理由は良く分かっていなくても夜22時~2時の間が、
睡眠のゴールデンタイムだって事を知っている人はたくさんいますよね。

でも一体、
①睡眠のゴールデンタイムとは何なのか?
②ゴールデンタイム中に睡眠をとることによってどのような効果が得られるのか
③ゴールデンタイムはお肌にいいのか?
その答えは何なのでしょうか。

答えを見つけると伴に、
睡眠のゴールデンタイムの真実を探って行きます!

睡眠のゴールデンタイムとは?

睡眠のゴールデンタイムは22時から深夜2時の間とされています。
この時間帯がゴールデンタイムと呼ばれている理由は、

「体内時計を適切に保つため」なんです。

人間の体には1日周期でリズムを調整するよう体内時計が備わっています。
人間が他の動物に比べてこれだけ進化したのも、この機能のおかげだと言われており、
人は朝になれば起きて活動し、夜になれば眠くなって休息するよう自然と調節しています。

睡眠のゴールデンタイムにしっかりと寝るような生活リズムを作っていけば、
十分な成長ホルモンが分泌され、逆にリズムが崩れると、
自律神経の調節機能に狂いが生じてしまうのです。

②ゴールデンタイム中にどのような効果が得られるのか

ゴールデンタイムの睡眠に多く分泌される成長ホルモンには、
体を修復する働きがあり、
仕事などで疲労した体の組織を再生する力が備わっています。

規則正しく起きて毎日決まった時間に寝ることで、
睡眠のゴールデンタイムにしっかり眠ることで、
疲れがとれたり内臓の機能が回復したりといった効果を得られるんです。

風邪予防や糖尿病などの生活習慣病を防止する働きもあるんですよ!

ゴールデンタイム(定説22時~2時)がお肌にいいのは嘘だった!?

現代社会においてゴールデンタイムの定説22時~2時に寝ている人orこの時間に寝れる人は、
そう多くありません。

その理由は時代の変化です。

就寝につく時間は平均で夜中の12時。現代人は2時間も寝る時間が遅くなっています。
これを無理にゴールデンタイムで寝ようとすると睡眠の質が下がってしまい逆効果に。

そうするよりも、睡眠の質を上げて、睡眠についてからの3時間をぐっすり深い眠りにつくことがお肌の再生に最適なんですよ。

まとめ

現代社会では、通信や交通機関の発達などにより、夜に働き日中に就寝する人は少なくありません。

優秀な人間の体はそんな時代背景に合わせることが可能。
人によって睡眠のゴールデンタイムを変えることが出来るのです。

これからは無理に睡眠時間を調整しようとせず、
自分にあった時間で深い睡眠をとるのが1番ですよ。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?