朝と夜が逆転した、昼夜逆転生活。夜いつまでも起きているため、眠るのは夜が開けてから。起きるのはお昼の遅い時間、もしくは太陽が沈んでから。まるで太陽を避けているかのような生活です。これは、睡眠障害とも呼べる状態です。
仕事上、逆転生活を送っている方もいらっしゃると思いますが、ある大問題を抱えています。一度昼夜逆転生活をしてしまうと、ハマってしまいぬけ出すことは容易ではありません。健康的な生活を送るためにも生活改善方法をまとめました。

昼夜逆転生活がもたらす大問題

大変!早く何とかしないと

大変!早く何とかしないと

太陽を避けているかのような昼夜逆転生活。若いうちは無理が効きますが、年齢を重ねていくうちに段々と無理が重なり、ツケが回ってきます。あの時、早く寝ていれば良かった、とどんなに後悔しても時計を逆に戻すことは出来ません。

さらに、昼夜逆転生活には悲劇が待っています。それは、寿命を縮めてしまうこと。朝起きて夜寝るという、当たり前のライフスタイルの人よりも約2倍の速さで寿命を迎えるとまでいわれているのです。

仕事上、仕方がないと諦める必要はありません。本当はある程度年齢が高くなったら、昼夜逆転生活からぬけ出すほうが健康的な毎日を送れるのですが、一度身についた習慣を改めることは難しいことです。何よりも生活がかかっているとなると、簡単には仕事を辞めるわけにもいきません。そこで、休みの日を利用した簡単なリセット方法から紹介します。

体内時計をリセットする

早めのリセットをオススメします

早めのリセットをオススメします

人間の体内時計は25時間なのだとか。自然の流れに従って暮らしていると、体内時計がズレていき次第に夜型の生活にシフトチェンジしてしまいそうです。それでも、朝型の生活をしている人たちは、普通に生活を送っています。どこで差が出るのでしょうか。

そのポイントこそ、太陽にあります。朝起きた時、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされるのです。言い換えると、太陽の光を浴びないといつまで経っても、体内時計がズレていってしまうという結果になります。
仕事上、夜型の生活を送られている方もなるべく太陽の光を意識しましょう。そして、休みの日には朝早く起きて太陽の光を浴びたいもの。そうすることで、ズレていた体内時計がリセットされて、キチンと動き出します。

また、もっと簡単な方法として徹夜することがあります。明け方も寝ないで起きているのです。そして、夜まで待って寝ます。一時しのぎのやり方かもしれませんが、たったこれだけの方法で昼夜逆転生活から抜けやすくなります。もちろん朝起きたら、太陽の光を浴びることをお忘れなく。

昼夜逆転生活から抜けるために

夜はちゃんと寝ましょう

夜はちゃんと寝ましょう

普段、昼夜逆転生活を送っていて、急に朝方に戻せと言われても難しいと思います。そこで、睡眠障害に効果のあるサプリなどを利用して、せめて休日だけは朝型の生活を送りましょう。体に無理をしいてばかりいると、いつかどこかでしわ寄せが来ます。

本来、人は朝起きて太陽の光を浴び、夜暗くなると眠るものでした。ところが最近では、街そのものが眠らなくなり、女性の夜勤も珍しいことではなくなりました。健康的な生活を送るためにどんなにお金をかけたとしても、朝型の生活にはかないません。美容を追求していても、夜型では思うような効果が得にくいはず。昼夜逆転生活には、こんなリスクがあることを覚えておいて下さい。

まとめ

安易な気持ちで昼夜逆転生活にハマってしまうと、ぬけ出すことも難しい上に、体に大きな負担をかける結果になっています。精神科で昼夜逆転は立派な睡眠障害です。自分の体に無理をいわせてまで、昼夜逆転生活を送るか、朝型にチェンジするか、それは本人の考え次第です。昔からの自然な生活が今の時代には、一番手に入りにくい生活なのかもしれません。朝起きて太陽の光を浴びる暮らしこそ、当たり前の暮らしだったのですから。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

シエロ(クイーン)木製ベッド【マットレス別売り】 【国産ベッド】【送料無料】【組立設…

ベッドは毎日使うものだからいいものを選びたいですよね!今回はそんなシンプルなベッドを紹介します!

【SALE】グランデール[ブラウン](シングル)木製ベッド【マットレス別売り】【送料…

人気No.1グランデール[ブラウン](シングル)木製ベッドはコチラです!

シエロ(ダブル)木製ベッド【マットレス別売り】【国産ベッド】【送料無料】【組立設置無…

ベッドは毎日使うものだからいいものを選びたいですよね!今回はそんなシンプルなベッドを紹介します!

関連する読みモノ

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

もう途中で目なんか覚めてたまるか!睡眠障害を克服して睡眠不足の症状を改善する方法

せっかく眠った後夜中に2回や3回と途中で目が覚めてしまうことはありませんか?その頻度が1週間に3日以上あると…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

人間の身体は一日2回眠るのがよいってホント?ヨーロッパでは常識「シエスタ」お昼寝のス…

実はお昼寝がいろんな意味で良い!?仕事中どうしても眠いならお昼寝を取ってみてはいかがでしょうか?今回はヨーロ…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

飲むタイミング次第で眠る薬に⁉︎コーヒーと睡眠の意外な関係とは?

なんだか寝付けないなと思うとき、寝る前にコーヒーを飲んだりしていませんか?睡眠に悪いとされるコーヒー。本日は…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

睡眠の質は寝具で改善しよう!おすすめ枕メーカー特集

より良い睡眠をとるためには、寝具の改善が必要です。 とくに“枕”は重要な寝具。 世界にはさまざまな枕メーカ…

睡眠不足から糖尿病に!?その他こんな病気にかかる心配がある病気まとめです。注意!!

たかが睡眠不足、されど睡眠不足。なんとなく眠れない日が続いても、気にしないで見過ごしてしまいがち。でも、睡眠…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!