平均的な睡眠時間のバリュアブルスリーパー。
この層の寿命が長いとは本当でしょうか?

バリュアブルスリーパーの睡眠時間

「睡眠時間は何時間がよいのでしょう?」

「睡眠時間は何時間がよいのでしょう?」

あなたは一日に何時間睡眠をとっていますか?
調査によると、日本人の平均的な睡眠時間は7時間だそう。
ちょうどこの時間の前後、6~9時間睡眠をとっている人をバリュアブルスリーパーと呼びます。

一説によるとこの層の寿命が一番長いとされているのですが、やはり平均的な時間を寝ていると、体が休まり負担が減るからなのでしょうか?
また、人間は寝ている間に体を修復しているので、睡眠時間が短いとそれが十分に行われず、寿命に関係してくるのでしょうか?
気になる睡眠と寿命の関係を探ってみましょう。

睡眠時間が短い人、長い人

「人口比に対してのバリュアブルスリーパーの割合」

「人口比に対してのバリュアブルスリーパーの割合」

ところでバリュアブルスリーパー以外は、なんと呼ばれているのかというと、睡眠時間が平均より短い人はショートスリーパー、平均より長い人はロングスリーパーと呼ばれています。
バリュアブルスリーパーは平均に近いだけあって人口比で見ると一番多く、全体の80~90%を占めています。
ちなみにショートスリーパーとロングスリーパーは、それぞれ人口に対して約5~10%と低い数字に。

では単にバリュアブルスリーパーが人口に対して占める割合が多いので、長生きする人も多くなるということかというと、そうではありません。
バリュアブルスリーパーが寝ている間、何が体に起こっているかを知ることが、寿命についても知るカギになりそうです。

短い睡眠時間でも平気な人

「レム睡眠とノンレム睡眠の関係」

「レム睡眠とノンレム睡眠の関係」

ではショートスリーパーは少ない睡眠時間で、どうやってこれらの休息や成長を得ているのでしょうか?

人間は浅い眠りであるレム睡眠から、深い眠りであるノンレム睡眠へとスイッチングし、行ったりきたりを繰り返して、後半はレム睡眠が大半を占めるようになります。
ショートスリーパーは概してレム睡眠が短いので、長時間寝なくても深い眠りを効率よく得られるのです。
たくさん寝ないと寝た気がしない人にとっては、うらやましい限りですね。

そもそもなぜ睡眠が必要なのでしょう

「睡眠によって心と体が休まります」

「睡眠によって心と体が休まります」

睡眠とは、病的ではなく意識を喪失している、生理的な状態のこと。
人間は寝ることで脳や体を休ませており、また寝ている間に成長ホルモンが分泌されて文字通り成長したり、体を修復したりしています。
眠らない状態が続くと、一瞬だけ眠りに落ちるマイクロスリープが頻発してしまうように、寝ないでいることは不可能なのです。

また脳は寝ている間に休んでいるだけではなく、老廃物を浄化していると言われます。
脳には体のようにリンパ管がないのですが、代わりに脳内にある脳脊髄液が老廃物を吸収して、血液中に排出しているとのこと。
なので寝不足なるとアルツハイマー病の原因にもなると言われるほど、老廃物を溜めないことは脳にとって大切なのです。

睡眠が足りないと事故の元に

「睡眠不足は運転にも危険」

「睡眠不足は運転にも危険」

寝ることで脳へと送られる血液の量も増えるので、脳に栄養が行き渡りダメージが修復されますが、それだけではなく免疫力もアップするので、病気にかかりにくい体を作ります。
そういった生理的理由が寿命に影響を与えるのは明白ですが、睡眠不足による身体ダメージによって起こる事故も、寿命の長短に関係してくる可能性も。

例えば睡眠時間が足りないと、運転など視覚を必要とする動作でミスが多くなります。
これによって交通事故を起こすリスクや、工場でのオペレーションを担当する人のミスがアップし、つまりは事故死が増える可能性もあるのです。

質の良い睡眠が寿命を延ばす

「質のよい睡眠で健康に」

「質のよい睡眠で健康に」

まったく寝ないのは脳と体に対してダメージを与えてしまいますが、ショートスリーパーの例もあるように、短い時間でも質のよい睡眠が得られていれば、健康を保つことが可能です。
なので横になってもなかなか入眠できなかったり、気になることがあって眠りが浅かったりと、睡眠の質がよくなければ長時間寝ていても意味がありません。

また、寝だめという言葉がありますが、基本的に寝だめはできません。
それどころか必要以上に長く寝ることで、その人の睡眠リズムが狂ってしまい、その後の睡眠の質に悪影響を及ぼすことも。
なので仕事が忙しくて休日に寝だめしている、という人は要注意です。

おわりに

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

厚生労働省も警告!寝る前スマホの悪影響5つ

2014年に厚生労働省が睡眠指針の見直しを発表しました!これにはスマートフォンの使用も問題視されているんです…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

睡眠の質は寝具で改善しよう!おすすめ枕メーカー特集

より良い睡眠をとるためには、寝具の改善が必要です。 とくに“枕”は重要な寝具。 世界にはさまざまな枕メーカ…

睡眠障害で病院を訪れる前に準備するものやおすすめの総合病院をご紹介!

睡眠障害とひと言で呼んでも、その症状には個人差が見られます。 夜の寝つきが悪い不眠症や、夜十分な睡眠をとっ…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

サプリメントで睡眠の質を向上させよう

睡眠の質を向上させるために、サプリメントを飲むという方法があります。ほんの少し睡眠に悩みがある方にはサプリメ…

寝る前にホッと一息!毎晩飲みたいカフェインレスドリンクまとめ

何か飲んで寝たいけれど、睡眠の妨げになるカフェインも気になりますよね。そんな時にオススメなのがカフェインレス…

枕選びは高さが大切!正しい高さの枕で快眠生活をしよう!

十分な睡眠をとったにも関わらず、昨日の疲れが残っている・・・。ということはありませんか?今回はその睡眠による…

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

肥満や顎が小さいとかかりやすい?睡眠障害の種類のひとつ“睡眠呼吸障害”とは

睡眠障害=不眠症というイメージが大きいのではないでしょうか? 実は、睡眠障害の種類はさまざまで、日本でも多く…

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?