22時~2時のゴールデンタイムに寝るのが理想と、よく言われます。
その時間に寝ることで、どんな効果が得られるのでしょうか?

睡眠時間のゴールデンタイムとは

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

以前から睡眠のゴールデンタイムと言われているのが、22時~2時。
この時間帯に眠っておくことで、ホルモンが分泌されて体の修復が行われる、というのが定説でした。

ところが仕事をしている人、特に会社員であればこの時間帯に睡眠をとることはほぼ不可能でしょう。
現代の生活とこのゴールデンタイムにずれがありすぎて、もはや定説とは言えないという意見もあります。
ではゴールデンタイムは絵に描いた餅なのでしょうか?
現代のゴールデンタイムがあるなら、それは何時なのでしょうか?

時間帯よりも睡眠の質が大切

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

ゴールデンタイムに寝ていないことに、罪悪感を持っていた人に朗報!
22時~2時に睡眠をとることが重要ではないということが、解っているそうです。
実はその時間帯に寝なければならないのではなく、入眠から3〜4時間経った段階でノンレム睡眠に入れているかということが重要なのです。
この状態で脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるため、これが体の成長や修復を行い、つまり健康を保ち免疫力も上がることに。

寝つきが悪く浅い眠りであるレム睡眠が続いて、なかなか深い眠りであるノンレム睡眠に入れないと、成長ホルモンの分泌にも影響してきます。
どうやら就寝時間にこだわるより、質のよい睡眠を手に入れることが先のようです。

成長ホルモンが体にもたらす影響

「大人にも成長ホルモンが必要です」

「大人にも成長ホルモンが必要です」

成長ホルモンなんて、成長が止まった大人には関係ないのでは?と思ってしまいそうですが、背が伸びたりするイメージが強い成長とは別の成長が、このホルモンによって促されます。
それは筋肉を強くしたり、皮膚など体組織が作られるのを促進させる成長のこと。

成長ホルモンとはアミノ酸でできている物質で、体の成長や修復の他に代謝のコントロールも行っています。
ぐっすり眠ると疲労がとれるように、脳や体の疲労回復を行い、免疫力をあげるので病気にもかかりにくくなります。
脂肪の燃焼も助けるので、痩せたい人はよい睡眠をとるべき。

美肌も作る、成長ホルモン

「成長ホルモンが美肌も作る」

「成長ホルモンが美肌も作る」

よくゴールデンタイムに寝ることが美肌につながるといいますが、肌の再生もこの成長ホルモンが促しているからなのです。
同じく髪や爪など、女性が気になる体のパーツはすべて成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは、寝ている間にこれらの体組織の修復を行っています。
肌の修復とは、具体的には血行を良くしたり、新陳代謝をよくして老廃物を除去したりすることも含みます。
すると肌のハリだけではなく、結果的にシミやシワの防止にもなるのです。
よく生活習慣が乱れると肌にも影響が出ますが、睡眠の質が下がることで成長ホルモンの分泌が減るからなのです。
健康と共に美肌も目指すなら、きちんとノンレム睡眠をとれるように生活改善をしましょう。

副交感神経の存在も重要です

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

人間には自律神経というものがあり、活発に活動している時や緊張状態にある時は交感神経が優位に、リラックスしている時や寝ている時は副交感神経が優位になっています。
この副交感神経が優位な時に成長ホルモンが分泌されるので、質のよい睡眠をとることは成長ホルモンの分泌にもつながるのです。

卵が先かにわとりが先かではないですが、就寝が近くなったら副交感神経が優位になるような生活習慣をもてば、スムーズに入眠できノンレム睡眠に移行する時間も短くなります。

眠れなくなる習慣を断ってスムーズな入眠を

「軽いストレッチで体を温めて」

「軽いストレッチで体を温めて」

スムーズに入眠するためには、就寝時間近くに明るすぎる光を浴びないこと。
夜遅くコンビニに行ったりするのはNGです。
あと部屋の電灯も、できれば間接照明にするのがお勧め。

スマホや携帯電話、パソコンも、寝る前の数時間はいじらないほうが賢明です。
それらから出ているブルーライトが、体内時計を司るホルモン、メラトニンの分泌を狂わせると言われており、脳が興奮状態になってしまい眠りにつきにくくなってしまいます。

体が冷えすぎていても眠りにつきにくくなります。
お風呂で体を温めると、それが冷めていく段階で自然に眠くなりやすくなるので、シャワーで済ませず湯船に浸かるのもよいでしょう。
興奮しない程度の軽いストレッチやヨガも、体を温めるので効果的。

おわりに

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

美肌マジック!睡眠時間の「ゴールデンタイム」とは?

美肌になる睡眠の「ゴールデンタイム」を知っていますか?実践すれば肌が昨日よりツヤツヤになるかも!この時間は布…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

良質な睡眠をとるためにこだわりたいお水の飲み方

睡眠をより良いものにしたいというのはほとんどの人が抱えている悩みだと思います。今回は良質な睡眠をとるための、…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

厚生労働省も警告!寝る前スマホの悪影響5つ

2014年に厚生労働省が睡眠指針の見直しを発表しました!これにはスマートフォンの使用も問題視されているんです…

寝ているだけでキレイになる睡眠のゴールデンタイムとは

皆さんはいつも何時に、何時間寝ていますか?睡眠中は自然と綺麗になることができるゴールデンタイムと呼ばれる大切…

寝る前にやってはいけない「激しい運動」。それはなぜなのか?

睡眠の妨げとなる原因の一つ、寝る前に激しい運動をすること。ではなぜ寝る前の激しい運動は睡眠の質を下げてしまう…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

睡眠時間のゴールデンタイムは定説だと22時~2時って本当なの?

人はゴールデンタイムに睡眠をとると健康に良いorお肌にいい、なんて言われて来ました。しかし、ここに来てこの睡…

朝起きた時に喉が乾燥してませんか?起床時の喉の痛みはこれで改善!

朝起きた時にのどが乾燥して痛いという経験はありませんか?経験したことがあるという方も多くいるかと思います。そ…

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?