22時~2時のゴールデンタイムに寝るのが理想と、よく言われます。
その時間に寝ることで、どんな効果が得られるのでしょうか?

睡眠時間のゴールデンタイムとは

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

以前から睡眠のゴールデンタイムと言われているのが、22時~2時。
この時間帯に眠っておくことで、ホルモンが分泌されて体の修復が行われる、というのが定説でした。

ところが仕事をしている人、特に会社員であればこの時間帯に睡眠をとることはほぼ不可能でしょう。
現代の生活とこのゴールデンタイムにずれがありすぎて、もはや定説とは言えないという意見もあります。
ではゴールデンタイムは絵に描いた餅なのでしょうか?
現代のゴールデンタイムがあるなら、それは何時なのでしょうか?

時間帯よりも睡眠の質が大切

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

ゴールデンタイムに寝ていないことに、罪悪感を持っていた人に朗報!
22時~2時に睡眠をとることが重要ではないということが、解っているそうです。
実はその時間帯に寝なければならないのではなく、入眠から3〜4時間経った段階でノンレム睡眠に入れているかということが重要なのです。
この状態で脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるため、これが体の成長や修復を行い、つまり健康を保ち免疫力も上がることに。

寝つきが悪く浅い眠りであるレム睡眠が続いて、なかなか深い眠りであるノンレム睡眠に入れないと、成長ホルモンの分泌にも影響してきます。
どうやら就寝時間にこだわるより、質のよい睡眠を手に入れることが先のようです。

成長ホルモンが体にもたらす影響

「大人にも成長ホルモンが必要です」

「大人にも成長ホルモンが必要です」

成長ホルモンなんて、成長が止まった大人には関係ないのでは?と思ってしまいそうですが、背が伸びたりするイメージが強い成長とは別の成長が、このホルモンによって促されます。
それは筋肉を強くしたり、皮膚など体組織が作られるのを促進させる成長のこと。

成長ホルモンとはアミノ酸でできている物質で、体の成長や修復の他に代謝のコントロールも行っています。
ぐっすり眠ると疲労がとれるように、脳や体の疲労回復を行い、免疫力をあげるので病気にもかかりにくくなります。
脂肪の燃焼も助けるので、痩せたい人はよい睡眠をとるべき。

美肌も作る、成長ホルモン

「成長ホルモンが美肌も作る」

「成長ホルモンが美肌も作る」

よくゴールデンタイムに寝ることが美肌につながるといいますが、肌の再生もこの成長ホルモンが促しているからなのです。
同じく髪や爪など、女性が気になる体のパーツはすべて成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは、寝ている間にこれらの体組織の修復を行っています。
肌の修復とは、具体的には血行を良くしたり、新陳代謝をよくして老廃物を除去したりすることも含みます。
すると肌のハリだけではなく、結果的にシミやシワの防止にもなるのです。
よく生活習慣が乱れると肌にも影響が出ますが、睡眠の質が下がることで成長ホルモンの分泌が減るからなのです。
健康と共に美肌も目指すなら、きちんとノンレム睡眠をとれるように生活改善をしましょう。

副交感神経の存在も重要です

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

人間には自律神経というものがあり、活発に活動している時や緊張状態にある時は交感神経が優位に、リラックスしている時や寝ている時は副交感神経が優位になっています。
この副交感神経が優位な時に成長ホルモンが分泌されるので、質のよい睡眠をとることは成長ホルモンの分泌にもつながるのです。

卵が先かにわとりが先かではないですが、就寝が近くなったら副交感神経が優位になるような生活習慣をもてば、スムーズに入眠できノンレム睡眠に移行する時間も短くなります。

眠れなくなる習慣を断ってスムーズな入眠を

「軽いストレッチで体を温めて」

「軽いストレッチで体を温めて」

スムーズに入眠するためには、就寝時間近くに明るすぎる光を浴びないこと。
夜遅くコンビニに行ったりするのはNGです。
あと部屋の電灯も、できれば間接照明にするのがお勧め。

スマホや携帯電話、パソコンも、寝る前の数時間はいじらないほうが賢明です。
それらから出ているブルーライトが、体内時計を司るホルモン、メラトニンの分泌を狂わせると言われており、脳が興奮状態になってしまい眠りにつきにくくなってしまいます。

体が冷えすぎていても眠りにつきにくくなります。
お風呂で体を温めると、それが冷めていく段階で自然に眠くなりやすくなるので、シャワーで済ませず湯船に浸かるのもよいでしょう。
興奮しない程度の軽いストレッチやヨガも、体を温めるので効果的。

おわりに

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

眠れない夜にちょっとだけ。。。そんな寝酒が睡眠の大敵、すぐにやめましょう! 

寝酒は広く知られた習慣ですが、実は睡眠にはとても悪い影響がたくさんあります。恐ろしい病気を引き寄せることも!…

夫婦円満の敵!いびきの予防と対策グッズを総まとめ

好きな人のイビキで眠れない、自分のイビキが迷惑になっている。そんな悩みはイビキを予防する対策グッズで解消しま…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

朝まで快眠できると評判!ニトリのマットレスが売れてる理由とは!?

質の良い睡眠はマットレス選びが重要です。睡眠の改善するために、現在はさまざまなメーカーや販売店が特徴的なマッ…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

睡眠によい食べ物「肉・魚」を、毎日の食事にうまく取り入れるための工夫

今回は肉・魚が睡眠にもたらす効果をご紹介!毎日の食生活に肉・魚をかしこく取り入れることで、睡眠の質を上げるの…

「一睡もできなかった」そんな翌朝を乗り切る4つの方法

仕事や勉強などで夜更かし・徹夜した日の翌朝。「疲れたから」なんて休むわけにいかないときは、こうして乗り切りま…

明日のために早くぐっすり眠りたいは良く眠れるツボ「百会」で快眠する!

翌朝、会議の準備で早く出社しないといけない。子供の遠足で早く起きてお弁当を作らないと。などなど早起きしなくて…

寝る前にやってはいけない「激しい運動」。それはなぜなのか?

睡眠の妨げとなる原因の一つ、寝る前に激しい運動をすること。ではなぜ寝る前の激しい運動は睡眠の質を下げてしまう…

22時~2時のゴールデンタイム説は時代遅れ?!本当に大事な睡眠時間とは?

睡眠のゴールデンタイムとされる22時〜2時。実はこの定説は時代遅れ!本当に大事な睡眠時間をまとめました。

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!