不眠症などの睡眠障害を引き起こす原因は、一つに絞られず人によってさまざまです。
似たような症状でも、原因によっては治療法や対処法が全く変わってきます。

あなたの睡眠障害の原因は、なんですか?もしかすると、ストレスなどの心理的原因が関わっているかもしれません。

まずは、あなたが睡眠障害になってしまった原因が何なのか調べることから初めてみましょう。

不眠の症状はさまざま

あなたの睡眠障害の原因は?

あなたの睡眠障害の原因は?

不眠症などの睡眠障害には、さまざまなタイプが存在しますが、大きく分けると4つのタイプに分かれています。

●入眠障害
早めにベッドに入るようにしているのに、なかなか寝付けないタイプ。30分以上眠れなければ、入眠障害の可能性があります。

●中途覚醒
夜中に目が覚めることが多く、その後すぐに眠れることができないタイプ。気付いたら朝になっていることも…。

●早朝覚醒
もう少し寝たい気持ちがあるのに、朝の4時くらいになると目が覚めてしまうタイプ。

●熟睡障害
規則正しい生活を送り、睡眠時間もたくさん取っているはずなのに疲れがとれないタイプ。日中はボーッとしてしまいがち…。

この4つのタイプが1つだけ症状として現れる場合もあれば、組み合わさって起こることもあります。

睡眠障害を引き起こす主な原因①

心理的原因

心理的原因

睡眠障害を引き起こす原因で最も多く見られるのが、何等かのストレスによって起こされる“心理的原因”。

仕事や家庭生活、友人とのトラブルなどのストレス、心配事が多い場合、心理的原因で睡眠障害を引き起こしてしまいます。

さらに、「今日も眠れないかもしれない」「○時間以上は眠りたいのに…!」「早く寝なきゃ…」などと言った、眠れないことや眠ろうとするプレッシャーもストレスとなってしまう場合もあります。

睡眠障害を引き起こす主な原因②

 生理学的原因

生理学的原因

睡眠障害を引き起こす原因として、心理的原因意外にも24時間体制社会から来る“ 生理学的原因”もあげられます。

たとえば、夜昼交代制のシフト勤務の仕事をしている“昼夜逆転”の場合や、海外旅行や出張による“時差ボケ”が原因で生活リズムが崩れ睡眠障害を引き起こしてしまうケースも考えられます。

人間の身体は、朝明るくなると目が覚め、夜暗くなると眠くなるという体内時計が作られているため、このように生活リズムが崩れてしまうことで体が乱れたリズムに対応できなくなり、不眠症につながってしまうのです。

睡眠障害を引き起こす主な原因③

精神医学的原因

精神医学的原因

睡眠障害を引き起こす原因として、精神や神経の病からなる“精神医学的原因”が上げられます。

うつ病や統合失調症はもちろん、アルコール依存症などの心の病気からも睡眠障害を引き起こす可能性があります。

心身が不安になることで、眠れなくなる日々が続いてしまいます。

実は、睡眠障害に悩む方の、1/3から半数が何らかの精神医学的病気を持っているとも言われており、睡眠障害を引き起こす原因として心理的原因の次に多い原因だとされているのが、“精神医学的原因”なのです。

睡眠障害の対策のポイント

自分でできる対策を。

自分でできる対策を。

不眠症は、ストレスなどの心理的原因が一番多い原因です。これは、日々の生活習慣の乱れによって起こるものが多いため。夜眠れない日が続くときは、生活習慣や寝室の環境などを見直すことが大切です。

睡眠障害を治すためには、専門医の受診を受けることが一番ですが、自分で行える対策もあるのでご紹介していきます。

●アルコール摂取しすぎず、寝酒は控える
なかなか眠れないと感じたとき、アルコールを飲む人が非常に多いです。確かにアルコールを摂取すると寝つきもよくぐっすり眠れる気がしますよね。しかし、実は寝酒をすると眠りが浅くなり夜中に目が覚めてしまったりと返って不眠症を招いてしまうのです。

●スマホ・テレビ・パソコンは寝る1時間前に使用をやめる
スマホやテレビ、パソコンなどの光は非常に刺激が強く脳を興奮させてしまうため、少なくとも入眠の1時間前までには使用をやめる習慣をつけましょう。

●リラックス状態を作って入眠する
就寝前に体温を上げると寝つきが良くなります。そのために、ゆるめのお風呂にゆっくり浸かったり軽いストレッチをするのが有効的です。

●朝起きたら太陽の光を浴びる
朝起きてすぐに太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ夜に眠りやすい身体を作ることができ、睡眠の質も上がります。

まとめ

“不眠症”や“睡眠障害”は立派な病気です。
2~3日の不眠ならだれでもあることですが、眠れない日が続いて日中の生活に悪影響が及んだり、食欲がない・気持ちが憂鬱などの症状があるときは、睡眠障害を引き起こしてるかもしれません。早めに、精神科や心療内科など睡眠専門医師の受診を受けましょう。

ストレスなどの心理的原因から引き起こされることの多い睡眠障害。自分でもできる対策を行い、心地良い眠りを取り戻せると良いですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!