることに気付いた!なんて人も居るくらいなのです。

まとめ

いかがでしょうか?

神経伝達物質のアセチルコリンには学習や記憶に大きく関連していて、過剰になるとパーキンソン病やアルツハイマー病などの原因に繋がるということを、ご存知いただけたかと思います。

このような過剰状態を防ぐために、この記事の睡眠不足解消法を是非参考にしてください!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

睡眠改善に役立つ!抱き枕の正しい選び方とは?正しく選んで安眠を!

肩こりや腰痛などのトラブルに悩まされている現代人は非常に多いですよね。そんな方々にとっては仰向けの姿勢ではな…

睡眠の種類“ノンレム睡眠”の謎!深い睡眠をとることが健康の秘訣。

睡眠の種類には、浅い睡眠の“レム睡眠”、深い睡眠の“ノンレム睡眠”の二つが存在します。 言葉だけは聞いたこと…

孤独を愛する性格の人は睡眠で共通点がある?その睡眠の特徴とは?

「何時に眠るのが良くて何時に起床するのが最適なのか」という疑問は誰しもが抱えているものかと思います。あなたの…

90分間の倍数で寝ると良い!?睡眠の質を高める方法<睡眠時間編>

90の倍数で寝ると、質の良い睡眠がとれることを知っていましたか?睡眠時間を周期に合わせると、目覚めの良い朝を…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

美味しいものを食べると増える?ナルコレプシーと関係の深いオレキシンの働きとは?

朝目覚め、夜は眠くなる。自然の摂理とはいえ、体内では色々な物質が働いています。そのうちの一つ、神経伝達物質「…

睡眠の質を上げてカロリー消費!睡眠の質が良いとダイエット効果が期待できる

睡眠とダイエットは密接な関係があることを知っていましたか?睡眠の質を利用して、ダイエットを効率よく行えるので…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

良質な睡眠をとるためにこだわりたいお水の飲み方

睡眠をより良いものにしたいというのはほとんどの人が抱えている悩みだと思います。今回は良質な睡眠をとるための、…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!