22時~2時のゴールデンタイムに寝るのが理想と、よく言われます。
その時間に寝ることで、どんな効果が得られるのでしょうか?

睡眠時間のゴールデンタイムとは

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

「ゴールデンタイム定説はあるの?」

以前から睡眠のゴールデンタイムと言われているのが、22時~2時。
この時間帯に眠っておくことで、ホルモンが分泌されて体の修復が行われる、というのが定説でした。

ところが仕事をしている人、特に会社員であればこの時間帯に睡眠をとることはほぼ不可能でしょう。
現代の生活とこのゴールデンタイムにずれがありすぎて、もはや定説とは言えないという意見もあります。
ではゴールデンタイムは絵に描いた餅なのでしょうか?
現代のゴールデンタイムがあるなら、それは何時なのでしょうか?

時間帯よりも睡眠の質が大切

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

「ぐっすり寝られればよい睡眠がとれた証拠」

ゴールデンタイムに寝ていないことに、罪悪感を持っていた人に朗報!
22時~2時に睡眠をとることが重要ではないということが、解っているそうです。
実はその時間帯に寝なければならないのではなく、入眠から3〜4時間経った段階でノンレム睡眠に入れているかということが重要なのです。
この状態で脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるため、これが体の成長や修復を行い、つまり健康を保ち免疫力も上がることに。

寝つきが悪く浅い眠りであるレム睡眠が続いて、なかなか深い眠りであるノンレム睡眠に入れないと、成長ホルモンの分泌にも影響してきます。
どうやら就寝時間にこだわるより、質のよい睡眠を手に入れることが先のようです。

成長ホルモンが体にもたらす影響

「大人にも成長ホルモンが必要です」

「大人にも成長ホルモンが必要です」

成長ホルモンなんて、成長が止まった大人には関係ないのでは?と思ってしまいそうですが、背が伸びたりするイメージが強い成長とは別の成長が、このホルモンによって促されます。
それは筋肉を強くしたり、皮膚など体組織が作られるのを促進させる成長のこと。

成長ホルモンとはアミノ酸でできている物質で、体の成長や修復の他に代謝のコントロールも行っています。
ぐっすり眠ると疲労がとれるように、脳や体の疲労回復を行い、免疫力をあげるので病気にもかかりにくくなります。
脂肪の燃焼も助けるので、痩せたい人はよい睡眠をとるべき。

美肌も作る、成長ホルモン

「成長ホルモンが美肌も作る」

「成長ホルモンが美肌も作る」

よくゴールデンタイムに寝ることが美肌につながるといいますが、肌の再生もこの成長ホルモンが促しているからなのです。
同じく髪や爪など、女性が気になる体のパーツはすべて成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンは、寝ている間にこれらの体組織の修復を行っています。
肌の修復とは、具体的には血行を良くしたり、新陳代謝をよくして老廃物を除去したりすることも含みます。
すると肌のハリだけではなく、結果的にシミやシワの防止にもなるのです。
よく生活習慣が乱れると肌にも影響が出ますが、睡眠の質が下がることで成長ホルモンの分泌が減るからなのです。
健康と共に美肌も目指すなら、きちんとノンレム睡眠をとれるように生活改善をしましょう。

副交感神経の存在も重要です

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

「交感神経と副交感神経、今はどちらが優位?」

人間には自律神経というものがあり、活発に活動している時や緊張状態にある時は交感神経が優位に、リラックスしている時や寝ている時は副交感神経が優位になっています。
この副交感神経が優位な時に成長ホルモンが分泌されるので、質のよい睡眠をとることは成長ホルモンの分泌にもつながるのです。

卵が先かにわとりが先かではないですが、就寝が近くなったら副交感神経が優位になるような生活習慣をもてば、スムーズに入眠できノンレム睡眠に移行する時間も短くなります。

眠れなくなる習慣を断ってスムーズな入眠を

「軽いストレッチで体を温めて」

「軽いストレッチで体を温めて」

スムーズに入眠するためには、就寝時間近くに明るすぎる光を浴びないこと。
夜遅くコンビニに行ったりするのはNGです。
あと部屋の電灯も、できれば間接照明にするのがお勧め。

スマホや携帯電話、パソコンも、寝る前の数時間はいじらないほうが賢明です。
それらから出ているブルーライトが、体内時計を司るホルモン、メラトニンの分泌を狂わせると言われており、脳が興奮状態になってしまい眠りにつきにくくなってしまいます。

体が冷えすぎていても眠りにつきにくくなります。
お風呂で体を温めると、それが冷めていく段階で自然に眠くなりやすくなるので、シャワーで済ませず湯船に浸かるのもよいでしょう。
興奮しない程度の軽いストレッチやヨガも、体を温めるので効果的。

おわりに

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

睡眠不足が原因で発生!神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法

睡眠不足が挨拶のように色んな場所で飛び交っている現代社会ですが、日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態となる…

明日のために早くぐっすり眠りたいは良く眠れるツボ「百会」で快眠する!

翌朝、会議の準備で早く出社しないといけない。子供の遠足で早く起きてお弁当を作らないと。などなど早起きしなくて…

厚生労働省も警告!寝る前スマホの悪影響5つ

2014年に厚生労働省が睡眠指針の見直しを発表しました!これにはスマートフォンの使用も問題視されているんです…

サプリメントで睡眠の質を向上させよう

睡眠の質を向上させるために、サプリメントを飲むという方法があります。ほんの少し睡眠に悩みがある方にはサプリメ…

食後3時間は寝ちゃダメ!睡眠時間のゴールデンタイムをとって“美”を手に入れましょう。

あなたは“睡眠時間のゴールデンタイム”や“肌のゴールデンタイム”という言葉をご存知ですか?ゴールデンタイムと…

眠れない夜にちょっとだけ。。。そんな寝酒が睡眠の大敵、すぐにやめましょう! 

寝酒は広く知られた習慣ですが、実は睡眠にはとても悪い影響がたくさんあります。恐ろしい病気を引き寄せることも!…

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

飲酒で寝てもスッキリしない!?良い睡眠のために心がけたい3つのお酒の飲み方

しょっちゅうお酒を飲む・寝る前に深酒することが多い人は要注意!肝臓に負担がかかるだけでなく、知らず知らずのう…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!